So-net無料ブログ作成
検索選択

MATT KANE & THE KANSAS CITY GENERATION SEXTET / ACKNOWLEDGEMENT [Jazz Drums]

*MATT KANE & THE KANSAS CITY GENERATION SEXTET / ACKNOWLEDGEMENT

image1174.jpg

matt kane(ds), ben leifer(b), andrew oullette(p),
michael shults(as), steve lambert(ts), hermon mehari(tp)
2015/Bounce-Step/

1 In Case You Missed It (B.Watson)
2 Timeline (For Elvin) (P.Metheny)
3 The Burning Sand (A.Alaadeen)
4 ASR' (A.Alaadeen)
5 And The Beauty Of It All (A.Alaadeen)
6 Wheel Within A Wheel (B.Watson)
7 Midwestern Nights Dream (P.Metheny)
8 Jewel (B.Watson)
9 Question And Answer (P.Metheny)

マット・ケーン(ds)は初見、メンバーも知られていないのでローカル・ミュージシャンだと思います。
カンサスは東西の融合地で「カンサス・シティ・ジャズ」と呼び名があるほどにジャズの盛んな所です。
全9曲は現存のカンサス出身の3人の名プレイヤーの曲を演奏しています。
キッチリと3曲づつです。
ボビー・ワトソン(as)とパット・メセニー(g)はジャズ・ファンならもちろん知っていますね。
でもアーマッド・アラディーン(ts)は初めて聞いた・・・カンサスからほとんど出なかったと思われます。
地元のジャズ・シーンでは良く知られたミュージシャンで尊敬されている人物。
どんなプレイヤーかと検索したらYouTubeで何曲か聴けました。
コルトレーン派・・・バラード奏法に独特の雰囲気を持ったテナー奏者でした。
けれど作品はほとんど入手不可能のようです。

3管編成のハード・バップ・アルバムです。
内容はやはりこの地方が持つ独特の風土があります。
粘っこく絡みつくというか、土の香りがするブルース色の強い演奏が聴けました。
ベストは音の広がりを持つ曲、メセニーの(7)で分厚いアンサンブルが魅力です。
アラディーンの(4)の曲想も面白かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

CHANO DOMINGUEZ TRIO / FLAMENCO SKETCHES [Jazz Piano]

*CHANO DOMINGUEZ TRIO / FLAMENCO SKETCHES

image455.jpg

chano dminguez(p), mario rossy(b), israel"pirana"suarez(per),
blas"kejio"cordoba(vo,palmas), tomas2tomacito"moreno(palmas)
2012/Blue Note/

1 Flamenco Sketches
2 Freddie Freeloader
3 Blue In Green
4 So What
5 All Blues
6 Nardis
7 Serpents Tooth

強烈なフラメンコ・ジャズ・ピアノが聴けます。
文句なしの快演です。

「レビュー時のコメント」
CDの聴き直しをしていて気になったのがこのチャノ・ドミンゲス(p)でした。
スペイン出身のピアニストなのでフラメンコとは切っても切れない縁ですね。
そのフラメンコ・ジャズ・ピアノなるものを聴きたいと思いました。
全7曲中5曲はマイルス・デイビス(tp)の超名盤「Kind Of Blue」からの選曲です。
そんなこともあってとっつき易いのも事実ですが中味は相当に濃い仕上がりになっています。

最大の聴きものは16分にも及ぶ(1)「FLAMENCO SKETCHES」です。
静かに始まって段々熱を帯びてくるのは、まるで情熱的なフラメンコの踊りをみているようです。
チャノの強力なタッチと抜群のリズム感は共に素晴らしいと思いました。
フラメンコ流「Blue In Green」、「So What」、「All Blues」、「Nardis」にも注目しました。
フラメンコには欠かせないパルマ(手拍子)がこんなに効果的だったとは驚きです。
興奮を盛り上げる効果と絡みつくような粘っこさがありますね。

ユニークなフラメンコ・ジャズ・ピアノ・トリオは会場の熱気も伝わってくる第一級のライブ盤です。

2012年の「ベスト3」の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

ALEX RIEL QUARTET / FULL HOUSE [Jazz Drums]

*ALEX RIEL QUARTET / FULL HOUSE

sonet96.jpg

alex riel(ds),
george robert(as), dado moroni(p), jesper lungaard(b),
2012/Storyville/

1 Just Friends
2 Bodsy And Soul
3 Impressions
4 Chiming In
5 Like someone In Love
6 Old Folks
7 Sandu

アレックス・リール・カルテット・・・去年のベスト3にも選ばれたアルバムです。
アレックス・リールの70歳記念ライブ盤というべきものです。
アレックスはデンマーク出身ですがヨーロッパを代表するドラマーの一人です。
一般的に知られるようになったのはデクスター・ゴードン(ts)やケニー・ドリュー(p)との共演盤からだったと思います。
イェスパー・ルンゴー(b)とのコンビは定評のあるところで多くの名盤を生み出しています。

この二人に近年の活躍が目覚しいイタリアの名ピアニストのダド・モロニとスイスの名アルト奏者のジョージ・ロバートの組み合わせです。
ジョージ・ロバートは久し振り、2000年頃にはケニー・バロンとの共演盤で大いに話題になりました。
ジョージ・ロバートはまたフィル・ウッズの愛弟子として知られていますね。

ここは選曲も魅力です。
よく知られたスタンダード・ナンバーが中心で見れば聴きたくなるジャズ・ファンも多いと思います。
内容は推して知るべしで安定感十分の見事な演奏を聴かせてくれました。
特筆すべきはジョージ・ロバートの力技・・・全体を通じて強烈なアタックに注目しました。
(3)「IMPRESSIONS」におけるダド・モロニのマッコイ・タイナー張りのピアノ・プレイも聴きどころ。
ベテラン勢がその底力を発揮した作品と言えるでしょうね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

ERNIE WATTS QUARTET / OASIS [Jazz Tener Sax]

*ERNIE WATTS QUARTET / OASIS

sonet599.jpg

ernie watts(ts),
christof saenger(p), rudi engel(b), heinrich koebberling(ds),
2011/Flying Dolphin Records/

1 Konbanwa
2 Oasis
3 One Day I'll Fly Away
4 Blackbird
5 Palmito
6 Crecent
7 Twilight Waltz
8 Bass Geige "bahss guy-geh"
9 You Are There
10 Shaw Nuff

「おっ!アーニー・ワッツがある」
CDショップで珍しい名前を見つけて手が伸びました。
ワッツのリーダー作を買うのはほぼ15年振りです。
ジャズ路線というよりフュージョン系とのはざ間にいるサックス奏者と思っています。
最初はビック・バンド畑で活躍、ボーカルのバックなどでも重宝されていました。
2000年代もコンスタントにリリースしているようなので根強い人気がある証拠ですね。
安定感抜群の実に達者なプレイヤーだと思います。

アーニー・ワッツは独特の音色と節回しの持ち主でソフトに囁くような奏法です。
それで「オアシス」という題名が付いたのかもしれませんがまさにピッタリの表現だと思います。
今作はどこまでも続く「アーニー・ワッツの世界」という感じでいいですよ。

表題曲の(2)「OASIS」は11分強の長丁場でドラマチックな展開です。
私は中近東の砂漠をイメージしました。
ルーツはやはりジョン・コルトレーンなので(6)「CRESCENT」も聴きどころです。
オリジナルの(8)「BASS GEIGE "bash guy-geh"」も面白く聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

ERIC ALEXANDER QUARTET / GENTLE BALLADS Ⅴ [Jazz Tener Sax]

*ERIC ALEXANDER QUARTET / GENTLE BALLADS Ⅴ

sonet590.jpg

eric alexander(ts),
george cables(p), nat reeves(b), joe farnswarth(ds),
2011/Venus/

1 The Thrill Is Gone
2 Tenderly
3 My One And Only Love
4 From This Moment On
5 The Shadow Of Your Smile
6 Nature Boy
7 Body And Soul
8 Violets For Your Furs
9 Dear Old Stockholm
10 The Summer Knows

2013年の初聴きはエリック・アレキサンダー(ts)ということになりました。
ジェントル・バラッズ・シリーズの第5弾です。
まぁね、よほどのファンでなければ5枚までは買わないと思います。
このシリーズのピアニストはマイク・ルドン~ハロルド・メイバーン~ジョージ・ケイブルスに、ベーシストはジョン・ウィーバー~ナット・リーヴスに変わってきています。
個人的には今作のケイブルス&リーヴスのラインが一番好きです。

エリックについては多くを語ることはありません。
実際、あまりに多くのところに出没しているので食傷気味の方も多いでしょうね
ただ、バラードをこれだけ上手に吹けるテナー奏者はそうはいないと思います。
実にオーソドックスで聴き易いけどただそれだけではありません。
艶のある音色と魅力的なフレーズに満ち溢れていて十分刺激的です。
だから今の私には一番しっくりとくるんです。
あまり演奏されることがない(1)「THE THRILL IS GONE」や(4)「FROM THIS MOMENT ON」が聴きどころになりました。
もちろん、その他にも有名曲が目白押しで楽しめます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(くつろぎ系)

SHUN SAKAI 酒井俊 / SHUN [Jazz Vocal]

*SHUN SAKAI 酒井俊 / SHUN

s749.jpg

酒井俊(vo)、渋谷毅(p,arr)、川端民生(b)、宮沢昭一(ds)、
宮沢昭(ts,fl)、中牟礼貞則(g)、向井滋春(tb)、吉田憲司(tp)、
大口純一郎(p)、石山実(cong)
2000(1977Rec)/Vivid/

1 Just In Time
2 Someone To Watch Over Me
3 Just You Just Me
4 Day By Day
5 Teach Me Tonight
6 Bye Bye Blackbird
7 I Fall In Love Easily
8 Can't Help Lovin' Dat Man
9 Take The "A" Train
10 Little Girl Blues

ユニークなヴォーカリスト、酒井俊さんの1977年のデビュー作です。
2000年に復刻発売された時に買おうと思ってそのまま忘れていました。
久し振り(半年振り位かな)に中古盤コーナーを見ていて見つけました。
実はその日はその他にも何枚か見つけたので実にラッキーな一日でした。
「犬も歩けば棒に当る」ですね。

有名スタンダード作品集ですが独特の感性で歌い上げています。
酒井俊は独自の世界を持っている。
聴けば誰でもが「只者ではないなぁ~」と思うはずです。
歌声が案外可愛らしくて色気もあるんだけど凄みも隠されています。
ちょっとコワイか、と思わせるところがある。

俊さんのライブにも何度か足を運んだけれど劇場型のヴォーカリストです。
ジャズの範疇にはとても収まりきれないスケールの大きさがあります。
心を突き刺す何かを持っています・・・強いブルース・フィーリングかな。
この心を突き刺される感じの歌手はそう多くはいません。
与世山澄子、浅川マキ、この酒井俊、最近では安富祖貴子に感じるものがあった。

バックのメンバーも豪華ですがもう35年も前になるのでみんな若くてピュアでキラメク演奏です。
特筆したいのは渋谷毅さん・・・アレンジとピアノが冴え渡っていて凄い才能を感じさせます。
どれを聴いても瑞々しく新鮮ですが特に私は(7)「I FALL IN LOVE TOO EASILY」に参った。
(9)「TAKE THE A TRAIN」では先述の劇場型歌手の一端が聴けます。
ここでは渋谷さんのピアノも素晴らしくて二人のコラボレーションに注目しました。
(4)「DAY BY DAY」、小品のひっそりとした(10)「LITTLE GIRL BLUE」も良かった。
聴く人それぞれが好きな歌を見つけられたらいいと思います。

個性的で万人向けとはいかないけれど、日本人ジャズ・ヴォーカルの名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

CHICO FREEMAN QUARTET / ELVIN [Jazz Tener Sax]

*CHICO FREEMAN QUARTET / ELVIN

sonet288.jpg

chico freeman(ts),
george cables(p), lonnie plaxico(b), winard harper(ds),
guest:joe lovano(ts)(1,7), martin fuss(ts,bs,fl)(4)
2012/Jive Music/

1 Elvin
2 Inner Urge
3 E.J.'s Blues
4 The Pied piper
5 After The Rain
6 Night Dreamer
7 Think On Me
8 Lonnie's Lament
9 Mahjong

チコ・フリーマン(ts)を聴くのも何年振りになるかな・・・いや10年振り以上かもしれません。
年を取ったら軽いものがいいなんて言いながら、たまには重量級も聴きたくなってしまいます。
故エルヴィン・ジョーンズ(ds)を偲ぶ今作は選曲も面白いと思いました。
縁の深いジョン・コルトレーン(ts)、ウエイン・ショーター(ts)、ジョー・ヘンダーソン(ts)など。
ジョージ・ケイブルス(p)、ロニー・プラシキコ(b)、ウィナード・ハーパー(ds)のトリオがバック、2曲にジョー・ロバーノ(ts)がゲスト出演しています。
オーストリア盤というのも珍しいかもしれませんね。

やっぱりというか、音が出た途端に存在感が違うと思いましたよ。
深味のあるグサッとくる音色です。
ヘンダーソンの(2)「INNER URGE」が一番の聴きどころになりました。
イントロはドラムスとのデュオで入ってテーマを挟んで中間はピアノレスのトリオ演奏です。
ショーターの(6)「NIGHT DREAMER」もチコ流のユニークな展開です。
手数の多いハーパーのドラムスとプラキシコの強烈なベース・プレイも聴けました。
バラードではコルトレーンの(8)「LONNIE'S LAMENT」がいい感じ。
ここではジョージ・ケイブルスのプレイに注目、彼の張り切りようも十分にうかがえます。
ジョー・ロバーノが入る(1)「ELVIN」と(7)「THINK ON ME」が意外にオーソドックスな演奏。
ここでホッとする時間がありました。

ちなみにチコ・フリーマンはシカゴ派の大物テナー奏者のヴォン・フリーマンの息子です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

GRAHAM DECHTER QUARTET / TAKIN' IT THERE [Jazz Guitar]

*GRAHAM DECHTER QUARTET / TAKIN' IT THERE

sonet830.jpg

graham dechter(g),
tamir hendelman(p), john clayton(b), jeff hamilton(ds)
2012/Capri Records/

1 Road Song
2 Be Deedle Dee Do
3 Chega De Saudade (No More Blues)
4 Together G Apart
5 Talkin' If There
6 Father
7 Grease For Graham
8 Hocur Pocus
9 Come Rain Or Come Shine
10 Amanda / Every Time We Say Goodbye

グラハム・デクター(g)は初見、今作は2枚目のリーダー・アルバムです。
グラハムは西海岸を中心に活動しているようでクレイトン・ハミルトン・ジャズ・オーケストラや
マイケル・ブーブレ(vo)などとの共演もあります。

演目を見た時、中々に面白そうな選曲だと思いました。
ウェス・モンゴメリーにバーニー・ケッセル系のギタリストということはすぐに分かりますね。
ジョビンのボサノバ、ジョージ・コールマン(ts)とリー・モーガン(tp)のバップ曲が含まれ、
スタンダードはハロルド・アーレンとコール・ポーターです。

グラハムのギター・プレイは端正でストレート・・・実にオーソドックスでした。
上品で美しい音色はクセがなく聴き易いです・・・テクニックも申し分ありません。
注目したのはジョージ・コールマンの(6)「FATHER」です。
コールマンの作品が選ばれること自体が珍しいのでどんなものかと思いました。
やっぱりというか、予想通りというか・・・これが一番の聴きどころだったです。
スイング感溢れる素晴らしいギターの4ビート・ジャズが聴けました。
モーガンの(8)「HOCUS POCUS」では早弾きプレイ、
(9)「COME RAIN OR COME SHINE」ではブルージーなギター・プレイが聴けます。
バラードの(10)「AMANDA/EVERY TIME WE SAY GOODBYE」もニクイ演出で閉じる。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

BRAD MEHLDAU TRIO / WHERE DO YOU START [Jazz Piano]

*BRAD MEHLDAU TRIO / WHERE DO YOU START

sonet218.jpg

brad mehldau(p), larry grenadier(b), jeff ballard(ds)
2012/Nonesuch/

1 Got Me Wrong
2 Holland
3 Brownie Speaks
4 Baby Plays Around
5 Airegin
6 Hey Joe
7 Samba E Amor
8 Jam
9 Time Has Told Me
10 Aquelas Coisas Todas
11 Where Do You Start ?

ブラッド・メルドー(p)のトリオ盤を買ったのは久し振りです。
なんとメルドーの純粋なピアノ・トリオを聴いたのは6年振りでしたよ。
今作は自己のオリジナルは1曲だけ、選曲も中々に凝っていて面白かったです。
2008年11月と2011年4月録音の集成盤です。
プロデュースはメルドー自身ですがこの選び方とか並べ方は面白かったんじゃないかな。

久々に聴くメルドー・トリオはやっぱり断トツに素晴らしいと思いました。
メルドーの独特のノリとスイング感と和音の遣い方がたまりませんよ。
波に揺られているように心地良くて、いつまでも聴いていたいと思ってしまった。
ソニー・ロリンズの有名曲(5)「エアジン」における解釈と展開は斬新でした。
やっぱり凄い才能の持ち主ですね。
エルヴィス・カステロのバラード(4)「BABY PLAYS AROUND」は10分強の演奏です。
やさしくて美しいバラード・プレイが聴けました・・・スーッと吸い込まれそうになった。
ほんわりとした(7)のサンバのリズム~自作の(8)「JAM」における盛り上がりも聴きどころ。

バックのラリー・グレナディア(b)とジェフ・バラード(ds)も最高です。
なんていうのか・・・まったく無駄のない動きで自然体、素晴らしいコンビネーションを発揮しています。
三位一体だけでは物足りない何かがあります。(上手く表現できないのがもどかしいけれど)
3者の絶妙な間合いがある。
主張し、存在感を感じさせながら、でも3人が寄り添うように音楽を構築していきます。

今回のように少し間を開けるのもいいかなぁ~と思っています。
私自身がとても新鮮だったし、メルドー・トリオの良さが際立ちました。
やはり現在のピアノ・トリオの最高峰だと思う。

2012年の「ベスト3」の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

MICHEL & TONY PETRUCCIANI / CONVERSATION [Jazz Duo]

*MICHEL & TONY PETRUCCIANI / CONVERSATION

s333.jpg

michel petrucciani(p), tony petrucciani(g)
2001/Dreyfus/

1 Summertime
2 Sometime Ago
3 All The Things You Are
4 My Funny Valentine
5 Nuages
6 Nardis
7 Michel's Blues
8 Someday Day My Prince Will Come
9 Billie's Bounce
10 Satin Doll

ミシェル&トニー・ペトルチアーニ親子の共演ライブ盤です。
私はかなりのペト・ファンですがこの度ようやく入手しました。
まぁ~、のんびりしたものですよ・・・つくづくコンプリートを目指す根性が薄いと思う。
もちろんこのアルバムの存在は知っていました。
でも私は親子の共演盤は後回しにしてしまう傾向があります。
なぜでしょうかね?
「何を今さら」・・・なんとなく照れくさく恥ずかしい感じがするからかもしれません。

で、実はあんまり期待していませんでした。
でも聴いてみたら思っていたよりずっと良かったです。
理由はハッキリしています・・・父親の実力が十分ミシェルに見合うものだったからです。
リズム感が抜群でリズム楽器としてのギター奏法をマスターしています。
1曲目の「SUMMERTIME」のバッキングを聴いてもらえば一発で納得です。
ソロ・スペースも十二分に満足するものでした。
ミシェルの力強く疾走感のあるピアノとトニーのスイング感溢れるギターが素晴らしい。
二人の思いが絡まってまさに対話している感じが伝わってきました。
会場の聴衆も大興奮です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)