So-net無料ブログ作成

CEDRIC CAILLAUD TRIO / SWINGIN' THE COUNT [Jazz Bass]

*CEDRIC CAILLAUD TRIO / SWINGIN' THE COUNT

image1032.jpg

cedric caillaud(b), alvin queen(ds), patrick cabon(p),
china moses(vo),(5)
(2013/Fresh Sound)

1 APRIL IN PARISL(V.Duke/E.Y.Harburg)
2 FLIGHT OF THE FOOD BIRDS(N.Hefti)
3 SPLANKY(N.Hefti)
4 AIN'T THAT'S RIGHT(N.Hefti)
5 LIL DARLIN'(.N.Hefti)
6 BLUES IN HOSS FLAT(F.Foster)
7 FOR LENA & LENNE(Q.Jones)
8 SHINNY STOCKINGS(.F.Foster)
9 MEET BB(Q.Jones)
10 RATE RACE(Q.Jones)
11 EASY DOES IT(T.Young/S.Oliver)
12 TOGETHER AGAIN(N.Hefti)

セドリック・カイラウド(b)は初見。
ピアノ・トリオのカウント・ベイシー・トリビュート盤は珍しいので手が伸びました。
ジャケットはベイシーの有名盤「エイプリル・イン・パリス」のパクリです。
著作権は大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいましたよ。

全12曲はニール・ヘフティ、フランク・フォスター、クインシー・ジョーンズ作が中心、
「April In Paris」、「Lil Darlin'」、「Shinny Stockings」などベイシーのヒット曲も含まれています。
(5)「Lil Darlin'」はヴォーカル入りでそつがない構成です。
共演のドラマー、アルヴィン・クイーンはアメリカ生まれですがヨーロッパに移住して活躍中です。

まずは1曲目の音が出た瞬間にそのスイング感に驚かされると思います。
「ジャズはこれだよ、やっぱりこれなんだよなぁ~」・・・「スイングしなけりゃ意味がない」
セドリックのベースは野太く、その安定したスイング感はレイ・ブラウンを彷彿とさせます。
よく伸びて、ブンブンと鳴り響くベース・プレイはホントに素晴らしいです。
アルヴィン・クイーンとのコンビネーションは抜群で(3)「Splanky」は二人のデュオです。
惜しむらくはピアノのパトリック・カボンに力が入り過ぎているところがあります。
普通に弾けばオスカー・ピーターソン系なんだけどベイシー・スタイルに過剰反応した感じがしました。
力が抜けたバラードの(7)「For Lena & Lenne」やエレピの(10)「Rate Race」が持ち味だと思います。

私的ベストはベースのイントロから始まる(8)「Shinny Stockings」と冒頭の「April In Paris」、ヴォーカルの(5)「Lil Darlin'」もシブイ。
強烈なスイング感を持つピアノ・トリオが聴けました。

[ ドラ流目立たないけどいいアルバム ]

(くつろぎ系)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

oza。

この盤は、以前Cedric Caillaudを聴いていまして、良い印象があったのと
Count Basieゆかりの曲をピアノトリオで演奏しているという興味。
さらに、ジャケが良いですよね^^

内容も、期待に違わぬ良い演奏を堪能できました。

コメントありがとうございます。TBさせていただきます。
by oza。 (2014-01-01 08:09) 

dora

たしかにピアノ・トリオでベイシーは珍しいと思います。
スイング感溢れる演奏は聴いていて気持がいいです。

TBしたけどちゃんと出来たかどうか?
by dora (2014-01-01 17:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1