So-net無料ブログ作成

EDDY LOUISS TRIO & QUINTET / RECIT PROCHE [Jazz Organ]

*EDDY LOUISS TRIO & QUINTET / RECIT PROCHE

image1168.jpg

eddy louiss(org,p), jean-marie ecay(g), paco sery(ds)
daniel huck(as), xavier cobo(ts,fl)
2001/Dreyfus/

1 Pour Toi
2 Incertitudes
3 Marilyn & Bronsky
4 Au Soleil Avec Toi
5 Comment Dites-Vous ?
6 Pour Toujours
7 Summertime (G.Gershwin)
8 Recit Proche
9 Un Grand Feu

フランスのオルガニストのエディ・ルイスの作品です。
ミシェル・ペトルチアーニ(p)との共演が素晴らしかったのでリーダー作を聴いてみたかった。
優しげで印象的なジャケットなのでチェックしていたのに延び延びになってしまいました。

1曲を除いては全てルイスのオリジナルですが曲想も多彩で作曲者としての能力も高いです。
ペトの競演盤ではけっこうゴリゴリ弾いていたのでイメージが狂ってしまいました。
美しいメロディ・ラインとスマートなサウンドでフュージョン・テイストを持つ作品でした。
フランス風なオシャレな感覚もあるけど、これがルイス本来の姿なのかもしれませんね。
一口にいうと「穏やかな作風」です・・・心地良い風が吹き抜ける感じがします。
ベストは(4)かな、(6)も良かった、その美しいサウンドに参ってしまいました。
昼下がりのコーヒー・タイムに聴きたい。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

ERIC ALEXANDER QUARTET / CHIM CHIM CHEREE~tribute to John Coltrane [Jazz Tener Sax]

*ERIC ALEXANDER QUARTET / CHIM CHIM CHEREE~tribute to John Coltrane

image450.jpg

eric alexander(ts),
harold mabern(p), jhon webber(b), joe farnsworth(ds)
2010/Venus/

1 You Don't Know What Love Is
2 Dear Lord
3 On The Misty Night
4 Chim Chim Cheree
5 Pursuance
6 Afro Blue
7 The Night Has A Thousand Eyes
8 Wise One

パワー全開、圧倒的な迫力でエリックのテナー・サックスが炸裂する。
音圧が凄い・・・その分、情緒や哀愁、色気は欠けてしまった。

「レビュー時のコメント」
疲れた時の神頼みはエリック・アレキサンダーに決まっています。
王道のテナー・サックスはいつでも私の心を癒してくれます。

今作はジョン・コルトレーンに捧げたバラード集です。
コルトレーンの3曲を含めて中々に興味深い選曲だと思いました。
(5)「PURSUANCE」は名作「至上の愛」からの1曲です。
メリー・ポピンズの(4)「CHIM CHIM CHEREE」はコルトレーン・カルテットそのものの味わい。
モダン・ジャズの名曲、タッド・ダメロン(p)の(3)「ON THE MISTY NIGHT」も渋い選択ですね。
(6)「AFRO BLUE」や(7)「THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES」が聴けたのも嬉しかった。
つくづくハロルド・メイバーン(p)の存在が大きいです。

エリック・アレキサンダー(ts)については多くを語る必要はないでしょうね。
ジョン・コルトレーン&ソニー・ロリンズの流れを汲む現在の主流派テナーの代表格です。
私にとってエリックほど安心して聴けてしっくりくるテナー奏者は他にいません。
エリックはジャズ・ファンの中ではあまりに当たり前過ぎて語られることも少ないですね。
でも現代テナーを代表するプレイヤーであることは間違いありませんよ。
テナー・サックスの持つ魅力の全てを表現できる稀代のプレイヤーだと思っています。

エリックのリーダー作のピアニストはここのハロルド・メイバーンやデヴィッド・ヘイゼルタイン、マイク・ルドン、ジョン・ヒックスなどが名を連ねています。
特にメイバーンがピアノだとよりバップ色が強くなって思いっきりのいいプレイが聴けます。
デビュー時からの長い付き合いなので兄貴分というより父親の感覚に近いかもしれませんね。
このメイバーンの強烈なバッキングに乗ってエリックのテナーが炸裂します。
力強くよどみないフレーズ、艶のある音色、抜群の表現力は申し分ありません。
惚れ惚れします・・・凄いです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

FRANCESCO CAFISO QUARTET / ANGELICA [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO QUARTET / ANGELICA

s102.jpg

francesco cafiso(as),
aaron parks(p), ben street(b), adam cruz(ds)
2009/Cam Jazz/

1 A Flower Is A Lovesome Thing
2 King Arthur
3 Angelica
4 December 26th
5 Peace
6 Scent Of Sicily
7 Waiting For
8 Why Don't I
9 Winter Sky

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第六弾です。
今作は19歳の時、10代最後の作品になると思います。
自己のオリジナルにビリー・ストレイホーン、デューク・エリントン、ホレス・シルバー、ソニー・ロリンズの曲などを演奏しています。
共演はアーロン・パークス(p)、ベン・ストリート(b)、アダム・クルーズ(ds)、ニューヨークの最先端をいくトリオをバックにした作品です。

ここでもカフィーソは物怖じせず堂々と渡り合っています。
っていうか、主役は明らかにカフィーソでその感性の素晴らしさには驚嘆しました。
聴けば一目瞭然です・・・バックの3人も好演しています。
これも凄かった・・・どれを取っても第一級のアルト・サックス・ソロが聴けます。
ジャケットはいかにも甘いけれど中味には強烈な味が隠されていました。
背中がゾクゾクとして涙が出そうになった・・・ジャズは永遠に不滅です。
カフィーソの将来を期待せずにはいられません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

ERIC ALEXANDER QUARTET / DON'T FOLLOW THE CROWD [Jazz Tener Sax]

*ERIC ALEXANDER QUARTET / DON'T FOLLOW THE CROWD

sonet588.jpg

eric alexander(ts),
harold mabern(p), nat reeves(b), joe farnsworth(ds)
2011/HIGHNOTE/

1 Nomor Senterbress
2 She's Out Of My Life
3 Footsteps
4 Charade
5 Don't Misunderstand
6 Remix Blues
7 Don't Follow The Crowd
8 Cavatina From "The Deer Hunter"

今作はエリック・アレキサンダー(ts)のリーダー・アルバムでは最新のものです。
エリックについてはあまりに色んなところに出没するので食傷気味の人も多いと思います。
それで段々語られることも少なくなりました。
でも、多くのプレイヤーと共演しているのでそれが血となり肉となっているのも事実です
表現力も実に多彩で多くの他流試合が効を奏した好例になっています。

私は最近、エリック・アレキサンダーを聴くことも多いです。
王道を歩くオーソドックスなテナー・サックスは大いなる安心感を与えてくれるからです。
艶のある音色はエネルギッシュでパワフル、テクニックも申し分ありません。
ひねたところがなく、けれん味のないサウンドがストレートにドーンと迫ってきます。
それがエリックの最大の魅力だと思います。
もちろん、ひとつひとつをよく聴いてみるとスリルもサスペンスもありますよ。

みなさんもよくご存知のお馴染みのレギュラー・カルテットによる作品です。
特に師匠格にあたるハロルド・メイバーン(P)には魅力があります。
エリックがより生き生きと輝いてくるんです。
自身のオリジナルが2曲にその他6曲の構成です。
(5)がラテン、(4)がワルツ、(7)は珠玉のバラードと曲調もよく考えられています。
唄ものの(2)「SHE'S OUT OF MY LIFE」が聴きどころになりました。
「シャレード」と「ディア・ハンター」の2曲の映画音楽を取り入れているところが新味でしょうか。
近年の平均点は高いと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

DIANA PANTON / TO BRAZIL WITH LOVE [Jazz Vocal]

*DIANA PANTON / TO BRAZIL WITH LOVE

sonet547.jpg

diana panton (vo),
john di martino(p), don thompson (b, p, vib), reg schwager (g),
maninhocCosta (vo, ds, per)(1.3.4.5.8), bill mcbirnie (fl), kiki misumi (cello)
silas silva (ds, per)(2.6.7.9.10.11.13.14 )
2011/MUZAK/

1 Samba Saravah
2 This Happy Madness
3 The Telephone Song
4 Manha De Carnaval
5 So Nice
6 Is It Really You ?
7 The Night Has A Thousand Eyes
8 Dans Mon Ile
9 Felicidade
10 Tu Sais Je Vais T'aimer
11 Dreamer
12 And I Love Him
13 Fais Comme I'oiseau
14 I Wish You Love

カナダのダイアナ・パントン(vo)は初見です。
ジャズ友の間で話題になっていたので知ってはいましたが今回聴く機会を得ました。
一瞬で「あ~、なるほどねぇ~」と思いましたよ。
声が特徴的・・・ハスキーで甘くかわいい声・・・瑞々しく透明感もある。
耳元で囁かれたらどうしようかと思います。
やや舌足らずのところがあるけれど歌は上手いです。
日本で人気があるのも納得しました。
バックにはドン・トンプソン(b,p,vib)、ビル・マクバーニー(fl)、ジョン・ディ・マルティーノ(p)と名手達が参加しています。

今作には「わたしが愛したブラジル」という副題が付いていました。
選曲には馴染みの曲が並んでいますね。
テンポのあるものよりスロー・バラードがいいと思いました。
(4)「Manha de Carnaval」、(12)「And I Love Him」、(14)「I Wish You Love」など。
特に(12)「And I Love Him」は名演です・・・マルティーノのピアノも心に沁みた。
(7)「The Night Has a Thousand Eyes」はどこまで美しくトンプソンのヴァイブが光る。
(6)「His It Really You?」、(8)「Dans mon ile」は歌われることが少ないので新鮮です。
マクバーニーのフルートの味付けも聴きどころになっています。

これは不思議なアルバムです。
なんかよく分からないけれど引きつけられるところがあります。
けだるさがあってもしつこくない・・・あっけらかんとして明るい・・・でも声は甘く切ない。
アンバランス・・・どうにもつかみどころがないのが魅力かな。
個性的で異色のボサノバ・アルバムは時々聴きたくなるような気がします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

FRANCESCO CAFISO QUARTET / SEVEN STEPS TO HEAVEN [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO QUARTET / SEVEN STEPS TO HEAVEN

s98.jpg

francesco cafiso(as),
andrea pozza(p), aldo zunino(b), nicola angelucci(ds)
2006/Venus/

1 Seven Steps To Heaven
2 Green Chimneys
3 Yesterdays
4 On THe Trail
5 My Funny Valentine
6 Milestones
7 Crazeology
8 Skylark

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第五弾です。
先日紹介したVenusレーベルの「NEW YORK LULLABY」の録音が16歳の6月、
Camレーベルの「HAPPY TIME」が16歳の10月でした。
今作は17歳の1月の録音です。
今どきたった8ヶ月で3枚のアルバムをリリースするって珍しいんじゃないかな。
それだけ注目されていた証拠ですね。

Venusレーベルのスタンダード作品集の第二弾です。
さすがに大スタンダード集なので消化不良になった部分もありました。
惜しかったのは(5)「MY FUNNY VALENTINE」で解釈は新鮮でもやや迷いを感じました。
タンゴ・・・意図は分かるんだけどねぇ~・・・いまひとつ突き抜けなくて残念です。
特に素晴らしかったのは(2)「GREEN CHIMNEYS」でこれにはインパクトがありました。
ドラムとのコンビネーションは圧巻です。
これを聴いたら誰もがカフィーソの天才を疑わないと思います。
あと、ドラマーのニコラ・アンジェルッチにも注目しました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

FERIT ODMAN QUINTET / AUTUMN IN NEW YORK [Jazz Drums]

*FERIT ODMAN QUINTET / AUTUMN IN NEW YORK

sonet713.jpg

terell stafford(tp), vincent herrring(as),
anthony wonsey(p), peter washington(b), ferit odman(ds)
2011/EQUINOX/

1 Step Lightly
2 Alter Ego
3 Autumn In New York
4 The Soulful Timmons
5 Hindsight
6 My Ideal
7 Changing Of The Guard

フェリト・オドマン(ds)は初見です。
ジェームス・ウィリアムス(p)を3曲取り上げているように彼に捧げるアルバムになっています。
あとはベニー・ゴルソン(ts)にシダー・ウォルトン(p)とくれば狙いは一目瞭然ですね。
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのラインです。
もちろん私もそれが聴きたくて買いました。
テレル・スタッフォード(tp)とヴィンセント・ハーリング(as)のフロント2管、注目すべきはアンソニー・ウォンジー(p)の参加でしょうか。
内容は予想通り、典型的なハード・バップ演奏が聴けました。
スタンダードの2曲、表題曲の(3)「AUTUMN IN NEW YORK」はスタッフォード、(6)「MY IDEAL」はハーリングのワンホーンで今作の聴きどころになっています。
聴き味の良い安心感を与えるアルバム・・・ホッとしますよ。
ただ録音時間45分は短くて物足りないです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

MIKE WOFFORD & HOLLY HOFMANN QUINTET / TURN SIGNAL [Jazz Piano]

*MIKE WOFFORD & HOLLY HOFMANN QUINTET / TURN SIGNAL

sonet1428.jpg

holly hofmann(fl), terell stafford(tp),
mike wofford(p), rob thorsen(b), richard sellers(ds)
2012/Caori Records/

1 The Dipper
2 Esperanca
3 Karita
4 Soul Street
5 Pure Imagination
6 The Girl From Greenland
7 M-Line

マイク・ウォフォード(p)とホリー・ホフマン(fl)の双頭クインテットの作品です。
マイクとホリーはご夫婦です。
ウォフォードはサラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドのバックとして活躍していました。
アレンジャーとしての評価も高いです。
収録曲はオリジナルが2曲にヴィンス・メンドーサ(arr,comp)、ボビー・ワトソン(as)、ジミー・ホレスト(ts)、リチャード・トゥワージク(p)等が選ばれました。
特に24歳という若さ、麻薬過で早世したトゥワージクの曲が演奏されるのは珍しいですね。

西海岸の軽快で爽やかなサウンドをイメージするとちょっと違うかもしれません。
1、2曲目がやや硬いのでその印象が強くなりました。
フルートとトランペットのフロント2管は珍しいんじゃないかな。
楽器の性格上どうしてもトランペットが目立ってしまうから。
トランペッターにテレル・スタッフォードを起用したのはさすがの人選です。
あんまりしゃしゃり出ない控え目なテレルなのでフルートとトランペットのバランスが取れました。
構成もよく練られていて実にクールな仕上がり・・・グループとしての完成度は高いです。
聴きどころになったのはワトソンの(3)「KARITA」、(4)「SOUL SWEET」も面白かった。
(5)「PURE IMAGINATION」ではテレルが輝きに満ちたソロを聴かせます。

全体的にすんなりと乗れるというわけではないけれど一ひねりある作品です。
アレンジャーとしてのマイク・ウォフォードの実力と独特のリズム感とタッチが楽しめました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

SOLID & SEAMUS BLAKE / VISITOR [Jazz Group]

*SOLID & SEAMUS BLAKE / VISITOR

s720.jpg

bjorn vidar solli(g), daniel buner formo(org), hakon majset johansen(ds),
seamus blake(ts)
2011/Parallell Records/

北欧ノルウェーのオルガン入りギター・トリオにシーマス・ブレイク(ts)が客演した作品です。
全8曲はメンバーのオリジナル6曲と他2曲の構成です。
曲想にはそれほど変化がなくやや一本調子のような感じがしました。
スタイルはカート・ローゼンウィンケル(g)を筆頭にする新感覚のサウンドです。
リーダーのビヨーン・ヴィダー・ソリ(g)もそのラインを踏襲しているようです。
オルガン・トリオ+テナー・サックス=ソウルというイメージでいると完全に裏切られますよ。
私もオルガン・トリオはこういうものという先入観を壊されました。

北欧独特のクールで静謐なサウンドはここでも生きています。
オルガンはどちらかというとキーボードに近いと思いました。
実に繊細でスマートでこういう使い方は新鮮でもありまた個性があります。
シーマス・ブレイクの馴染み方にも驚きました。
オリジナルのとても初演とは思えない・・・まったくピッタリとハマっているんです。
シーマスはいまひとつ掴みどころがない気がしますがやはり実力は相当なものです。
幅広い音楽性を持つシーマスの新しい一面を見ました。
シーマスはマイケル・ブレッカー(ts)の後継者に成り得ると思っていたけど全然違う。
器用さは無個性にも通じるのでここの評価はむずかしいです。

完成度の高いアルバムで音量の大小でまったく印象が変わってしまいます。
小音量なら就寝時のBGMに大音量ならゾクゾクとするジャズの魅力が味わえます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

MARCUS PRINTUP QUINTET / HOMAGE [Jazz Trumpet]

*MARCUS PRINTUP QUINTET / HOMAGE

sonet1457.jpg

marcus printup(tp), gregory tardy(ts),
aaron diehl(p), corcoran holt(b), alvin atkinson(ds)
2012/SteepleChase/

1 Weather Bird
2 Nardis
3 Mr.Kenyatta
4 Later
5 Liquid Streets
6 Con Alma
7 Mr. Clean
8 Sunday
9 Theme For Maxine
10 Nostalgia
11 Tiny Capers

マーカス・プリンタップ(tp)の新譜は先輩トランペッターへのオマージュという企画ものです。
キング・オリバーから始まってマイルス・デイヴィス、リー・モーガン、ウィントン・マルサリス、ロイ・ハーグローヴ、ディジー・ガレスピー、フレディ・ハバード、ウディ・ショウ、ファッツ・ナヴァロ、クリフォード・ブラウンという錚々たる名前が並んでいます。

購入のキッカケは去年のベスト3に選んだアーロン・ディール(p)が参加していたからです。
どんなピアノを聴かせているのか、興味がありました。
やはり相当にブルース・フィーリングが強く粘っこいピアノを聴かせてくれました。
もう一人、グレゴリー・ターディ(ts)の個性的なプレイも印象に残りました。
こねくるような不思議なサウンドの持ち主です。
この二人が聴きどころになるかな。

プリンタップは名手で器用なトランペッター・・・これくらい出来て当たり前だと思います。
オリバーの(1)「WEATHER BIRD」やただ1曲のスタンダードの(8)「SUNDAY」、ナヴァロの(10)「NOSTALGIA」は心に響く演奏・・・より古典的なサウンドが面白かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)