So-net無料ブログ作成
検索選択
Jazz Alto Sax ブログトップ
前の10件 | -

CHARLES McPHERSON QUARTET / LOVE WALKED IN [Jazz Alto Sax]

*CHARLES McPHERSON QUARTET / LOVE WALKED IN

image1203.jpg

charles mcpherson(as),
bruce barth(p), jeremy brown(b), stephen keogh(ds)
2015/Quadrant/

1 Love Walked In (G.Gershwin/I.Gershwin)
2 The Song With You (J.Kern/O.Hammerstein)
3 I'll Take Romance (B.Oakland/O.Hammerstein)
4 Nature Boy (E.Abhez)
5 Someone To Watch Over Me (G.Gershwin)
6 Bud Like (C.Mcpherson)
7 Embraceable You (G.Gershwin)
8 Lover (R.Rodgers/L.Hart)
9 Dancing In The Dark (A.Swartz/H.Dietz)

チャールス・マクファーソン(as)の新譜を見つけました。
珍しいスペイン盤です。
マクファーソンはチャーリー・ミンガス・バンドで腕を磨いたジャズ・レジェンドの一人です。
今年で78歳になりますがまだ現役で頑張ってくれているのが嬉しいです。
チャーリー・パーカー直系のアルト奏者としては最後の年代になるかな。
ミンガス出身者としては比較的穏やかな演奏スタイルを持っているけどもちろん単純じゃありません。
1960年代から現在まで第一線で活躍していて、激動のジャズの世界を潜り抜けてきています。
「衣の下から鎧が見える」というか、「牙を隠している」というか、そんな感じですね。

ベテラン・サックス奏者のスタンダード作品集を買うのは私の病気なので止まるわけがありません。
マクファーソンならなおさらです。
聴いていると一音一音が心に沁みてきます。
体に馴染んでるというか、懐かしい音色なのでしっくりとくるんです。
若い頃の元気や鋭さは望むべきもないけれど年齢に熟成された切ない音がたまりません。
刺激的なフレーズとかすれたような泣きアルトにジーンとしてしまいました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

JACKIE MCLEAN QUARTET / NATURE BOY [Jazz Alto Sax]

*JACKIE MCLEAN QUARTET / NATURE BOY

image482.jpg

jackie mclean(as)
cedar walton(p), david williams(b), billy higgins(ds)
1999/SOMETHIN'ELSE/

1 You Don't Know What Love Is
2 Nature Boy
3 I Can't Get Started
4 What Is This Thing Called Love
5 I Fall In Love Easily
6 Smoke Gets In Your Eyes
7 Star Eyes
8 A Nightingale Sang In Berkeley Square

マクリーンを聴いたのも久し振りです。
まさにマクリーン節が詰まっていました。
表題曲の「Nature Boy」が素晴らしい。

「レビュー時のコメント」
ジャッキー・マクリーンのバラード作品集です。
予想通りの仕上がりで、マクリーン節を堪能出来ると思います。
彼のプレイは非常になめらかで、その音色も67歳とは思えない艶があります。
とにかくマクリーンがずば抜けて素晴らしいアルバムです。
シダー・ウォルトンのサイド・マンとしての力量には定評のあるところですが、
私としては、もう少し刺激し合ってほしかったというのが本音です。
そうしたら、もっと緊張感のある作品になったと思います。惜しかったなあ。


「レフト・アローン」のように切なく、「スイング・スワング・スインギン」のように美しく、
そして溢れるほどロマンティック
円熟の巨人が到達したワン・ホーン・カルテットの極致。
(帯中よりの抜粋)

Swing Journal : ゴールドディスク

(中間系)

BUD SHANK / MEETS THE RHYTHM SECTION [Jazz Alto Sax]

*BUD SHANK / MEETS THE RHYTHM SECTION

image460.jpg

bud shank(as),
cyrus chestnut(p), george mraz(b), lewis nash(ds)
1997/key'stone /

1 September Song
2 Besame Mucho
3 Angel Eyes
4 Someday My Prince Will Come
5 Beautiful Love
6 I Remember Clifford
7 Tenderly
8 Here's That Rainy Day
9 I Remember You
10 Night & Day
11 Autumn

アート・ペッパー(as)の名盤「ミーツ・ザ・リズムセクション」の現代版の位置付け。
ウエスト・コースト・ジャズ・シーンの人気アルト奏者、バド・シャンクは健在だった。

「レビュー時のコメント」
バド・シャンクとサイラス・チェスナット・トリオの共演盤、スタンダード作品集。
70歳を過ぎた白人アルト奏者は、バド・シャンクとリー・コニッツ、フィル・ウッズ位でしょうか。
年を取ると年を取ったなりの味が出るものですね。
まだこれだけのプレイが出来るのですから脱帽です。

Swing Journal : ゴールドディスク

(くつろぎ系)

SONNY STITT QUARTET / SONNY STITT [Jazz Alto Sax]

*SONNY STITT QUARTET / SONNY STITT

s653.jpg

sonny stitt(as,ts),
ramsey lewis(p), william austin(b), frank gant(ds)
1958Rec/Argo /

1 Propapagoon
2 This Is Always
3 Jack Spratt
4 Just You, Just Me
5 Cool Blues
6 Mr.Sun
7 Dancing On The Ceiling
8 Everyone Does

ジャズ再発廉価版シリーズの1枚です。
ソニー・スティット(as,ts)も孤高のジャズ・プレイヤーの一人です。
たらればですが、もしもチャーリー・パーカー(as)がいなかったらモダン・ジャズ史上最も重要なアルト・サックス奏者になったかもしれませんね。
それほどにその感性と技術は秀でていました。
比肩するとすればキャノンボール・アダレイ以外にはいないのでないかと思っています。

パーカーに似ているといわれることを嫌ったスティットはテナー・サックスを吹くようになります。
アルトとテナーのどちらを聴いても遜色なく素晴らしい・・・この才能だけでも凄いと思います。

今作がとてつもなく貴重なのはラムゼイ・ルイス(p)が参加していることにあります。
多分、スティットがシカゴに楽旅した際に共演の機会があったのだと思います。
ただ正確な録音時期も不確定で本当にラムゼイなのか?との疑問も残ります。
録音はモノラル、アーゴもマイナー・レーベルです。

内容はスティットそのままのもので名手の名に恥じないプレイです。
オリジナルとスタンダードの構成、(1)「PROPAPAGOON」のブルース・フィーリングは凄い。
ここでのラムゼイ・ルイスのプレイも感動的です。
パーカーの(5)「COOL BLUES」も聴きどころ・・・パーカーは嫌いじゃなかったのか?
(2)「THIS IS ALWAYS」のバラード・プレイ、(8)「EVERYONE DOES」は急速調です。
強烈なブルース&ソウルな感覚を共有するスティットとラムゼイが熱いです。
ラムゼイのテクニシャンぶりとバッキングにも注目しました。
ラムゼイ・ルイスのリアル・ジャズを聴けたのも良かった。
ラムゼイの純ジャズ路線は極端に少ないからです。
元々ポップ&ソウルなフィーリングをもっていたのでジャズ・ロックやフュージョン畑で活躍しました。
「The In Crowd」の大ヒットはよく知られています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

注:改めて調べてみるとピアニストはどうやらバリー・ハリスのようです。
  これなら納得のプレイぶりですがラムゼイ・ルイスだったら夢があった。
  まぁ、定かでないというほうが面白いかもしれませんね。

WILL VINSON QUINTET / PERFECTLY OUT OF PLACE [Jazz Alto Sax]

*WILL VINSON QUINTET / PERFECTLY OUT OF PLACE

image1172.jpg

will vinson(as,fl,synth), mike moreno(g),
gonzalo rubalcaba(p,rhodes,synth), matt penman(b), jeff ballard(ds),
the mivos strings quartet(1,4,5), jo lawry(vo)(1,4), jamey haddad(per)(4)
2016/5Passion/

1 Desolation Tango
2 Upside
3 Willoughby General
4 Skyrider
5 IntroTo Limp Of Faith
6 Limp Of Faith
7 Stilskin (Some Drunk Funk)
8 Chalk It Up
9 The Clock Killer
10 Perfectly Out Of Place

ウィル・ヴィンソン(as)は初見です。
以前「ライブ・アット・スモールズ」のアルバムが気になったけどパスしてしまいました。
ここはゴンザロ・ルバルカバ(p)の参加が決め手になりました。

全10曲は全てヴィンソンのオリジナルです。
これがヴィンソンの求めるサウンドか・・・多分に実験的要素も含んでいると思います。
シンセサイザーの使用、ストリングス・カルテットの起用、ヴォイスも入ります。
サックス&ギターのユニゾンは現代の主流派、浮揚感のあるサウンドを生み出す。
それにシンセの電気的な音の広がりを加味していく。
ソロイストに他の楽器を絡ませる手法もいかにも現代的です。
多重録音もあった。

聴いていて疲れてしまいました。
何しろ84分の長丁場・・・いかんせん長過ぎる。
(2)や(4)の速いテンポの曲はいいけれど、ボワーンのとしたつかみどころがない曲はイマイチでした。
(6)はルバルカバとのデュオ、表題曲の(10)はギター抜きのカルテット演奏です。

(まじめ系)

JOHNNY HODGES SEPTET / BLUES A-PLENTY [Jazz Alto Sax]

*JOHNNY HODGES SEPTET / BLUES A-PLENTY

sonet1053.jpg

johnny hodges(as),
ben webster(ts), roy eldrige(tp), vic dickenson(tb),
billy strayhorn(p), jimmy woods(b), sam woodyard(ds)
2010(1958REc)/Verve /

1 Didn't Know About You
2 Cool Your Motor
3 Gone With The Wind
4 Honey Hill
5 Blues-A-Plenty
6 Don't Take Your Love From Me
7 Saturday Afternoon Blues
8 Satin Doll
9 Reeling And Rocking

ジャズ再発廉価版シリーズの1枚です。
ジョニー・ホッジスはいわずと知れたデューク・エリントン楽団の至宝で名アルト奏者。
何とも言えないその魅力的な音色はホッジス独自のもので孤高のプレイヤーの一人です。
ポール・デスモンド(as)は明らかにホッジスの影響を受けて独特のスタイルを作りました。

今作はホッジスのオリジナル5曲とその他4曲の構成です。
特にワン・ホーンで演奏されるバラードは圧巻です。
(1)「DIDN'T KNOW ABOUT YOU」、(3)「GONE WITH THE WIND」、(6)「DON'T TAKE YOUR LOVE FROM ME」、(8)「SATIN DOLL」は絶品。
やさしくささやくように唄う・・・自在かつ微妙に楽器コントロールしています。
もうイチコロという感じ・・・一発でその音色に魅了されるのは確実です。
ビリー・ストレイホーン(p)のシングル・トーンのバッキングも素晴らしい。

ここでも多くのエリントニアンが共演しています。
ベン・ウェブスター(ts)、ロイ・エルドリッジ(tp)、ヴィック・ディッケンソン(tb)、特にビリー・ストレイホーン(p)の参加が貴重かな。
エリントン・サウンドの小型版・・・絶妙なスイング感と抜群のハーモニーを聴かせてくれました。
彼らの共演を得てホッジスはリラックスした手慣れた演奏を繰り広げています。
一番の長丁場の(9)「REELING AND ROCKING」も聴きどころになります。
ジャケットはやや甘い感じですが中味にはジャズのエッセンスが詰まっていました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

FRANCESCO CAFISO & STRINGS / A TRIBUTE TO CHARLIE PARKER [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO & STRINGS / A TRIBUTE TO CHARLIE PARKER

s96.jpg

francesco cafiso(as)
2005/Umbria Records/

1 I'll Remember April
2 What Is This Thing Called Love
3 Out Of Nowhere
4 Everything Happens To Me
5 Summertime
6 They Can't Take That Away From Me
7 Dancing In The Dark
8 Laura
9 I Didn't Know What Time It Was
10 Just Friends
11 April In Paris
12 Easy To Love
13 I'm In The Mood For Love
14 Yesterdays
15 I Should Care
16 If I Should Lose You
17 Repetition
18 Prayer For Charlie

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第八弾です。
2005年の録音なのでカフィーソが15歳か16歳になったばかりの年。
現代の天才アルト奏者に元祖天才チャーリー・パーカーを吹かせようという企画です。
まぁ~、凄く安易な企画なんだけどその気持は分かるような気がしました。
聴いてみると驚きの内容が詰まっていました・・・音色もスイング感も素晴らしいです。
恐ろしいという表現がピッタリかも・・・年齢は関係なく「いいものはいい」と再認識させられました。

お気づきの方も多いように今作はパーカーの「ウィズ・ストリングス」を踏襲したものです。
曲目もデザインの傾向もほぼ同じです。

著名なホーン奏者はウィズ・ストリングスというアルバムをよく作ります。
でも、世のジャズ・ファンの評価はいまひとつという場合も多いです。
それはなぜか?
ジャズ特有のインター・プレイや刺激に欠けるということがあるかもしれませんね。
でも一人のプレイヤーをじっくりと聴けるという点では大きな魅力があります。

この大スタンダード作品集は良かった・・・カフィーソの原点がここにあります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

FRANCESCO CAFISO QUARTET / ANGELICA [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO QUARTET / ANGELICA

s102.jpg

francesco cafiso(as),
aaron parks(p), ben street(b), adam cruz(ds)
2009/Cam Jazz/

1 A Flower Is A Lovesome Thing
2 King Arthur
3 Angelica
4 December 26th
5 Peace
6 Scent Of Sicily
7 Waiting For
8 Why Don't I
9 Winter Sky

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第六弾です。
今作は19歳の時、10代最後の作品になると思います。
自己のオリジナルにビリー・ストレイホーン、デューク・エリントン、ホレス・シルバー、ソニー・ロリンズの曲などを演奏しています。
共演はアーロン・パークス(p)、ベン・ストリート(b)、アダム・クルーズ(ds)、ニューヨークの最先端をいくトリオをバックにした作品です。

ここでもカフィーソは物怖じせず堂々と渡り合っています。
っていうか、主役は明らかにカフィーソでその感性の素晴らしさには驚嘆しました。
聴けば一目瞭然です・・・バックの3人も好演しています。
これも凄かった・・・どれを取っても第一級のアルト・サックス・ソロが聴けます。
ジャケットはいかにも甘いけれど中味には強烈な味が隠されていました。
背中がゾクゾクとして涙が出そうになった・・・ジャズは永遠に不滅です。
カフィーソの将来を期待せずにはいられません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

FRANCESCO CAFISO QUARTET / SEVEN STEPS TO HEAVEN [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO QUARTET / SEVEN STEPS TO HEAVEN

s98.jpg

francesco cafiso(as),
andrea pozza(p), aldo zunino(b), nicola angelucci(ds)
2006/Venus/

1 Seven Steps To Heaven
2 Green Chimneys
3 Yesterdays
4 On THe Trail
5 My Funny Valentine
6 Milestones
7 Crazeology
8 Skylark

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第五弾です。
先日紹介したVenusレーベルの「NEW YORK LULLABY」の録音が16歳の6月、
Camレーベルの「HAPPY TIME」が16歳の10月でした。
今作は17歳の1月の録音です。
今どきたった8ヶ月で3枚のアルバムをリリースするって珍しいんじゃないかな。
それだけ注目されていた証拠ですね。

Venusレーベルのスタンダード作品集の第二弾です。
さすがに大スタンダード集なので消化不良になった部分もありました。
惜しかったのは(5)「MY FUNNY VALENTINE」で解釈は新鮮でもやや迷いを感じました。
タンゴ・・・意図は分かるんだけどねぇ~・・・いまひとつ突き抜けなくて残念です。
特に素晴らしかったのは(2)「GREEN CHIMNEYS」でこれにはインパクトがありました。
ドラムとのコンビネーションは圧巻です。
これを聴いたら誰もがカフィーソの天才を疑わないと思います。
あと、ドラマーのニコラ・アンジェルッチにも注目しました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

FRANCESCO CAFISO QUARTET / HAPPY TIME [Jazz Alto Sax]

*FRANCESCO CAFISO QUARTET / HAPPY TIME

s99.jpg

francesco cafiso(as)
riccardo arrighini(p), aldo zunino(b), stefano bagnoli(ds)
2006/CamJazz/

1 Louisiana
2 She Loves Me
3 Happy Time
4 Anabel
5 Blues For Angel
6 Sir Charles
7 Goodbye Elvin
8 The Bear

さかのぼって聴くフランチェスコ・カフィーソの第四弾です。
先日紹介したVレーベルの「NEW YORK LULLABY」の録音が16歳の6月で今作は10月です。
前者が全曲スタンダードならこちらは全曲カフィーソのオリジナルになっています。
一対のアルバムと考えてもいいかもしれませんね。

(3)「HAPPY TIME」を除いては全て誰かに捧げる曲になっています。
(1)「LOUISAINA」はジェームス・ウィリアムス(p)、(7)「GOODBYE ELVIN」はエルヴィン・ジョーンズ(ds)、(5)「BLUES FOR ANGEL」はお父さん、(2)「SHE LOVES ME」はガールフレンドといった具合です。
そんなことを考えながら演奏している時が「一番幸せ」ということなんでしょうね。

聴いてみるとカフィーソは作曲家としても非凡な才能を持っていました。
やはり相当違う・・・普通じゃない・・・ただ上手いだけのジャズ好きな若者ではありません。
緩急を問わない抜群のリズム感といい、多彩で自由自在な表現力といい、まだまだ成長途上です。
前述の(7)「GOODBYE ELVIN」なんかもいい感じで聴けました。
言い古された言葉でも使うしかないですね・・・「とても16歳には思えない。」
ジャズ全盛期の50年代に出現した多くのジャズ天才児に匹敵するのではないかな。
これからどう成長していくのか、本当に楽しみです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

前の10件 | - Jazz Alto Sax ブログトップ