So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ

JOE LOCKE QUARTET / LAY DOWN MY HEART [Jazz Vibraphone]

* JOE LOCKE QUARTET / LAY DOWN MY HEART/
Blues & Ballads Vol 1

image1247.jpg

joe locke(vib),
ryan cohan(p), david finck(b), jaimeo brown(ds)
2013/Motema/

1 Ain't No Sunshine (B.Withers)
2 Broken Toy (J.Locke)
3 Bittersweet (S.Jones)
4 I Can't Make You Love Me (M.Reid/A.Shamblin)
5 The Meanibg Of The Blues (B.Troup)
6 Simone (F.Foster)
7 This New October (J.Locke)
8 Makin' Whoopee (W.Donaldson/G.Kahn)
9 Dedicated To You (S.Cahn/S.Chaplin)

ヴィブラフォン聴きの14枚目はジョー・ロックです。
先週、スティーヴ・ネルソンを聴いたのでロックも聴かないと片手落ちになりますね。
ロックも久し振りでしたがこれを聴いた時、正直「ジョー・ロックってこんなに良かったっけ」という感想です。
ロックは幅広い音楽性の持ち主で器用過ぎるというか一貫性に欠けると思っていました。
今作は副題になった「ブルース&バラーズ」と決め打ちしたのが功を奏した気がします。

全9曲は自身のオリジナルが2曲とその他7曲の構成です。
ビル・ウィザーズ(vo)の(1)、フランク・フォスター(ts)の名曲(6)の選曲は凝ってます。
サム・ジョーンズの(3)はプロデューサーとして名を連ねているベーシストのデヴィッド・フィンクの選曲かな。
ボビー・トゥループの代表作の(5)「The Meaning Of The Blues」は大好きな曲です。
ライアン・コーアンは初めて聴くピアニストですが切れ味鋭い瑞々しいタッチが良かった。
ベストは全員が一丸となった素晴らしいプレイを聴かせる前述の(6)「Simone」です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

BILL MAYS TRIO / LIVE AT JAZZ STANDARD [Jazz Piano]

* BILL MAYS TRIO / LIVE AT JAZZ STANDARD

image567.jpg

bill mays(p), martin wind(b), matt wilson(ds)
2005/Palmetto/

1 Have You Met Miss Jones ?
2 Squeeze Me
3 How Are Things In Glocca Morra ?
4 Darn That Dream
5 Music House
6 Let's Call This
7 Euterpe
8 Willow Weep For Me
9 When Will The Blues Leave ?
10 Smile

究極の癒し系ピアニスト、ビル・メイズの2005年作品です。
ライブ盤ですがその優しさや美しさのタッチは相変わらずで完成度の高いアルバムになっています。
メンバーもマーティン・ウィンド(b)とマット・ウィルソン(ds)というシブい組み合わせです。

全10曲は自身のオリジナル2曲にその他8曲の構成です。
1曲目の「Have You Met Miss Jones ?」を聴けばこのトリオの良さが一目瞭然です。
アルバム全体を包むスイング感がなんともたまりませんよ・・・これこそがメイズの持ち味だと思います。
これだけのゆったり感とくつろぎ感は中々に味わうことが出来ません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ARTURO SERRA SEXTET / CONFIDENCIAL [Jazz Vibraphone]

* ARTURO SERRA SEXTET / CONFIDENCIAL

image566.jpg

arturo serra(vib), perico sambeat(as), benet palet(tp),
albert bover(p), lucho aguilar(b), juanjo garcera(ds)
1993/EGT/

1 Fat Lady
2 After "Siesta"
3 Confidencial
4 Lapsus
5 Laura
6 Da-Bap
7 Sweet awakening
8 Quiets Moments
9 Mandragora

ヴィブラフォン聴きの13枚目は当時のスペインの若手が参加したアルトゥーロ・セラの作品です。
ここでの注目は鬼才ぺリコ・サンビエト(as)にありました。
ぺリコが2005年に初来日した時は夢中になって見に行きました。
ライブのメンバーの池田篤(as)さんや井上陽介(b)さんとはニューヨークで切磋琢磨した仲だと言ってました。
ぺリコがブラッド・メルドー(p)やカート・ローゼンウィンケル(g)と共演した「Friendship」は名盤です。
2005年の「私のベスト3」にも上げました。

全9曲は自身のオリジナル7曲とその他2曲の構成です。
1曲目にウェイン・ショーターの曲を持ってくるところがいかにも現代のジャズマンだと思います。
ベストはデヴィッド・ラスキンの名曲(5)「Laura」で幻想的なテーマはヴィブラフォンにはピッタリです。
オリジナルでは2曲目の「After Siesta」が良かった・・・メロディが美しくお気に入りになりました。
聴き易いハード・バップですが全体的に優等生的でこじんまりとまとまってしまった気がします。
もっと弾けて刺激的ならもっと良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

STEVE NELSON QUARTET / BROTHERS UNDER THE SUN [Jazz Vibraphone]

* STEVE NELSON QUARTET / BROTHERS UNDER THE SUN

image1246.jpg

steve nelson(vib),
danny grissett(p), peter washington(b), lewis nash(ds)
2017/HighNote/

1 The More I See You (H.Warren/M.Gordon)
2 Eastern Joy Dance (M.Miller)
3 Grew's Tune (M.Miller)
4 Soul-Leo (M.Miller)
5 It Never Entered My Mind (R.Rodgers/L.Hart)
6 Samba D'blue (M.Miller)
7 Brother's Under The Sun (M.Miller)
8 For Those Who Do (M.Miller)
9 New Wheels (M.Miller)
10 Melody For Mulgrew (D.Grissett)

ヴィブラフォン聴きの12枚目は10年振りに出たスティーヴ・ネルソンの新譜です。
ピアノ入りのカルテット編成でマルグリュー・ミラー(p)のトリビュート作品になっています。
ミラーは2013年に57歳で亡くなりました・・・まだまだこれからだったのに早過ぎますよ。
ミラーが知られるようになったのはジャズ・メッセンジャーズへの参加からです。
私はトニー・ウィリアムス(ds)・クインテットが一番印象に残っています。
サイドマンとしての力量には定評がありました。
ネルソンとミラーは同世代で共演も多く、気心の知れた仲でジャズ盟友だったと思います。

全10曲はミラーの曲が7曲とその他3曲の構成です。
ネルソンはミルト・ジャクソン~ボビー・ハッチャーソンの流れを汲む主流派、いわば王道をいくヴァイブ奏者です。
暑くもなく寒くもなく、気取ったところや尖がったところもなく、最もオーソドックスなスタイルを持っています。
重量感と広がりのあるサウンドはクリアで美しく、刺激にはやや欠けるけれど、その分安定感と安心感は十分です。
年は下ですがちょっとひねた感のあるジョー・ロック(vib)とは好対照だと思います。

共演者ではダニー・グリセットに注目しました・・・ネルソンがミラーの代わりに選んだピアニストです。
グリセットは瑞々しい感覚の持ち主でネルソンとのコンビネーションが今作の決め手になりました。
ルイス・ナッシュ(ds)とピーター・ワシントンのリズムセクションも満点です。
ベストは全員が一丸となって突っ込んでくる(9)「New Wheels」を上げておきます。
続くグリセットのオリジナル(10)「Melody For Mulgrew」も良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOE HENDERSON SEPTET / PORGY & BESS [Jazz Tener Sax]

* JOE HENDERSON SEPTET / PORGY & BESS

image565.jpg

joe henderson(ts),
conrad herwig(tb), john scofield(g), stefon harris(vib),
tommy flanagan(p), dave holland(b), jack dejohnette(ds),
chaka khan(vo)(2), sting(vo)(7)
1997/Verve/

act1
1 Introduction : Jasbo Brown Blues
2 Summertime
3 Here Come De Honeyman / They Pass By Singin'
4 My Man's Gone Now
act2
5 I Got Plenty D' Nuttin'
6 Bess, You Is My Woman Now
7 It Ain't Necessarily So
8 I Love You Porgy
act3
9 There's A Boat Dat's Leavin' Soon For New York
10 Oh Bess, Oh Where's My Bess ?
bonus tracks
11 A Red Headed Woman
12 Summertime (Samba Version-Instrumental)

ジョー・ヘンダーソン(ts)の60歳時の作品です。
ジャケットの写真を見ると体調は今ひとつのような感じがしますね。
ヘンダーソンにとって今作が最後のリーダー・アルバムで64歳で亡くなっています。

「ボーギー&ベス」はガーシュインの黒人オペラの名作です。
ジャズ・マンが好んで演奏するので「Summertime]や「I Love You Porgy」などはスタンダードの定番になっています。
全12曲はメンバーも多彩で意外性もあって興味深いです。
ヴォーカル・ヴァージョンではチャカ・カーン(2)とスティング(7)も1曲づつ参加しています。

これだけのメンバーが揃うとやっぱり全員参加型のインストルメンタルの方が面白かったです。
サウンド的には特にステフォン・ハリスのヴァイブとジョン・スコフィールドのギターが決め手になりました。
ハリスについてはちょうどヴァイブ聴きをしているところなので余計にそう感じたのかも知れませんが。
アレンジがモダンな(3)、(4)、(11)、(12)などが聴きどころになりました。
やはりヘンダーソンはらしくないです・・・豪快なジョー・ヘン節も艶やかさも影を潜めています。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOHNNY LYTLE QUINTET / THE VILLAGE CALLER [Jazz Vibraphone]

* JOHNNY LYTLE QUINTET / THE VILLAGE CALLER

image564.jpg

johny lytle(vib), milt harris(org),
bob cranshaw(b), william "peppy"hinnant(ds), willie rodriguez(per)
1963Rec/Riverside/

1 The Village Caller
2 On Green Dolphin Street
3 Cant Help Lovin' Dat Man
4 Pedro Strodderr
5 Kevin Devin
6 You Don't Know What Love Is
7 Unhappy Happy Soul
8 Solitude

ヴィブラフォン聴きの11枚目はジョニー・リトルです。
1960年代に活躍していたので比較的知名度は高いと思います。
ドラマーからヴァイブ奏者への転向は珍しいかな。
彼が組んだヴァイブ、オルガン、ドラムスのトリオ編成は実に個性的です。
ヴァイブとオルガンの組み合わせはちょっと気付かないかもしれません。
リトルはファンキー&ソウルなヴァイブ・サウンドを実現しました。

全8曲は自身のオリジナル4曲にその他4曲の構成です。
バンド編成を見るとボブ・クランショウ(b)とウィリー・ロドリゲス(per)が加わっています。
ラテン・リズムを目指しているのは一目瞭然ですね。
バラードでシットリと聴かせる(3)「Cant Help Lovin' Dat Man」がベスト・トラックになりました。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

HOUSTON PERSON SEXTET / RAIN OR SHINE [Jazz Tener Sax]

* HOUSTON PERSON SEXTET / RAIN OR SHINE

image1245.jpg

houston person(ts), warren vache(cor)(1,2,4,6,8), rodney jones(g)(except7),
lafayette harris(p), matthew parrish(b), vincent ector(ds)
2017/High Note/

1 Come Rsain Or Come Shine (J.Mercer/H.Arlen)
2 132nd And Madison (O.A.Gumbs)
3 Everything Must Change (B.Ighner)
4 Learnin' The Blues (D.V.Silvers)
5 I Wonder Where Our Love Has Gone (B.Johnson)
6 Soupbone (R.Jones)
7 Never Let Me Go (J.W.Scott)
8 Our Day Will Come (M.Garson/B.Hilliard)
9 Danny Boy (Public Domain)

ヒューストン・パーソン(ts)は83歳になりました。
まだ意欲は十分に感じる・・・この年でのリーダー・アルバムは凄いです。
多少の衰えは感じるけれどもしょうがない・・・むしろここまで現役でいることだけでも立派です。
パーソンより年上で頑張っているのは84歳になったウェイン・ショーター(ts)以外には思い浮かびません。
どこまで現役でいられるのかには興味があります。
ピアニストだとハンク・ジョーンズの91歳、ジョン・ルイスの90歳が記憶に残っています。

全9曲はメンバーのオリジナル1曲にその他8曲の構成です。
共演者での注目はウォーレン・バシェ(cor)とロドニー・ジョーンズ(g)です。
バシェは意外な組み合わせ・・・ソウル色の強い演奏は初めて聴きました。
同じコルネット奏者のナット・アダレイやルビー・ブラフの影響下にあるのがよく分かりました。
ロドニー・ジョーンズはファンキー&ソウルなギタリストなので相性ピッタリの組み合わせです。
ベストはワン・ホーンでじっくりと聴かせる(3)「Everything Must Change」です。
ここではジョーンズの艶やかでユニークな素晴らしいギター・プレイが聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ILLINOIS JACQUET QUARTET / LIVE AT SCHAFFHAUSEN SWITZERLAND [Jazz Tener Sax]

* ILLINOIS JACQUET QUARTET / LIVE AT SCHAFFHAUSEN SWITZERLAND

image563.jpg

illinois jacquet(ts),
hank jones(p), george duvivier(b), j.c.heard(ds)
1978Rec/Storyville/

1 What Is This Thing Called Love ?
2 Body And Soul
3 Wee Dot
4 Doctor's Blues
5 Exactly Like You
6 A Night In Tunisia
7 Cute
8 The Very Thought Of You
9 Oh, Look At Me Now
10 Blue And Sentimemtal
11 In A Sentimental Mood
12 George's Blues
13 Things Ain't What They Used To Be
14 I Wanna Blow Now
15 On The Sunny Side Of The Styreet

イリノイ・ジャケーの1978年のライブ盤。
ジャケー56才時の録音です。
ジャケーは典型的なテキサス・テナー奏者で、どでかい音でサックスを吹くホンカーの元祖といえるジャズ・マンです。
この系統にはアーネット・コブやバディ・テイトが知られているかな。
その他にもキング・カーティス、ウィリス・ジャクソン、スタンリー・タレンティン、エディ・ロックジョー・デイビス、
デヴィッド・ファトヘッド・ニューマン、デクスター・ゴードン、ジョニー・グリフィン等々、影響を受けたサックスが数多くいます。
ジャケーの場合は一般のジャズ・ファンよりもプロのミュージシャンに人気があるような気がします。
多分あんな風に吹きたいと思うんだろうね。
でもそう簡単には吹けないから魅力があるんだと思います。
変な言い方ですが「ジャケーの美しいだみ声」はそう簡単にはマネできません。

全15曲はスタンダードが中心です。
共演者がハンク・ジョーンズ(p)にジョージ・デュヴィヴィエ(b)、J.C.ハード(ds)というトリオです
特にジョージ・デュヴィヴィエはこういったテナー奏者にはぴったりのベーシストです。
ジャケーが相手ではとてもじゃないが、がっちりとしたベーシストじゃないと持ちませんよ。
ところどころでフューチュアーされますが強靭で素晴らしいベース・プレイを聴かせます。
ハンク・ジョーンズのいつになくパワフルなピアノ・タッチにも注目しました。
なお司会はジャケー本人が務めているのでその声が聞けるのも貴重だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JPEK / THE LONG GOODBYE [Jazz Group]

* JPEK / THE LONG GOODBYE

image562.jpg

tizian jost(vib), bernhard pichl(p), rudi engel(b), michael keul(ds)
2014/Organic Music/

1 A Night In Tunisia
2 The Long Goodbye
3 Eight Four
4 Pra Machucar Meu Coracao
5 I'm Getting Sentimental Over You
6 Refuge
7 Soon
8 For Django-Django
9 Softly As In A Morning Sunrise
10 Warm Valley
11 Santa Claus Is Coming To Town

ヴィブラフォン聴きの10枚目はJPEKのグループ作品です。
メンバーの名前の頭文字がグループ名になっています。
2014年のドイツ盤で比較的新しいアルバムです。

ピアニストとして知られているティチィアン・ヨーストがヴィブラフォンを 演奏している異色作です。
これがまたヴァイブも本職並みの素晴らしさでストレートでオーソドックスな演奏を展開しています。
実に聴き味のいい作品でヴィブラフォン・カルテットの見本みたいな演奏が聴けました。

全11曲はメンバーのオリジナル2曲とその他9曲の構成です。
モダン・ジャズの名曲、ボサノバ、バラード、クリスマス・ソングまでが網羅されています。
表題曲になったオリジナルの(2)「The Long Goodbye」がとても印象に残りました。
レイモンド・チャンドラーの有名小説に同題名があるのでそれから取ったものかも知れませんね。
優しくソフトなヴァイブの音色は心地良いスイング感と相まって癒し系に仕上がっています。
心がウキウキと弾んでくるのはリズム感の良さで昼下がりのティー・タイムにも夜のグラス片手にも合います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ