So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

HARRY ALLEN & JOE TEMPERLEY QUINTET / COCKTSAILS FOR TWO [Jazz Tener Sax]

* HARRY ALLEN & JOE TEMPERLEY QUINTET / COCKTSAILS FOR TWO

image577.jpg

harry allen(ts), joe temperley(bs),
john bunch(p), greg cohen(b), jake hanna(ds)
2006/Sackville/

1 Cocktails For Two
2 Blues In The Closet
3 My Romance
4 I've Got The World On A String
5 Tangerine
6 Everything Happens To Me
7 Polka Dots & Moonbeams
8 In A Mellotone
9 Sweet & Lovely
10 Jumpin' At The Woodside

未紹介だったハリー・アレン(ts)の2006年作品です。
ベテラン・バリトン・サックス奏者のジョー・テンパーレイとの共演盤です。
アレンが40歳でテンパーレイが76歳時の録音、ちなみにテンパーレイは86歳で亡くなりました。

全10曲は全てスタンダード作品です。
ジャム・セッション的雰囲気もあるのでみんなが知っている曲になったと思う。
アットホームでリラックスした演奏を聴くことが出来ました。
マット・デニスの(6)「Everything Happens To Me」とエリントンの(8)「In A Mellotone」は大好きな曲です。
(2)「Blues In The Closet」や(4)「I've Got The World On A String」、(9)「Sweet & Lovely」も良かった。
こういうスイング系の演奏をやらせたらアレンの横に出る人はいませんね。
抜群の安定感を誇る・・・だからベテラン・ジャズメンとの相性も抜群です。

つくづくアレンは貴重なテナー・サックス奏者だと思います。
レスター・ヤング~スタン・ゲッツ、ズート・シムズ、アル・コーンの系図を見事に受け継いでいます。
同時にベン・ウェブスター~スコット・ハミルトンのラインも持っています。
ハリー・アレンにはこの系統を守っていってほしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

WARREN WOLF SEXTET / WARREN WOLF [Jazz Vibraphone]

* WARREN WOLF SEXTET / WARREN WOLF

image576.jpg

warren wolf(vib), christian mcbride(b), gregory hutchinson(ds),
jeremy pelt(tp), tina green(as,ss), peter martin(p)
2011/Mack Avenue/

1 427 Mass Ave.
2 Natural Beauties
3 Sweet Bread
4 How I Feel At This Given Moment
5 Eva
6 Senor Mouse
7 Emiily
8 Katrina
9 One For Lenny
10 Intimate Dance

ヴィブラフォン聴きの18枚目はウォーレン・ウルフの2011年作品です。
ヴァイブ・シーンの新しいスターはこのウルフでしょうか。
1979年生まれの現在38歳、バークリー出身です。
ヴァイブ界は層が薄いので貴重な存在になっています。

今作はアメリカでのデビュー作になります。
全10曲は自身のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル2曲とその他2曲の構成です。
その他の2曲はチック・コリアの(6)とジョニー・マンデルの(7)です。
ウルフ(vib)、クリスチャン・マクブライド(b)とグレゴリー・ハッチンソン(ds)という強力なトリオを中心にした作品です。
加えてピーター・マーティン(p)、ジェレミー・ペルト(tp)、ティナ・グリーン(as)が参加しています。
ウルフは達者なヴァイブ奏法を披露していますが早い曲ではテクニシャンにありがちな弾き過ぎを感じます。
で、メロディが美しいバラードが聴きどころになりました。
オリジナルでは(2)「Natural Beauties」がその他ではマンデルの(7)「Emily」が秀逸です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)


ちなみにウォーレン・ウルフのデビュー作は日本レーベルで25歳の時でした。

*WARREN WOLF QUARTET / INCREDIBLE JAZZ VIBES (2005/M&I)

image578.jpg

warren wolf(vib),
mulgrew miller(p), vicente archer(b), kendrick scott(ds)

デビュー作の題名は「INCREDIBLE JAZZ VIBES」というものでウェス・モンゴメリー(g)のデビュー時と同じです。
凄いテクニシャンであることは確かです。

nice!(0)  コメント(0) 

ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME [Jazz Vocal]

* ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME

image1250.jpg

Eliane Elias(p,vo),
Amilton Godoy(p), Marcus Teixeira(acg), Conrado Goys(elg),
Toquinho(g,vo), Marcelo Mariano(elb),Celso De Almeida(ds),
Edu Ribeiro(ds), Gustavo Di Dalva(per), Marivaldo Dos Santos(per),
Joao Bosco(vo,g), Mike Mainieri(vib), Randy Brecker(flh)
Mark Kibble (backb),etc
2017/Concord/

1 O Pato (Jayme Silva/Neuza Teixeira)
2 You Are Getting Tio Me A Habit With Me (Harry Warren)
3 Copacabana (Joao de Barro/Al Dubin)
4 Coisa Feita (Joao Bosco)
5 By Hand (Eliane Elias)
6 Sambou Sambou (Joao Donato)
7 Little Paradise (Eliane Elias)
8 Speak Low (Kurt Weill)
9 Samba De Orly (Toquinho)
10 Na Batucada da (Ary Barroso/Luiz Peixoto)
11 An Up Dawn (Eliane Elias)
12 Not To Cry (Toquinho/Eliane Elias)

遅ればせながらイリアーヌ・イリアス(vo,p)の新作を入手しました。
イリアーヌの声質は好みです。
イリアーヌはこのところ好アルバムを連発していて絶好調だと思います。
前作の「メイド・イン・ブラジル」はグラミー賞を獲得しました。
女性の50代もまたジャズ・プレイヤーとして旬を迎えている気がします。
今作もブラジルの名人達との共演でその持ち味を十分に発揮しています。
さすがにブラジル出身だけにリズムのノリは抜群でイリアーヌ独特のものです。

全12曲は自身のオリジナル4曲とその他8曲の構成です。
ベストには男性ヴォーカルとのデュオを2曲上げたいと思います。
ジョアン・ボスコの(4)「Coisa Feita」とトッキーニョの(9)「SambaDe Orly」です。
ボスコとトッキーニョのブラジリアン・リズムに心底参った・・・何とも味わい深いヴォーカルは格別です。
ただ1曲のスタンダードの「Speak Low」は異色だけどこの曲のボサノバは珍しいかも。
ランディ・ブレッカーのフリューゲル・ホーンが効果的です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

HARRY ALLEN QUARTET / RECADO BOSSA NOVA [Jazz Tener Sax]

* HARRY ALLEN QUARTET / RECADO BOSSA NOVA

image573.jpg

harry allen(ts),
joe beck(g), hassan shaker(b), adriano santos(ds)
2006/Swing Bros/

1 He Loves And She Loves
2 I Wish I Were (In Love Again)
3 Corcovado
4 Manha De Carnaval
5 Recado Bossa Nova
6 Do I love You (Because You're Beautiful)
7 Ela E Carioca
8 Bim-Bom
9 The Windmills Of Your Mind
10 E Luxo So
11 The Girl From Ipanema
12 So Danco Samba

あまりに寒いのでせめてボサノバでも聴いて夏の雰囲気を出そうか。
ということでハリー・アレン(ts)のボサノバ盤を一枚選びました。
一応、ハリー・アレンは収集対象の一人ですが多作家なのでとても追いかけ切れません。
多分、現役のジャズ・メンの中では一番じゃないでしょうか・・・まぁ、それだけ人気のある証拠ですが。
ぼちぼちと集めていて紹介していない作品も何枚か持ってます。

アレンのボサノバはポスト・スタン・ゲッツ(ts)の大本命で定評があります。
まぁね、どれを聴いても金太郎飴的ではあるけれど有名曲やリズムが同じではしょうがないです。
でもこの心地良い調べからはどうしても離れることが出来ません。
今作もいいですよ・・・アレンのボサノバ盤の上位にあげてもいいと思う。
ここはジョー・ベック(g)が新味だけどベックのシブいギター・プレイが聴きどころです。
ベックはフュージョン・シーンで一時代を築いた名手ですが2008年に62歳で亡くなっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

MARK SHERMAN QUINTET / FAMILY FIRST [Jazz Vibraphone]

* MARK SHERMAN QUINTET / FAMILY FIRST

image575.jpg

mark sherman(vib,per), joe magnarelli(tp),
allen farnham(p), dean johnson(b), tim horner(ds)
chembo corniel(conga)(4,5)
2007/City Hall/

1 Explorations
2 Fantasize
3 Family First
4 With Hope
5 Wapango
6 Lazy Autumn
7 Symmetrical
8 Punjab
9 We'll Be Together Again
10 A New Blue

ヴィブラフォン聴きの17枚目はマーク・シャーマンの2007年作品です。
シャーマンはニューヨーク生まれの60歳で今回のヴァイブ聴きの2回目の登場です。
シャーマンはドラムスやピアノも達者のようでここでは(2)と(4)の2曲でパーカッションを叩いています。
伝統的でありながらモダンな感覚を持っているヴァイブ演奏者で私には一番しっくりきました。
アレン・ファーナム(p)やティム・ホーナー(ds)といったところの隠れ名手をファミリー化しているのも嬉しいです。
今回の目玉は柔らかく温かい音色を持つジョー・マグナレリのトランペットになりますね。
このマグナレリもまた隠れ名手の一人というのも面白い・・・シャーマンはきっとこういう人が好きなんだろうね。

全10曲は自身のオリジナルが5曲、ファーナムが1曲、その4曲の構成です。
その他の曲にはパキート・デリベラ(as)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジミー・ヒース(ts)が含まれています。
凝った選曲からもシャーマンの音楽性が見えるような気がしました。
気取りがなくストレートな演奏・・・この安定感は誰にでもお勧めできるヴァイブ作品だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS [Jazz Piano]

* LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS

image1249.jpg

laurence hobgood(g), john patitucci(b), kendrick scott(ds)
2015/Circumstantial/

1 Sanctuary (Hobgood)
2 Straighten Up And Fly Right (I.Mills)
3 Triptich (Hobgood)
4 Give Me The Simple Life (H.Ruby)
5 The Waltz (Hobgood)
6 The Road Home (Hobgood)
7 If It's Magic (S.Wonder)
8 Shirakumo No Michi (Whiteb Cloud Way) (Hobgood)

いや~、これは出だしのピアノの音に参ってしまった。
抜群の雰囲気を持っています。
ローレンス・ホブグッド(p)は初見、聞けばチャーリー・ヘイデン(b)とのデュオが話題だったらしい。
CDショップのお勧めコーナーにあったので買ってみました。
共演のジョン・パティトゥッチ(b)とケンドリック・スコット(ds)にも興味を惹かれました。
メンバー的にも間違いのないピアノ・トリオということです。

全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成です。
スティーヴィ-・ワンダーの(7)「If It's Magic」が異色でしょうか。
(8)「白雲の道」は日本での印象を書いたものでしょうね。
ホブグッドは物凄いテクニシャンでキッチリとクラシックを勉強したのがよく分かります。
余裕十分のタッチとよどみのないフレーズには魅力あります。
何といっても滋味に溢れて深みのあるピアノ音が素晴らしいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING [Jazz Piano]

* ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING

image571.jpg

(1,3,5,7,9,11) : alain jean-marie(p), gus nemeth(b), al levitt(ds),
(2,4,6,8,10,12) : alain jean-marie(p), andre condouant(g), patrice caratini(b), oliver johnson(ds)
1982/Disque Debs/

1 Short Play
2 Groovin Up
3 Bongo Bop
4 Island Song
5 Skylark
6 Hubb's Bag
7 Al's Groove
8 Kako
9 Cosmaunaute
10 Bubble Gum
11 Jeanine
12 Tranes Mirror

最近のピアノ聴きのお気に入りは先日紹介したビル・メイズとこのアラン・ジェーン・マリーです。
今作はピアノ・トリオとギター入りカルテットの両方が楽しめる徳用盤です。

全12曲はメンバーのオリジナル7曲にその他5曲の構成です。
トリオはスタンダードが中心でカルテットはアンドレ・コンデュアント(g)のオリジナルが中心になっています。
つまり一粒で二度美味しい作品ということですね。
マリーはカリブ海出身のビギンの名手で切れ味鋭い華麗なピアノを聴かせてくれます。
当然ここに参加の友人達もカリブ海の香りがするけどみんながテクニシャンなので驚きました。
独特のリズム感と明るさを持った作品です。
特にアンドレ・コンデュアントに注目しました・・・流麗なギターさばき素晴らしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOE LOCKE QUARTET / FOR THE LOVE OF YOU [Jazz Vibraphone]

* JOE LOCKE QUARTET / FOR THE LOVE OF YOU

image572.jpg

joe locke(vib),
geoffrey keezer(p), george mraz(b), clarence penn(ds)
kenny washington(vo)
2010/E1 Music/

1 Two For The Road
2 Old Devil Moon
3 For Theb Love Of You
4 Verrazano Moon
5 I Miss New York
6 Birds
7 The Shadow Of Your Smile
8 Cinema Paradiso
9 Pure Imagination
10 Bright Side Up

ヴィブラフォン聴きの16枚目はジョー・ロックの2010年作品です。
先日紹介した「LAY DOWN MY HEART」(2013年)が良かったのでもう1枚聴いてみようと思いました。
ケニー・ワシントンのヴォーカルというのも驚きました・・・てっきりあのベテラン・ドラマーだと思ったからです。
ドラマーにも歌が上手い人はたくさんいますから・・・グラディ・テイトがつとに有名かな。
でも同姓同名の別人でした。
こちらはニューオリンズ出身の知る人ぞ知るヴォーカリストのようです。

全10曲は自身のオリジナル3曲とその他7曲の構成です。
ジョー・ロックとジェフ・キーザー(p)とは双頭バンドの「THE NEW SOUND QUARTET」を組んだ仲で気心が知れています。
ジョージ・ムラツ(b)とクラレンス・ペン(ds)というのもシブい組み合わせだと思いました。
ヴォーカルが入ったことでひと味違う作品になりました。
前述の「THE NEW SOUND QUARTET」はロックとキーザーの激しく切れ味鋭く、ドラマーの煽りが特徴的です。
ここでもその流れは変わらず、インスト場面では熱っぽい演奏が聴けました。
ヴォーカルのワシントンは美声、柔らかな歌声でゆったりとした趣を持っています。
ダニー・ハサウェイやスティービー・ワンダー系のヴォーカリストですが端正な歌い手でとても上手いです。
この作品の最大の聴きどころは演奏のホットに対する歌のクールさにありました。
ジョー・ロックにとっては異色作でロックの代表作の1枚になると同時にケニー・ワシントンにとっても代表作になると思います。
ヴォーカル・ファンにも是非聴いて欲しいですね

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

FABRIZIO BOSSO QUARTET / FOUR FRIENDS IN BARI [Jazz Trumpet]

* FABRIZIO BOSSO QUARTET / FOUR FRIENDS IN BARI

image1248.jpg

fabrizio bosso(tp),
guido di leone(g), giuseppe bassi(b), mimmo campanale(ds)
2012/Fo(u)r/

1 King Dorian (Di.Leone)
2 Wide Green Eyes (Bosso)
3 Bernie's Tune (Miller)
4 E La Chiamano Estate (Martino)
5 But Not For Me (Gershwin)
6 Awing ? (Bassi)
7 Nostalgia Di Cuba (Di Leone)
8 Just Friends (Klenner)
9 The Nearness Of You (Carmichael)
10 Mack The Knife (Weill)
11 But Not For Me (Gershwin)

ファブリジオ・ボッソ(tp)の2012年の作品です。
先日、CDショップに新譜を買いに出かけたけどめぼしいものがなくてこれを買ってきました。
ボッソのワン・ホーンのスタンダード作品集なら間違いないだろうと思いました。
バックがギター・トリオというのが新味かも知れませんね。
ボッソのことだから刺激的ではあるけれどリラックスしたボッソが聴けました。
ふと気が付くとボッソはやわらかくまろやかな音色になってました。
ボッソももう40代半ばになっているんですね。
(9)「The Nearness Of You」は大好きな曲でこれが入っていると大抵買ってしまう。
ライブでも時々リクエストする時がありますよ。
トランペットの(10)「Mack The Knife」は珍しいんじゃないかな。
ここでのボッソが凄い・・・自由自在にラッパを操るテクニシャン振りに驚いてしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

SADAO WATANABE / LIVE AT THE JUNK / HOW'S EVERYTHING [Jazz Alto Sax]

* SADAO WATANABE / LIVE AT THE JUNK

image569.jpg

渡辺貞夫(as),増尾好秋(g), 鈴木良雄(b), 渡辺文男(ds)
1969/Sony/

1 Cheryl
2 If I Said The Sky Was Fallin'
3 Georgia On My Mind
4 This Guy's In Love With You
5 No More Blues
6 Here's That Rainy Day
7 Granny's Samba



* SADAO WATANABE / HOW'S EVERYTHING

image568.jpg

渡辺貞夫(as,ss,fl),
dave grusin(key,arr), richerd tee(key), eric gale(g),
jeff mironov(g), anthony jackson(elb), steve gadd(ds),
ralph mcdonald(per), jon faddis(tp),
the tokyo philharmonic orchestra
1980/Sony/

1 Up Country
2 Mzuri
3 Tsumagoi
4 All About You
5 Nice Shot
6 Seeing You
7 No Problem
8 Boa Noite
9 Sun Dance
10 M&M Studio
11 My Dear Life


渡辺貞夫(as)さんのライブ復刻廉価盤を2枚購入しました。
ここは帯中の解説で十分だと思うので転載↓させてもらうことにしました。
特に前者は圧倒的な演奏で身震いするほどの素晴らしさです。
間違いなく貞夫さんが日本のジャズ界を背負っていたと実感しました。
後者は日本がバブル絶頂期を迎えようとしていた時代で何も恐れるものはなかった。
もう二度とは出来ない豪華絢爛盤です。

* SADAO WATANABE / LIVE AT THE JUNK

銀座にあった伝説のジャズ・クラブ「ジャンク」を熱狂の渦にまきこんだ渡辺貞夫・カルテットのライブ・レコーディング。
充実の一途をたどっていた渡辺のサックス、
後年の大成を予感させる若き増尾好秋や鈴木良雄の快演がビ・バップやボサノバ・ナンバーに映える。
渡辺の代表作ひとつであるばかりではなく、日本のジャズ史上に輝くマスト・アイテム。
(帯中よりの転載)

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」


* SADAO WATANABE / HOW'S EVERYTHING

ジャズ・フュージョン界の快挙として今なお語られる
1980年の日本武道館公演のエッセンスを収めたライブ・アルバム。
音楽監督はデイヴ・グルーシンが担当し、スティーヴ・ガッド、エリック・ゲイル等を軸としたバンドに加え、
東京フィルハーモニーも参加。これまで以上に雄大なフュージョン・サウンドが展開される。
ここに収録されている「マイ・ディア・ライフ」を同曲のベストとする声も高い。
(帯中よりの転載)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -