So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

CHARLES McPHERSON QUARTET / LOVE WALKED IN [Jazz Alto Sax]

*CHARLES McPHERSON QUARTET / LOVE WALKED IN

image1203.jpg

charles mcpherson(as),
bruce barth(p), jeremy brown(b), stephen keogh(ds)
2015/Quadrant/

1 Love Walked In (G.Gershwin/I.Gershwin)
2 The Song With You (J.Kern/O.Hammerstein)
3 I'll Take Romance (B.Oakland/O.Hammerstein)
4 Nature Boy (E.Abhez)
5 Someone To Watch Over Me (G.Gershwin)
6 Bud Like (C.Mcpherson)
7 Embraceable You (G.Gershwin)
8 Lover (R.Rodgers/L.Hart)
9 Dancing In The Dark (A.Swartz/H.Dietz)

チャールス・マクファーソン(as)の新譜を見つけました。
珍しいスペイン盤です。
マクファーソンはチャーリー・ミンガス・バンドで腕を磨いたジャズ・レジェンドの一人です。
今年で78歳になりますがまだ現役で頑張ってくれているのが嬉しいです。
チャーリー・パーカー直系のアルト奏者としては最後の年代になるかな。
ミンガス出身者としては比較的穏やかな演奏スタイルを持っているけどもちろん単純じゃありません。
1960年代から現在まで第一線で活躍していて、激動のジャズの世界を潜り抜けてきています。
「衣の下から鎧が見える」というか、「牙を隠している」というか、そんな感じですね。

ベテラン・サックス奏者のスタンダード作品集を買うのは私の病気なので止まるわけがありません。
マクファーソンならなおさらです。
聴いていると一音一音が心に沁みてきます。
体に馴染んでるというか、懐かしい音色なのでしっくりとくるんです。
若い頃の元気や鋭さは望むべきもないけれど年齢に熟成された切ない音がたまりません。
刺激的なフレーズとかすれたような泣きアルトにジーンとしてしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

HARVEY MASON TRIOS / WITH ALL MY HEART [Jazz Drums]

*HARVEY MASON TRIOS / WITH ALL MY HEART

image491.jpg

hervey mason(ds).
2003/VIDEOARTS/

1 Bernie's Tune (kenny baron & ron carter)
2 If I Should Lose You (chick corea & dave carpenter)
3 So Near, So Far (fred hersch & eddie gomez)
4 Swamp Fire (monty alexander & charnet moffett)
5 Smoke Gets In Your Eyes (bob james & charlie haden)
6 Hindsight (cedar walton & ron carter)
7 Dindi (brad mehldau & larry grenadier)
8 Without A Song (mulgrew miller & ron carter)
9 One Morning In May (dave grusin & mike valerio)
10 Speak Like A Child (herbie hancock & dave carpenter)
11 Tess (hank jones & george mraz)
12 P'S & O'S (john beasley & ron carter)

名ドラマーのハーヴィー・メイソンが色んなピアニストと共演しているピアノ・トリオの企画盤です。
チック・コリア、ハービー・ハンコック、モンティ・アレキサンダー、ケニー・バロン、ハンク・ジョーンズ、デイヴ・グルーシン、シダー・ウォルトン、マルグリュー・ミラー、ボブ・ジェイムス、 若手ではブラッド・メルドー、フレッド・ハーシュ、ジョン・ビーズリーといったところが共演しています
1人1曲づつだけどこれほどのメンバーを1回で聴けるチャンスなんてありませんよ。
まとまりはないけれど大徳用盤なのは間違いないです。

「レビュー時のコメント」
ハービー・メイソン(ds)による超豪華版のピアノ・トリオ作品集です。
まずこのメンバーを見たら驚いてしまいました。
よくぞこんなメンバーを集めたものです。
この中から自分の好きなピアノ・トリオを探すのも一興でしょう。
私はピアニストのプレイもさることながらベーシストの存在も気になってしまいました。
エディ・ゴメス、チャーネット・モフェット、チャーリー・ヘイデンのトリオは良かったです。
いずれにしてもピアノ・トリオ・ファンならずともジャズ・ファン必聴のアルバムだと思います。
居ながらにして12人のピアニストが聴ける作品はそうあるものではありません。
単なる顔見世興行になっていないのも評価の高い理由でしょうね。
ここにブラッド・メルドーやフレッド・ハーシュの名前があるのは彼らが期待されていることにほかなりません。

究極の贅沢、歓喜と至福。
夢のオールスター・ピアノ・トリオによる究極のプロジェクトが遂に登場する。
これ以上ない最強のピアニスト達による、1曲入魂の本気セッション
(帯中よりの抜粋)

Swing Journal : ゴールドディスク

(中間系)

FUMIO KARASHIMA QUINTET / ジャズに生きる [Jazz Piano]

*FUMIO KARASHIMA QUINTET / ジャズに生きる

image1204.jpg

辛島文雄(p), 楠井五月(b), 小松伸之(ds),
池田 篤(as,ss), 岡崎正典(ts,ss)
2015/ats-music/

1 Brilliant Darkness
2 I Should Care
3 Open The Gate
4 Riverside Nobody
5 'Round Midnight

名実共に日本を代表するジャズ・ピアニストの辛島文雄さんが亡くなりました。
2月24日、膵臓がん、68歳でした。
辛島さんはエルヴィン・ジョーンズが率いる「ジャズ・マシーン」に起用されて一気に人気ピアニストになりました。
ジャズの荒波を超えてきた顔付きというか、一見天才的な容貌で近寄りがたい感じがします。
でも実際は気さくな人でとてもファンを大事にする人でした。
私も何度か話をする機会がありましたがホントにやさしく接してくれたものです。
そんな辛島さんですが一旦ピアノに向けば物凄い圧倒的な演奏を聴かせてくれました。

私が一番好きだったのは2000年代初めのピアノ・トリオです。
天才ドラマーの呼び声が高かった奥平慎吾さんと実力ナンバー・ワン・ベーシストの井上陽介さんの組み合わせ。
このトリオが素晴らしかったです。

さて今作は闘病中の辛島さんを支援するために急遽作られたCDです。
収益金は全て辛島さんの治療費に充てられるというものです。
そういうことならと私もお付き合いさせてもらいました。
老舗ライブ・ハウスのピット・インの2013~2014におけるライブ盤です。

メンバー編成には特にうるさい辛島さんが選んだジャズ・メンに間違いはありません。
急ごしらえとはいえ充実した内容が詰まっていました。
たった5曲ですがトータル73分にも及ぶ熱演です。
各メンバーの好演もあり、辛島さんの気を抜くところがなく、いつでも全力投球の姿勢が垣間見えます。
熱烈なファンも数多くいる本当に素晴らしいミュージシャンでした。
カムバックしてつい最近まで演奏されていたので復活を期待しましたが残念ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

涙なくしては聴けないアルバムになるかもしれません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

HARRY ALLEN TRIO & DUO & QUARTET / WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM [Jazz Tener Sax]

*HARRY ALLEN TRIO & DUO & QUARTET / WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM

image490.jpg

harry allen(ts) ray brown(b)(except11), jeff hamilton(ds)(except3,11),
herb ellis(g) (1,2,6,11)
2000/BMG/

1 When I Grow Too Old To Dream
2 Nagasaki
3 Here's That Rainy Day
4 Wouldn't It Be Loverly
5 You Are My Everything
6 Gravy Waltz
7 I Wish You Love
8 Lulu's Back In Town
9 I Guess I'll Have To Change My Plan
10 Ding-Dong, The Witch Is Dead
11 Detour Ahead
12 Love Walked In
13 All The Things You Are

ハリー・アレン(ts)の登場回数はエリック・アレキサンダー(ts)と双璧だと思います。
二人共に大好きなので仕方ありません。
今作はオスカー・ピーターソン・トリオの二人と共演しています。
スタンダード作品集ではあるけれど選曲にも一工夫あって甘さは控えめです。
レイ・ブラウンの安定感のある野太いベース・プレイが印象に残りました
そのレイ・ブラウンは2年後の2002年に、ハーブ・エリスは2010年に亡くなっています。
間違いなく時代は流れていますね。

「レビュー時のコメント」
ハリー・アレンの新作はピアノレス・トリオを試みてきました。
大ベテランのレイ・ブラウン(b)とジェフ・ハミルトン(ds)を起用したのが正解でしょう。
ギターのハーブ・エリスが4曲にゲスト出演しています。
今までの心地良いジャズとは一味違ってハリーの作品としては最も辛口に仕上がりました。
相変わらずの古風なスタイルはともかくとして素直にテナー・サウンドを楽しみましょう。

心で聴こえる。
迫力のベース、メロディアスなドラムス、色気漂うサックスが醸し出す、琥珀色のジャズ・サウンド。
(帯中よりの抜粋)

Swing Journal : ゴールド・ディスク

(中間系)

GIOVANNI MAZZARINO LATIN SEXTET / RETRATO [Jazz Piano]

*GIOVANNI MAZZARINO LATIN SEXTET / RETRATO
feat. Francesco Cafiso

image1202.jpg

giovanni mazzarino(p), francesco cafiso(as,fl), dino rubino(tp,flh),
riccardo fioravanti(b), stefano bagnoli(ds), mimmo cafiero(per)
2013/Jazzy Records/

1 Cansado
2 Descanso
3 La Vida y la Muerte Bailan con la Cerveza en la Mano
4 Fiesta, Vida y Suerte
5 Beatriz (Edu Lobo) / Obilivion (A.Piazzolla)
6 Pablo (D.Rubino)
7 Mehace el Faver _Pues
8 Laguna de Cocha
9 Retrato
10 Una Noche a Medellin
11 Besame Mucho (C.Velasquez)

イタリアのベテラン・ピアニストのジョバンニ・マッツァリーノは初見です。
フランチェスコ・カフィーソ(as)の名前に引かれました。
カフィーソは収集対象ですがラテン・セクステットも面白そうです。

全11曲はマッツァリーノのオリジナル8曲とその他3曲の構成です。
アフロ・キューバン・サウンドですが全体的にちょっと硬いかなと思いました。
アフロ・キューバンのバラードは甘く切なくロマンティックサウンドです。
でもイタリアのラテンは明るく爽やかな感じがします。
もっとやさしくやわらかな色気が欲しかったです。

もっとも録音時22歳のカフィーソでは仕方がないかもしれませんね。
ないものねだりというか、そこまで望むのは酷かな。
いかんせん、まだ若いですから。
でもそれを考慮してもカフィーソのソロは素晴らしいと思います。
鋭く突っ込んでくる音色は彼独自のもので、まるでキリのように鋭利なんだよね。
緩急自在な表現力も凄いです。
カフィーソには何としてもリー・コニッツを継ぐ存在になって欲しいと願っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

TETE MONTOLIU TRIO / BODY AND SOUL [Jazz Piano]

*TETE MONTOLIU TRIO / BODY AND SOUL

image489.jpg

tetemontoliu(p), george mraz(b), joe nay(ds)
1971Rec/Enja/

1 Sweet Georgia Fame
2 Old Folks
3 Blues
4 A Nightingale Sang In Berkeley Square
5 Body And Soul
6 Lament

テテ・モントリュー(p)の1971年のライブ作品です。
中古盤コーナーで見つけました。
テテは好きなピアニストの一人ですが意識して収集してはいません。
CDショップで見かければ買うと感じでずっと来ています。
若い頃はアメリカばかりに目が向いていてヨーロッパのジャズ・メンには見向きもしませんでした。
そんな中でもテテ・モントリューの名前だけは耳に入ってきていました。
スペインの盲目の天才ピアニスト。
テテはいわゆる平均点が高いピアニストでどれを聴いても素晴らしい演奏を聴かせてくれます。
ここでの興味は若きジョージ・ムラツ(b)の参加にありました。
演目にも好きな曲が並んでいます。

先日のビリー・ハート・トリオでもそうでしたがこの頃のムラツは凄いです。
その強靭さはペデルセンも真っ青という感じでしょうか。
ブンブンと弦を引きずり回していますよ。
テテは相変わらずの強烈なスイング感と力強いタッチで迫力満点です。
テテのこの強力無比な演奏スタイルはミシェル・ペトルチアーニに引き継がれました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

HAROLD MABERN TRIO / FANTASY [Jazz Piano]

*HAROLD MABERN TRIO / FANTASY

image477.jpg

harold mabern(p), dwayne burno(b), joe farnsworth(ds)
2004/Venus/

1 Almost Like Being In Love
2 Harlem Dawn
3 Lollipops And Roses
4 Sesame Street Theme
5 Fantasy
6 The Sidewinder
7 It Only Hurts When I Smile
8 Let's Face The Music nd Dance
9 Jackson Patrk El Train
10 You Belong To Me

ハロルド・メイバーン(p)の2004年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

ハロルド・メイバーンはやや遅れてきたハード・バッパーと言えるかもしれませんね。
1936年生まれの今年で81歳・・・まだ現役で頑張っています。
バド・パウエル直系のピアニストとしては最後の年代かな。
以前見たライブではその強靭なタッチと切れ味に驚かされたものです。
実にソウルフルで抜群のスイング感を持っていました。

E・W・&Fの大ヒット曲「宇宙のファンタジー」、リー・モーガンの名曲「サイド・ワインダー」他、スタンダード曲等に彼の美旋律のオリジナル・バラードを含む強力無比の選曲で メンバーン節が全開の傑作アルバム
(帯中よりの抜粋)

Swing Journal : ゴールドディスク

(中間系)


2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ