So-net無料ブログ作成
検索選択
Jazz Guitar ブログトップ
前の10件 | -

DAVID GILMORE QUINTET / TRANSITIONS [Jazz Guitar]

*DAVID GILMORE QUINTET / TRANSITIONS

image1207.jpg

david gilmore(g), mark shim(ts),
victor gould(p), carlo derosa(b), e.j.strickland(ds),
gregoire maret(harmonica)(4), bill ware(vib)(8)
2017/Criss Cross/

1 End Of Daze (D.Gilmore)
2 Beyond All Limits (W.Shaw)
3 Blues Mind Matter (B.Hutcherson)
4 Blusette (T.Thielemans)
5 Both (A.Peacock)
6 Spontanuity (D.Gilmore)
7 Kid Logic (V.Bailey)
8 Farralone (B.Hutherson)
9 Nem Un Talvez(H.Pascoal)

デヴィッド・ギルモア(g)はM-Base派ですね。
スティーヴ・コールマン(as)&ファイブ・エレメンツの一員でした。
共演のマーク・シム(ts)もその流れのサックス奏者です。
ちなみにその一派で重要なのは前述のスティーブ・コールマン(as)、グレッグ・オスビー(as)、ジェリ・アレン(p)、ゲイリー・トーマス(ts)、カサンドラ・ウィルソン(vo)らがいます。
私が一番好きなのはゲイリー・トーマスです。

久々にM-Base派のジャズを聴きましたが面白かったです。
未だに新鮮さは失っていないと同時に聴き易くなっていると思います。
先進的で頭でっかちなところもあったけれどだいぶ丸くなってきています。
最近は聴き易いものばかりを聴いていたのでもの凄く新鮮で毎日愛聴していました。
今週のもう一枚もサム・リバース(ts)なのでジャズにどっぷり浸かった気がします。
待望の春を迎えて気分も元気になっているのかもしれません。

どの曲も良かったけれど好みではボビー・ハッチャーソン(vib)の(3)と(8)が出色でした。
展開やリズムに工夫が見られる(6)や(7)もお気に入りになりました。
ゲストがハーモニカとヴァイブというのもよく考えられた選択だと思います。
アルバムの流れに変化が出て曲想も多彩で飽きさせません。
演奏内容も素晴らしく構成もよく考えられている・・・今年聴いた中では一番いいかな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

RUSSELL MALONE QUARTET / LOVE LOOKS GOOD ON YOU [Jazz Guitar]

*RUSSELL MALONE QUARTET / LOVE LOOKS GOOD ON YOU

image1205.jpg

russell malone(g),
rick germanson(p), gerald cannon(b), willie jones Ⅲ(ds)
2015/Highnote/

1 Soul Leo (M.Miller)
2 Love Looks Good On You (R.Malone)
3 The Elder (T.Jones)
4 Ellie's Love Theme (I.Hayes)
5 Your Zowie Face (L.bricusse/J.Goldsmith)
6 Mirrors (J.Chambers)
7 Amsterdam After Dark (G.Coleman)
8 Lift Ev'ry Voice And Sing (J.W.Jhonson/J.R.Jhonson)
9 Suite Sioux (F.Hubbard)

ラッセル・マローンは現在のギタリストでは一番好きです。
オーソドックスなスタイルで尖がったところがなくて安心感があります。
ギタリストに関してはロック系よりもジャズ系、ソウル系の方がしっくりきます。
これは私の好みや年齢が影響していると思います。
聴くジャズも先鋭的で過激なものより安らぎを求める保守的なものになってしまったから。
疲れそうなものは避けて通っています。

ここはまたメンバーや選曲もシブいです。
いかにもマローンの好みが表れているようで微笑ましく思いました。
リック・ジャーマンソン(p)、ジェラルド・キャノン(b)、ウィリー・ジョーンズ(ds)の起用はセンス抜群です。
今ひとつ地味な感じがするメンバー構成ですが彼らなら確実にスイングしてくれますから。
隠れたモダン・ジャズの名曲にも陽を当てていますね。
マルグリュー・ミラー(p)、サド・ジョーンズ(tp)、ジョー・チェンバース(ds)、ジョージ・コールマン(ts)、フレディ・ハバード(tp)など。
個人的にはアイザック・ヘイズの(4)「Ellie's Love Theme」は嬉しかった。
(5)、(8)もめったに聴けない曲だけどマローンのこだわりを感じます。
表題曲になった(2)「Love Looks Good On You」はマローンのオリジナルです。
これがまた凄くいいんだなぁ~・・・やさしくて柔らかくて美しい・・・私は一発で参ってしまいました。
落ち着いたギター・カルテットでお勧めです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(くつろぎ系)

ALESSIO MENCONI TRIO / PLAYS ELLINGTON AND STRAYHORN [Jazz Guitar]

*ALESSIO MENCONI TRIO / PLAYS ELLINGTON AND STRAYHORN

image1196.jpg

alessio menconi(g), alberto gurrisi(org), alessandro minetto(ds)
2016/Abeat Records/

1 Upper Manhattan Medical Goup (B.Strayhorn)
2 Lush Life (B.Strayhorn)
3 It Don't Mean A Thing (D.Ellington)
4 Sophisticate Lady (D.Ellington)
5 Isfahan (B.Strayhorn)
6 Day Dream (B.Strayhorn)
7 Things Ain't What They Used To Be (D.Ellington)
8 Chelsea Bridge (B.Strayhorn)
9 Caravan (D.Ellington/J.Tizol)

アレッシオ・メンコニ(g)は初見です。
イタリア人ギタリストによるエリントン&ストレイホーン作品集です。
ジャケットに惹かれたのと馴染みの曲が多かったので手が伸びました。
初めて聴く人でヨーロッパのオルガン・トリオなのでどうかなと半信半疑だったです。
でもね、聴いてみると意外に良かったです。
パソコンをやりながらずっとBGMで聴いていたけどすんなりと耳に馴染んできました。
ベタベタ感が全くなくて、クリアなギターの音色に滑らかな音色のオルガンがピタリと合っていました。
オルガン入りでも無理にソウル色を演出していないのが良かったと思います。
反面、オルガンに粘っこさを求める人には向いていません。

フランスのエディ・ルイス(org)盤もそうでしたがヨーロッパのオルガンは一般的にスマートなのかも。
スイング感に溢れるストレートな演奏なので安心して聴くことが出来ました。
安定感のあるギタリストですが(3)「It Don't Mean A Thing」における速弾きは見事です。

私はほとんどの場合、CDショップで実際に目で見て手に取って買う作品を選んでいます。
それが私の聴き方ですが今作は落ち着いた作風で当たりでした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

RUSSELL MALONE QUARTET / SWEET GEORGIA PEACH [Jazz Guitar]

*RUSSELL MALONE QUARTET / SWEET GEORGIA PEACH

image479.jpg

russell malone(g)
kenny barron(p), ron carter(b), lewis nash(ds)
1998/Impulse/

1 Mugshot
2 To Benny Golson
3 Strange Little Smile/With You I'm Born Again
4 Sweet Georgia Peach
5 Rise
6 Mean What You Say
7 Song For Darius
8 Bright Mississippi
9 Someone's Rocking My Dreamboat
10 For Todders Only
11 Swing Low, Sweet Chariot
12 Yesterdays

改めて聴いてみるとラッセル・マローンのギター・テクニックが凄いです。
キッチリと音が出てくる・・・その美しい音色とギター・プレイが素晴らしいです。
加えてケニー・バロンのピアノがまたいいんだな。
BGMで聴いていてもつい二人の演奏に耳が傾いてしまいます。
ピッタリとハマった4人のコンビネーションも聴きどころです。

「レビュー時のコメント」
ラッセル・マローンはダイアナ・クラ―ルとの共演で知られていますが、骨太のサウンドで個性的だと感じました。
共演者もケニ―・バロン(p)、ロン・カーター(b)、ルイス・ナッシュ(ds)と渋い組み合わせで、好感がもてます。
ここでは、特にピアノがいいです。

ラッセル・マローンのインパルス移籍第一弾。
曲よし、メンバーよし、プレイよしのゴキゲンな作品。
H.アルバートの大ヒット作「ライズ」もやってます。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールドディスク

(中間系)

GRAHAM DECHTER QUARTET / TAKIN' IT THERE [Jazz Guitar]

*GRAHAM DECHTER QUARTET / TAKIN' IT THERE

sonet830.jpg

graham dechter(g),
tamir hendelman(p), john clayton(b), jeff hamilton(ds)
2012/Capri Records/

1 Road Song
2 Be Deedle Dee Do
3 Chega De Saudade (No More Blues)
4 Together G Apart
5 Talkin' If There
6 Father
7 Grease For Graham
8 Hocur Pocus
9 Come Rain Or Come Shine
10 Amanda / Every Time We Say Goodbye

グラハム・デクター(g)は初見、今作は2枚目のリーダー・アルバムです。
グラハムは西海岸を中心に活動しているようでクレイトン・ハミルトン・ジャズ・オーケストラや
マイケル・ブーブレ(vo)などとの共演もあります。

演目を見た時、中々に面白そうな選曲だと思いました。
ウェス・モンゴメリーにバーニー・ケッセル系のギタリストということはすぐに分かりますね。
ジョビンのボサノバ、ジョージ・コールマン(ts)とリー・モーガン(tp)のバップ曲が含まれ、
スタンダードはハロルド・アーレンとコール・ポーターです。

グラハムのギター・プレイは端正でストレート・・・実にオーソドックスでした。
上品で美しい音色はクセがなく聴き易いです・・・テクニックも申し分ありません。
注目したのはジョージ・コールマンの(6)「FATHER」です。
コールマンの作品が選ばれること自体が珍しいのでどんなものかと思いました。
やっぱりというか、予想通りというか・・・これが一番の聴きどころだったです。
スイング感溢れる素晴らしいギターの4ビート・ジャズが聴けました。
モーガンの(8)「HOCUS POCUS」では早弾きプレイ、
(9)「COME RAIN OR COME SHINE」ではブルージーなギター・プレイが聴けます。
バラードの(10)「AMANDA/EVERY TIME WE SAY GOODBYE」もニクイ演出で閉じる。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

TAL FARLOW QUARTET / AUTUMN IN NEW YORK [Jazz Guitar]

*TAL FARLOW QUARTET / AUTUMN IN NEW YORK

s823.jpg

tal farlow(g),
gerry wiggins(p), ray brown(b), chico hamilton(ds)
1954Rec/Verve /

1 I Like To Recognize The Tune
2 Strike Up The Band
3 Autumn In New York
4 And She Remembers Me
5 Little Girl Blue
6 Have You Met Miss Jones
7 Tal's Blues
8 Cherokee

ジャズ再発廉価版シリーズの1枚です。
ちょうどこの時期にふさわしい「AUTUMN IN NEW YORK」の題名が目に入りました。
タル・ファーロー・・・久し振りにスイング系ジャズ・ギター奏者も聴きたかった。
共演のレイ・ブラウン(b)やチコ・ハミルトン(ds)のプレイにも興味ありです。

基本的にタルは急速調の超絶技巧が売りのギタリストです。
だからどうしても哀愁やムードには欠けてしまう気がします。
正直、バラードはいまひとつだと思います。
でも速い曲になればなるほどその本領を発揮してきます。
最大の聴きどころは(8)「CHEROKEE」・・・これがもう信じ難い驚異的なプレイです。
ジャズ・ギタリスト、タル・ファーローの真髄がここにありました。
ここでのチコ・ハミルトンのブラッシュ・ワークがまた素晴らしいです。

ちなみにタルの本業はペンキ屋さんだそうです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(くつろぎ系)

PAT METHENY UNITY BAND [Jazz Guitar]

*PAT METHENY UNITY BAND

sonet1564.jpg

pat metheny(g), chris potter(ts), ben Williams(b), antonio sanchez(ds)
2012/Nonesush /

1 New Year
2 Roofdogs
3 Come and See
4 This Belongs to You
5 Leaving Town
6 Interval Waltz
7 Signals (Orchestrion Sketch)
8 Then and Now
9 Breakdealer

パット・メセニー(g)の新譜です。
近年、メセニーも精力的な活動が続いています。
前作はソロ・ギターでしたが今度は強力なグループを組んできました。
最も刺激的なサックス奏者のクリス・ポッターと暴れん坊ドラマーのアントニオ・サンチェス、ベースのベン・ウィリアムスは2009年のモンク・コンペの優勝者で期待の若手です。
全9曲は全てメセニーのオリジナルです。
メセニーはアコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを使い分けて新味を出しています。

メンバー構成からみても先進のジャズが聴けるのは予想できました。
予想通りスリリングな展開になっています。
ファンキーな(3)「Come and See」、スピード感溢れる(9)「Breakdealer」、凝った演出の(7)「Signals」が印象に残りました。
メセニー、ポッター、サンチェス、ウィリアムスの4人が真正面からぶつかり合います。
この夏の熱い1枚ではありますね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

JONATHAN KREISBERG QUINTET / SHADOWLESS [Jazz Guitar]

*JONATHAN KREISBERG QUINTET / SHADOWLESS

sonet1209.jpg

jonathan kreisberg(g), will vinson(ts,p),
henry hey(p), matt penman(b), mark ferber(ds), rich stein(tam)(6)
2011/New for Now/

1 Twenty One
2 Stir The Stars
3 Shadowless
4 Zembekiko
5 Long, Like A Mercury Day
6 The Common Climb
7 Defying Gravity
8 Nice Work If You Can Get It

ジョナサン・クレイスバーグのギターは個性的で面白いと思います。
1曲を除いては全てクレイスバーグのオリジナルです。
クレイスバーグはいわゆる新感覚ギタリストの一人ですが、
代表格のカート・ローゼンウィンケルとは一味違う感性を持っています。
陽性で明るく、弾むような飛び跳ねるようなサウンドが特徴的です。
コンテンポラリーでフュージョン・テイストもあります。
そんな彼の音楽性を十分に楽しむことができました。
ピアノとギターの絡み、ドラムスのハジケ具合は現在の流行ですね。
ピアノやテナーとのユニゾンも魅力・・・ウィル・ヴィンソン(ts)との相性もピッタリです。
ヘンリー・ヘイズ(p)もクレイスバーグと同じ感覚を持っているのでドンピシャの人選です。
じっくりと練り上げられた完成度の高いアルバムだと思います。

クレイスバーグ、マット・ペンマン(b)、マーク・フィーバー(ds)の3人は2006年のライブで見ています。
ちなみにライブ・レポートではこんなことを書いていました。

「ジョナサン・クライスバーグは最近話題になっているギタリストでマット・ペンマンの近年の活躍も目立ちます。
3人共に30歳代前半の現役バリバリ、3人の超絶テクニックが凄いので3者3様の多彩なプレイが楽しめました。
クライスバーグはパット・メセニー級のテクニシャンでなめらかなギター、超高速フレーズには目を見張るばかりです。
ペンマンはすごく大きな手をしていて、まるでメロディー楽器のように軽々とベースを駆使しています。
マーク・ファーバーは硬質で決してスマートとは言えませんが繰り出すユニークなリズムには聴き応えがありました。
一見、学者風に見えてとてもミュージシャンとは思えませんでした」

強烈な印象を残したライブでしたがこのトリオはずっと続いているようですね。
気心の知れた3人のラインがキッチリとしているので安定感があります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

JOAO GILBERTO [Jazz Guitar]

*JOAO GILBERTO

s1066.jpg

joao gilberto(g,vo), etc
1973/Polydor/

輸入ジャズ廉価版シリーズの1枚です。
ボサノバといえばこのジョアンジルベルト(g,vo)も忘れてはいけませんね。
アントニオカルロスジョビンと共にボサノバの生みの親とも言えます。
というわけでボサノバの雰囲気を味わうには最適なアルバムです。
声質、ギターの音色共に申し分ありません。
波打ち際の波に揺られているような気がする・・・。
まるでゆりかご・・・のんびりとけだるくて眠くなってしまいます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

余談
スタン・ゲッツ(ts)と組んだ「ゲッツ/ジルベルト」は大ヒットしましたね。
ジャズ&ボサノバの魅力を広く世に知らしめた作品です。

JOE PASS & PAULINHO DA COSTA / TUDO BEM ! [Jazz Guitar]

*JOE PASS & PAULINHO DA COSTA / TUDO BEM !

sonet1183.jpg

joe pass(g), paulinho da costa(per),
don grusin(key), oscar castro neves(g), octavio bailey(b), claudio slon(ds)
1978/PABLO/

1 Corcovado
2 Tears
3 wave
4 Voce
5 If You Went Away
6 Que Que Ha ?
7 The Gentle Rain
8 Barquinho
9 Luciana
10 I Live To Love

輸入ジャズ廉価版シリーズの1枚です。
ジョー・パス(g)のボサノバ・アルバムってどんなだろうかと思いました。
パスとパーカッション奏者のパウリーニョ・ダ・コスタの共演盤です。
ブラジルのリズム・セクションにドン・グルーシンがキー・ボードで参加しています。

ボサノバ・テイストを期待するとちょっと違っていました。
名手ジョー・パスにしても感性の違いはいかんともしがたいような気がします。
ボサノバ特有ののんびりとした気だるさに欠けているんですね。
でも、ジャズ・アルバムとしては十分に通用しますよ。
ブラジルのリズムに乗ったスピード感溢れるパスのギター・プレイが聴けます。
(3)「WAVE」の展開は新鮮、(7)「THE GENTLE RAIN」は心地良かった。
ジョー・パスの異色作です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

前の10件 | - Jazz Guitar ブログトップ