So-net無料ブログ作成

STEVE GROSSMAN QUARTET & QUINTET & SEXTET / HOMECOMING [Jazz Tener Sax]

*STEVE GROSSMAN QUARTET & QUINTET & SEXTET / HOMECOMING

image449.jpg

steve grossman(ts), tom browne(tp), bill washer(g),
larry willis(p), joe farnsworth(ds), john webber(b), ruben rodriguez(b),
ralph irizarry(timbales), roberto quintero(cong), chuggy carter(shaker)
2011/CHEETAH/

1 Una Mas
2 Katonah
3 Afro Blue
4 This Time The Dream's
5 On Me
6 Ceora
7 Irresistable You
8 In A Sentimental Mood
9 Take The D Train
10 Una Mas

フュージョン・サウンドにしてはちょっと重たいけれど魅力的な曲が並んでいます。
特にモーガンの「Ceora」は好きな曲でこれが入っているアルバムは必ず手が出ます。
グロスマンの異色作です。

「レビュー時のコメント」
スティーヴ・グロスマン(ts)の新譜は中村照夫さんのチーター・レーベルから出ました。
マイルス・デイビス・グループに参加したことにより世に出たグロスマンも息の長いプレイヤーです。
このHPを始めた2000年頃はよく聴いていたものです。
しばらくご無沙汰していましたが去年のベスト3に選ばれたので興味を持ちました。

共演陣にはトム・ブラウン(tp)、ラリー・ウィリス(p)、ジョン・ファーンズワーズ(ds)等が名を連ねていました。
特にトム・ブラウンは懐かしく思いました。
フュージョン・シーンの人気トランペッターだったトム・ブラウンはすでに引退したと聞いていたから・・・。
再びカムバックしてきたのは嬉しい限りです。

収録の8曲はオリジナルが2曲、スタンダード3曲、それにケニー・ドーハム(tp)の(1)「UNA MAS」、モンゴ・サンタマリア(per)の(3)「AFRO BLUE」、リー・モーガン(tp)の(5)「CEORA」など。
カルテット演奏はジャズ・テイストが強く(2)「KATONAH」と(6)「IRRESISTABLE YOU」とバラードの(7)「IN A SENTIMENTAL MOOD」、(8)「TAKE THE D TRAIN」の4曲で聴けます。
唄もの(4)「THIS TIME THE DREAM'S ON ME」はギター入りのクインテット編成、上記の5曲はワン・ホーンでじっくりと聴かせてグロスマンの持ち味が生かされます。
(1)「UNA MAS」、(3)「AFRO BLUE」、(5)「CEORA」はフロント2管、ラテンのリズムで楽しめました。
編成やリズムが多彩で構成もよく考えられていると思います。
グロスマンは重たいと感じる人にも十分聴きやすい作品に仕上がっているので魅力十分です。

チーター・レーベルを買ったのはオナージェ・アラン・ガムス(p)に続いて2枚目です。
中村さんはどうやらこの傾向のサウンドで行くようですね。
今度はボブ・ミンツァー(sax)を聴いてみようかな・・・。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0