So-net無料ブログ作成

GIOVANNI MAZZARINO LATIN SEXTET / RETRATO [Jazz Piano]

*GIOVANNI MAZZARINO LATIN SEXTET / RETRATO
feat. Francesco Cafiso

image1202.jpg

giovanni mazzarino(p), francesco cafiso(as,fl), dino rubino(tp,flh),
riccardo fioravanti(b), stefano bagnoli(ds), mimmo cafiero(per)
2013/Jazzy Records/

1 Cansado
2 Descanso
3 La Vida y la Muerte Bailan con la Cerveza en la Mano
4 Fiesta, Vida y Suerte
5 Beatriz (Edu Lobo) / Obilivion (A.Piazzolla)
6 Pablo (D.Rubino)
7 Mehace el Faver _Pues
8 Laguna de Cocha
9 Retrato
10 Una Noche a Medellin
11 Besame Mucho (C.Velasquez)

イタリアのベテラン・ピアニストのジョバンニ・マッツァリーノは初見です。
フランチェスコ・カフィーソ(as)の名前に引かれました。
カフィーソは収集対象ですがラテン・セクステットも面白そうです。

全11曲はマッツァリーノのオリジナル8曲とその他3曲の構成です。
アフロ・キューバン・サウンドですが全体的にちょっと硬いかなと思いました。
アフロ・キューバンのバラードは甘く切なくロマンティックなサウンドです。
でもイタリアのラテンは明るく爽やかな感じがします。
もっとやさしくやわらかな色気が欲しかったです。

もっとも録音時22歳のカフィーソでは仕方がないかもしれませんね。
ないものねだりというか、そこまで望むのは酷かな。
いかんせん、まだ若いですから。
でもそれを考慮してもカフィーソのソロは素晴らしいと思います。
鋭く突っ込んでくる音色は彼独自のもので、まるでキリのように鋭利なんだよね。
緩急自在な表現力も凄いです。
カフィーソには何としてもリー・コニッツを継ぐ存在になって欲しいと願っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

TETE MONTOLIU TRIO / BODY AND SOUL [Jazz Piano]

*TETE MONTOLIU TRIO / BODY AND SOUL

image489.jpg

tetemontoliu(p), george mraz(b), joe nay(ds)
1971Rec/Enja/

1 Sweet Georgia Fame
2 Old Folks
3 Blues
4 A Nightingale Sang In Berkeley Square
5 Body And Soul
6 Lament

テテ・モントリュー(p)の1971年のライブ作品です。
中古盤コーナーで見つけました。
テテは好きなピアニストの一人ですが意識して収集してはいません。
CDショップで見かければ買うと感じでずっと来ています。
若い頃はアメリカばかりに目が向いていてヨーロッパのジャズ・メンには見向きもしませんでした。
そんな中でもテテ・モントリューの名前だけは耳に入ってきていました。
スペインの盲目の天才ピアニスト。
テテはいわゆる平均点が高いピアニストでどれを聴いても素晴らしい演奏を聴かせてくれます。
ここでの興味は若きジョージ・ムラツ(b)の参加にありました。
演目にも好きな曲が並んでいます。

先日のビリー・ハート・トリオでもそうでしたがこの頃のムラツは凄いです。
その強靭さはペデルセンも真っ青という感じでしょうか。
ブンブンと弦を引きずり回していますよ。
テテは相変わらずの強烈なスイング感と力強いタッチで迫力満点です。
テテのこの強力無比な演奏スタイルはミシェル・ペトルチアーニに引き継がれました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

HAROLD MABERN TRIO / FANTASY [Jazz Piano]

*HAROLD MABERN TRIO / FANTASY

image477.jpg

harold mabern(p), dwayne burno(b), joe farnsworth(ds)
2004/Venus/

1 Almost Like Being In Love
2 Harlem Dawn
3 Lollipops And Roses
4 Sesame Street Theme
5 Fantasy
6 The Sidewinder
7 It Only Hurts When I Smile
8 Let's Face The Music nd Dance
9 Jackson Patrk El Train
10 You Belong To Me

ハロルド・メイバーン(p)の2004年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

ハロルド・メイバーンはやや遅れてきたハード・バッパーと言えるかもしれませんね。
1936年生まれの今年で81歳・・・まだ現役で頑張っています。
バド・パウエル直系のピアニストとしては最後の年代かな。
以前見たライブではその強靭なタッチと切れ味に驚かされたものです。
実にソウルフルで抜群のスイング感を持っていました。

E・W・&Fの大ヒット曲「宇宙のファンタジー」、リー・モーガンの名曲「サイド・ワインダー」他、スタンダード曲等に彼の美旋律のオリジナル・バラードを含む強力無比の選曲で メンバーン節が全開の傑作アルバム。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)