So-net無料ブログ作成
検索選択

GEORGE COLEMAN QUARTET / A MASTER SPEAKS [Jazz Tener Sax]

*GEORGE COLEMAN QUARTET / A MASTER SPEAKS

image1167.jpg

george coleman(ts),
mike ledonne(p), bob cranshaw(b), george coleman jr(ds)
peter bernstein(g)(3)
2016/Smoke Sessions Records/

1 Invitation (B.Kaper)
2 The Shadow Of Your Smile (J.Mandel)
3 Blues For B.B (G.Coleman)
4 Blondie's Waltz (G.Coleman)
5 You'll Never Know What You Mean To Me (M.LeDonne)
6 Darn That Dream (J.V.Heusen)
7 Sonny's Playground (G.Coleman)
8 These Foolish Things (J.Strachey/H.Link)
9 Time To Get Down (G.Coleman)

ジョージ・コールマン(ts)のリーダー作を買うのも久しぶりです。
コールマンはジャズ・シーンを代表する名コンボ「マイルス・デイヴィス・クインテット」に在籍しました。
別格のジョン・コルトレーン(ts)とウエイン・ショーター(ts)の間に挟まれ損をしていますが、 超一流のジャズ・マンであることは間違いありません。
1964年の在籍時に吹き込んだ「My Funny Valentine」と「Four And More」はマイルスの代表作です。
私にとっても「My Funny Valentine」には特別の思い入れがあります。
それこそレコード盤が擦り切れるほど聴きました。

コールマンは1935年生まれなので現在81歳、今作録音時は80歳です。
自身のオリジナル4曲に共演のマイク・ルドン(p)が1曲、その他スタンダード4曲の構成です。
ソニー・ロリンズ(ts)・コンボで活躍したボブ・クランショウ(b)の名前が見えるのも嬉しい。
クランショウも元気なんですね・・・録音時は82歳でした。
1曲だけピーター・バーンステイン(g)が参加しています。

80歳でこれだけ吹ければもう十分です・・・余りの元気さに驚きました。
刺激的なフレージングと力強く艶のある音色はとても80歳とは思えません。
まずは(1)「Invitation」でぶっ飛びました。
12分超の一番の長丁場ですがコールマンの面目躍如たる演奏を聴かせてくれました。
ボサノバの(2)、バラードの(6)と(8)のスタンダードも聴きどころになります。
オリジナルではワルツの(4)、ブルース奏法が聴ける(3)、印象的なテーマを持つルドンの(5)に注目です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ねひつじ

こんにちは。
G・コールマンは数年前に引退したと、海外のサイトで読んだ記憶があるのですが
現役だったのですね。
コールマンといえばH・ハンコックの「処女航海」も素晴らしいですね。完璧な演奏だと思います。
by ねひつじ (2016-06-19 10:13) 

dora

ねひつじさん、こんばんは。

引退して密かに練習していた可能性もありますね。
ジャズマンにはそういう人も多いから。
いずれにしても元気な演奏を聴かせてくれて嬉しいです。

ハンコックの「処女航海」も名盤ですね。
ハバードとのフロント2管だけどハンコックがショーターを選ばなかったのがミソかな。
ブルーノートにコールマンのリーダー作がないのが残念です。

by dora (2016-06-20 02:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0