So-net無料ブログ作成
検索選択

FABRICE ALLEMAN QUARTET / LOOP THE LOOP [Jazz Tener Sax]

*FABRICE ALLEMAN QUARTET / LOOP THE LOOP

s95.jpg

fabrice alleman(ss,ts)
michel herr(p), jean-louis rassinfosse(b), frederic jacquemin(ds)
1998/IGLOO/

1 Loop The Loop
2 Sonny
3 Just Like Yesterdays
4 Bye Bye Blackbird
5 Crstal Bells
6 Blues 8.
7 What's Love
8 Why Not Now

先週、先々週に引き続きミシェル・ハー(p)絡みのベルギー盤の第3弾です。
リーダーのファブリース・アレマン(ss、ts)も初見、ソプラノ・サックスではチャーリー・マリアーノとジョン・コルトレーン、テナー・サックスではボブ・ミンツァー、ソニー・ロリンズの影響を受けたとあります。
3枚の中では最もモダンな仕上がりで私には一番しっくりときました。
特に表題曲の(1)の「Loop The Loop」が素晴らしく、コルトレーン・カルテットを彷彿とさせる出来です。
マッコイ・タイナー・ライクな演奏を繰り広げるミシェル・ハーのピアノも素晴らしいです。
(4)の「Bye Bye Blackbird」の演奏も強烈で凄い、私はフームを唸ってしまいましたよ。
ハーのピアノは多彩で自在、才能の奥深さを感じさせます。
4人のまとまりやバランスも良く、ベルギーのトップ・クラスのグループだと思います。
ベルギー・ジャズ界の実力を余すところなく伝えた好盤です。
なお、(2)(4)(5)がライブ音源で、あとはスタジオ録音の構成になっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: