So-net無料ブログ作成

LEE SMITH SEXTET / SITTIN' ON A SECRET [Jazz Bass]

*LEE SMITH SEXTET / SITTIN' ON A SECRET

image1201.jpg

lee smith(b), anthony wonsey(p), justin faulkner(ds),
tim warfield(ts,ss), terell stafford(tp), marc adler(fl),
duane eubanks(tp)(2), bill meeks(p)(3), denise king(vo)(7)
2012/Vector Diskc/

1 Front & Center
2 Morning Glory
3 Aquarian Reprieve
4 Bass Meditation
5 Sittin' On A Secret
6 The Promise
7 Super Star (L.Russell)
8 Count Down (J.Coltrane)

リー・スミス(b)は初見です。
ジャケットの笑顔に惹かれました。
この人が何とあのクリスチャン・マクブライド(b)の父親とは驚いてしまいました。
マクブライドはこのお父さんの影響でベースを始めたわけですね。

全8曲は自身のオリジナル6曲とその他2曲の構成です。
これがリー・スミスの初リーダー・アルバムなので満を持した作品だと思います。
オーソドックスなハード・バップ・サウンドが詰まっていました。
テレル・スタッフォード(tp)とティム・ワーフィールド(ts)とマーク・アドラー(fl)の3管です。
アンソニー・ウォンジー(p)を聴くのも久し振りでした。

特にこういったサウンドでフルートを聴くのは新鮮だったです。
思うにフルーティストのリーダー・アルバムを買ったのはいつだったか覚えていません。
このマーク・アドラーは魅力あると思います。
フルート好きには見逃せないかもしれませんね。
ウォンジーの粘っこいピアノと共に聴きどころになりました。
レオン・ラッセルの大ヒット曲の(7)「Super Star」はヴォーカル入りです。
ただトータル42分はちょっと短いと思います。

(中間系)

ELIANE ELIAS / AROUND THE CITY [Jazz Vocal]

*ELIANE ELIAS / AROUND THE CITY

image488.jpg

eliane elias(vo,p), marc johnson(b), oscar castro neves(g),
adam rodgers(g), vicente amigo(g), andres levin(g),
randy brecker(tp)(2,4,7), dave valentin(fl)(2), paulo braga(ds),
gene lake(ds), paulinho da costa(per),gilmar gomes(per), etc
2006/BMG/

1 Running
2 Oye Como Va
3 Around The City
4 Jammin'
5 Segredos
6 We're So Good
7 Tropicalia
8 Slide Show
9 A Vizinha Do Lado
10 Sava Your Love For Me
11 Chiclete Com Banana
12 Another Day
13 Segredos
*14 The Song Is You

イリアーヌ・イリアス(vo,p)の2006年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

イリアーヌの声は好みです。
聴くたびにそう思います。
落ち着くし癒されます。
これは理屈じゃありません。

エレクトリックでクールなサウンドからボサノヴァのリズムでゆったりと心和ませる歌声までまで、様々な色合いを見せる会心作。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)

MATTEO RAGGI TRIO / DREAM DANCING [Jazz Tener Sax]

*MATTEO RAGGI TRIO / DREAM DANCING

image1200.jpg

matteo raggi(ts), davide brillante(g), aldo zunino(b)
2016/Music Center/

1 Prospecting (C.Wayne)
2 Isn't Romantic (R.Rodgers)
3 Mr.George (A.Cohn)
4 Dream Dancing (C.Poter)
5 Doodle Oodle (B.Byers)
6 Wonder Why (N.Brodszky)
7 Singin' The Blues (J.R.Robinson/C.Conrad)
8 Take Four (A.Cohn)
9 Awful Lonely (ACohn)
10 Tangerine (V.Schertzinger)

マッテオ・ラッギ(ts)は初見・・・イタリア盤です。
最初はジャケットが気になり、次にドラムレス、ピアノレスの組み合わせに興味を惹かれました。
さらに選曲を見てみるとアル・コーン(ts)が3曲も入っていてラッギのスタイルも一目瞭然ですね。
これで決まりです。

テナー・サックス、ギター、ベースのトリオです。
予想通り、ウエスト・コーストの香りがする、上品な雰囲気を持つアルバムでした。
クールで爽やかなジャズ・テイストを持っていてリラックスするには最適だと思います。
表題曲の(4)「Dream Dancing」の粋でソフトなサウンドがたまりません。
でも、このトリオの神髄は最後の曲にありました。
(10)「Tangerine」がなんとも素晴らしかった。
この心地良いノリとスイング感にはいつまでも浸っていたいと思ってしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

NIELS. H. O. PEDERSEN TRIO / FRIENDS FOREVER [Jazz Bass]

*NIELS. H. O. PEDERSEN TRIO / FRIENDS FOREVER
-In Memory Of Kenny Drew

image487.jpg

niels.h.o.pedersen(b), renee rosnes(p), jonas johansen(ds)
1995/Key'stone/

1 Hushabye
2 Kenny
3 Someday My Prince Will Come
4 Elvira Madigan
5 Lullaby Of The Leaves
6 The Shadow Of Your Smile
7 Sometime Ago
8 Days Of Wine And Roses
9 Future Choild~Friends Forever

ニールス・ペデルセン(b))の1995年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

ペデルセンはジャズ界で最も長い名前を持っているかもしれませんね。
Niels-Henning Orsted Pedersen
ニールス-ヘニング・オルステッド・ペデルセンが正式な名前です。
ヨーロッパのベーシストは60年代にこのニールス・ペデルセンの登場で一気に注目されることになりました。
強靭、強烈なベース・プレイという表現はペデルセンから始まったと思います。
最初は超絶技巧ばかりが目立ちましたが徐々にアメリカの伝統的なベース奏法も取り入れていくことになります。
共演のリニー・ロスネスは独特のタッチとタイミングの持ち主でカチッとした硬派のピアニストで個性的です。

こんなに甘く切ない調べが、かってあっただろうか・・・。
逝ってしまった最愛の友に捧げる、衝撃のケニー・ドリュー追悼集。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)

MIKE MELITO QUINTET AND QUARTET / NEW YORK CONNECTIONS [Jazz Drums]

*MIKE MELITO QUINTET AND QUARTET / NEW YORK CONNECTIONS

image1199.jpg

jerry weldon(ts)(except3,9), peter bernstein(g)(1,3,4,6,10,11),
jeb patton(p), neal miner(b), mike melito(ds),
2016/Weebop Records/

1 Jet Stream (P. Bernstein)
2 Theme For Ernie (F.Lacey)
3 Wives And Lovers (B.Bacharach/H.David)
4 Five Will Get You Ten (S.Clark)
5 Up Over And Out (H.Mobley)
6 I Wished I Knew (B.Smith)
7 If Ever I Would Leave You (A.J.Learner/F.Loewe)
8 Indian Summer (V.Herbert)
9 Bolivia (C.Walton)
10 The Knife (O.Roberts)
11 Blues Okura (N.Miner)

ニューヨークで活躍中のマイク・メリト(ds)の新譜作品です。
メリトを聴くのは2枚目です。
前作はグラント・スチュアート(ts)とジョン・スワナ(tp)のフロント2管でした。
オーソドックスなハード・バップをやっていたのでここも手が伸びました。
メリトは特にフィリー・ジョー・ジョーンズ、ビリー・ヒギンス、アート・テイラーに影響を受けたとありました。
狙いが50~60年代のブルー・ノート盤となれば明らかにジャズ・メッセンジャーズのラインだと思います。

今作はテナー・サックスとギターのフロントで新味を出しています。
近年はこのようにピアノとギターの2コード楽器をぶつける編成も多いですね。
ぶつからないようにするのが腕の見せどころにもなりますね。
選曲を見ても分かるようにハード・バップ路線は歴然としています。
ソニー・クラーク(p)、ハンク・モブレイ(ts)、シダー・ウォルトン(p)が選ばれていました。
(2)、(5)、(7)、(8)はテナー・カルテット、(3)はギター・カルテット、(9)はピアノ・トリオです。

安心感のある4ビート・ジャズはリズムもハッキリしているので聴き易いです。
ピーター・バーンステイン(g)とジェブ・パットン(p)は安定感十分です。
テナーのジェリー・ウェルドンは新人かな・・・まだやや甘い所もあるけれど精進を期待しています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

ROBERTA GAMBARINI / EASY TO LOVE [Jazz Vocal]

*ROBERTA GAMBARINI / EASY TO LOVE

image486.jpg

Roberta Gambarini(vo),
Tamir Hendelman(p)(except2), Gerald Clayton(p)(2),
Chuck Berghofer(b)(1,4,6,7,9,10,13,14), John Clayton(b)(2,3,5,8,11),
Willie Jones III(ds)(1,2,3,5,8,11,14) , Joe La Barbera(ds)(4,6,7,9,10,13)
James Moody(ts,vo)(3,8)
2005 /55 Records/

1 Easy To Love
2 Only Trust Your Heart
3 Lover Man
4 On The Sunny Side Of The Street
5 Porgy, It's Your Woman Now / I Loves You Porgy
6 Lover Come Back To Me
7 The Two Lonely People
8 Centerpiece
9 Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
10 No More Blues
11 Smoke Gets In Your Eyes / All The Things You Are
*12 Multi-Colored Blue
*13 Monk's Prayer / Looking Back

ロバータ・ガンバリーニ(vo)の2005年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

エラ、サラ、カーメンの再来!!
2005年にデビュー作(本作)が発売されるや否や一大センセーションを巻き起こしました。
イタリア出身の彼女は本格的かつ大型のジャズ・ヴォーカリストです。
久々に聴いているけどやはり素晴らしいです。
ただ今は入手困難のようですね。
なお(12)、(13)はボーナス・トラックです。

エラ、サラ、カーメンの」再来!!
ついに現れた究極のジャズ・シンガー、待望のデビュー・アルバム
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)

THE COOKERS QUINTET / MEETS JOHNNY O'NEAL [Jazz Group]

*THE COOKERS QUINTET / MEETS JOHNNY O'NEAL

image1198.jpg

ryan oliver(ts), tim hamel(tp),
johnny o'neal(p,vo), alex coleman(b), joel haynes(ds)
2016/Do Right Music/

1 Meridian (R.Oliver)
2 Dream Blues (Traditional)
3 Honeycomb Soul (T.Hamel)
4 These Foolish Things (E.Maschwitz/J.Strachey/H.Link)
5 Deed I Do (F.Rose)
6 Whisle Stop Hop ) (A.Coleman)
7 The More I See You (H.Warren/M.Gordon)

「Cookers」といえば、あのもの凄いメンバーの「Cookers」だと思っていました。
「Cookers」にジョニー・オニールなら面白い。
でも違っていました。
こちらはカナダの「Cookers Quintet」で今作は3枚目になります。
紛らわしいですね。
ゲストにジョニー・オニール(p,vo)を迎えて新味を出しています。
オニールは70年代から活躍、レイ・ブラウン(b)やミルト・ジャクソン(vib)などと共演、ジャズ・メッセンジャーズにも在籍したそうですが私は聴いたことがないと思います。
アート・テイタム(p)、オスカー・ピーターソン(p)系の名手ですがここではその上手さを感じさせません。
体調がいまひとつだったのかもしれませんね。
4曲で渋いボーカルも披露してくれています。

スマートなカナダのジャズ・クインテットにソウルフルなオニールのコラボが聴きどころになります。
全体的にオニールの存在感が大きくて引き締まった作品になったと思います。
ブルージーなオニールの魅力がいっぱい詰まっています。
寡作なオニールなので貴重です。
ただ収録時間の7曲で37分はいかにも短か過ぎて物足りません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

EDDIE HIGGINS QUARTET / SMOKE GETS IN YOUR EYES [Jazz Piano]

*EDDIE HIGGINS QUARTET / SMOKE GETS IN YOUR EYES

image484.jpg

eddie higgins(p)
steve gilmore(b), bill goodwin(ds), scott hamilton(ts)
2002/VENUS/

1Melancholy Rhapsody
2 It's A Lonesome Old Town
3 You Don't Know What Love Is
4 By Myself
5 Smoke Gets In Your Eyes
6 Lullaby Of The Leaves
7 When The Sun Comes Out
8 Love Letters
9 When You Wish Upon A Star
10 All This And Haven Too
11 You're My Everithing

エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン。
この組み合わせはヴィーナスから何枚か出ていてその中の一枚です。
上品なヒギンスと下卑たハミルトンのコラボレーションです。
この二人は本質的には合わないと思っています。
でもそんな異質な組み合わせが面白くて魅力なんです。
サム・テイラー並みにムーディーなハミルトンが聴けますよ。
テナー・サックス独特の「低音の魅力」をどうぞ。


「レビュー時のコメント」
エディ・ヒギンス・トリオにスコット・ハミルトン(ts)を迎えて新味を加えています。
ベテラン・カルテットによるスタンダード作品集です。
この組み合わせを見ればある程度の予想がつくので買い安心感はありますね。
ここでの主役はスコット・ハミルトンだと思いますがもう少し抑えてほしかったです。
私にはちょっと渋過ぎる感じがしましたがみなさんはどうでしょうか。

テナー・サックスの名手、スコット・ハミルトンをフューチュアーして
ピアノのエディ・ヒギンスがゴージャスでくつろぎに満ちた最上のジャズ・アルバムを完成。
50年代にタイム・スリップしたようなジャズ・エイジがとても新鮮。
ジャズの快楽に溢れたジャズ芸術の傑作。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(くつろぎ系)