So-net無料ブログ作成
検索選択

JOE MARTIN QUARTET / NOT BY CHANCE [Jazz Bass]

*JOE MARTIN QUARTET / NOT BY CHANCE

image452.jpg

joe martin(b),
chris potter(ts), brad mehldau(p), marcus gilmore(ds)
2009/ANZIC/

1 Semente
2 In The Meamtime
3 Cache
4 A Dream
5 The Balloon Song
6 Once Before
7 Far
8 Not By Chance
9 The Stoic

久々に聴いたけれどやはり良かった。
ポッターとメルドーの絡みに興奮しました。
貴重盤です。

「レビュー時のコメント」
ここはメンバーが魅力です。
思うに久しくクリス・ポッター(ts)やブラッド・メルドー(p)のアルバムを買っていません。
リーダー作はいまひとつ食指が動かず、探し当てたのがこのジョー・マーティン(b)の作品です。
ポッターとメルドーの二人が共演しているのは幸運でした。
ジャコ・パストリアス(elb)の1曲を除いては全てマーティンのオリジナルです。

リーダーのマーティンの音楽性に合わせて比較的オーソドックスな演奏が聴けました。
ポッターもメルドーもあまりに独自色が出るとつらい部分があるので丁度いい案配です。
とはいうもののこの二人の絡みにはスリルがありました。
特にメルドーのピアノが素晴らしい・・・印象的・・・弾くというより奏でる感じがします。
個性あるメルドーのバッキングに乗ってポッターのサックスがうねります。
ドラムのマーカス・ギルモアにもセンスを感じました。
祖父があのロイ・ヘインズ(ds)という血筋の良さです。
ちなみに今作はいずれ「幻の名盤」になる可能性が高いと思いますよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

OMER AVITAL QUINTET / LIVE AT SMALLS [Jazz Bass]

*OMER AVITAL QUINTET / LIVE AT SMALLS

sonet1489.jpg

avishai cohen(tp), joel frahm(ts),
jason lindner(p), omer avital(b), johnathan blake(ds)
2011/Smallslive/

1 Theme For A Brighter Future
2 Magic Carpet
3 One
4 Bass Intro
5 Anthem To Life
6 Blues For Tardy
7 D-Bass
8 (...Just Some) Small Time Shit

「ライブ・アット・スモールズ」の1枚です。
このシリーズは現在のニューヨークのジャズが聴けるということで注目しています。
プレイヤーも自由にやらせてもらっているようでオリジナル曲が多いです。
私もこのところで何枚か買いましたが全体的に重たい作りになっています。
以前だったらこれくらいは何でもなかったですが年なので軟弱になったのかもしれませんね。
正直、ちょっとしんどい時もあるけれど負けてはいられないとも思います。

今作は全曲オマー・アヴィタル(b)のオリジナルです。
イスラエル出身のアヴィシャイ・コーエン(tp)とのコンビは中近東の香りもします。
(3)「ONE」ではその雰囲気を十分味わえました。
あとのメンバーはジョエル・フラーム(ts)、ジェイソン・リンドナー(p)、ジョナサン・ブレイク(ds)です。
重厚な作りはかのチャールス・ミンガス(b)に相通じるところもあります。
最近のベースマンはあんまりミンガス・テイストは出さないのでかえって新鮮な感じもします。
ベストは14分強の(2)「MAGIC CARPET」でしょうね。
途中から展開されるピアノ・トリオではグイグイと盛り上がる抜群なノリに痺れました。
作りが重いのでスピード感のある演奏がいいです。
(5)「ANTHEM TO LIFE」ではアヴィシャイのトランペット、ジョエルのテナーが吼えました。

とっつきはいまひとつだと思いますが何度か聴いているうちに段々良くなってきます。
特にリンドナーのピアノとブレイクのドラムスに注目しました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

BEN WOLFE QUINTET / LIVE AT SMALLS [Jazz Bass]

*BEN WOLFE QUINTET / LIVE AT SMALLS

sonet223.jpg

ben wolfe(b), luis perdomo(p), gregory hutchinson(ds),
marcus strickland(ts), ryan kisor(tp)
2011/Smalls Live/

1 Block 11
2 For The Great Sonny Clark
3 Telascope
4 Contraption
5 Unjust
6 I'll Know You More
7 Double Czech
8 Coleman's Cab
9 The Trade

ベーシスト、ベン・ウルフ・クインテットのライブ盤です。
ベンはハリー・コニック・Jr(p,vo)、ウィントン・マルサリス(tp)、ダイアナ・クラール(p,vo)等と共演しています。

今作はメンバーに惹かれたところがあります。
しばらく名前を見なかったライアン・カイザー(tp)とマーカス・ストリックランド(ts)のフロント2管。
ラテン系ピアニストのルイス・ペルドモに注目のグレゴリー・ハッチンソン(ds)が参加していました。

全9曲はベン・ウルフのオリジナルで全体的には一筋縄ではいかない曲が並んでいます。
作曲家、アレンジャー、コンポーザーとしての才能もあります。
(2)はどこかで聴いたことがある曲調だと思ったら「FOR THE GREAT SONNY CLARK」の題名でした。
ソニー・クラークは日本では「クール・ストラッティン」が大人気ですがアメリカではイマイチと聞いています。
こういうのが出てくると嬉しいですね。

やはりハジケ具合、ひねくれ具合で面白いのはストリックランドとハッチンソンでした。
予想外のソロを響かせるストリックランドにビシバシと煽りまくるハッチンソンは刺激的です。
1曲目の「BLOCK 11」から二人の魅力が全開しています。
この二人と比較的オーソドックスなスタイルのカイザーとペルドモの対比が面白いです。
間に入ったベンがどのようにまとめているのかが聴きどころになります。
(4)「CONTRAPTION」にはこのグループの色んな要素が入っていて10分超の一番の長丁場です。
(3)「TELESCOPE」、(5)「UNJUST」は親しみのあるテーマで聴き易いです。
(6)「I'LL KNOW YOU MORE」はストリックランドのワン・ホーンでただ1曲のバラード
(8)「COLEMAN'S CAB」はベース・ソロから入るラテン調の曲でペルドモのピアノが生きます。
録音状態はかなり雑な感じ、特に主役のベース音が聴きにくいのが難点です。

ニューヨークの「SMALL」では毎夜このようなライブが繰り広げられているかと思うと興奮しますね。
この「Smalls Live」はコンテンポラリーなジャズ・ライブを聴くには見逃せないレーベルです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

KUNIMITSU INABA QUINTET / BASSIN' [Jazz Bass]

*KUNIMITSU INABA QUINTET / BASSIN'

image445.jpg

稲葉國光(b)
中牟礼貞則(g)(1,2,3,4,5,6,8)、峰厚介(ts)(1,2,3,4,5,7)、
山本剛(p)(3,4,9,10)、岩崎佳子(p)(1,2,5,7,8)、関根英雄(ds)
2010/Little Pumpkin/

1 You Are My Everything
2 You Stepped Out Of A Dream
3 HI-Fly
4 Well You Needn't
5 You Go To my Head
6 Conversation #2
7 A Ghost Of A Chance
8 Este Seu Olhar
9 Sweet Sensation
10 In The Wee Small Hours Of The Morning
11 Alone Together

稲葉國光(b)さんの唯一のリーダー・アルバムは貴重です。
すでに入手困難になっているようですね。
つくづく日本のジャズ・ファンは目ざといと思います。

「レビュー時のコメント」
ジャズ・ファンなら稲葉國光さんの名前を知らない人はいないんじゃないかな。
それほどの名ベーシストの初めてのリーダー作だそうです。
「そうだったのか・・・」 私は信じられない思いがしました。
デビューしてから半世紀余り、すでに2枚や3枚のアルバムは出していて当然でしょう。
これも稲葉さんの人柄によるものか。
それこそ縁の下の力持ちというか、バックに徹していて表面に出ようとしません。
渡辺文男(ds)さんが「地味なんだよね」と話していました。
この二人がバックを務めたバリー・ハリス(p)の「ライブ・アット・DUG」の名盤もあります。

稲葉さんが共演した国内外有名ジャズ・ミュージシャンは数知れず、アン・バートン(vo)もお気に入り
中牟礼貞則(g)さんとの付き合いは長く若い頃は一緒に住んで徹夜で練習したそうです。
それが(6)の「CONVERSATION #2」のデュオです。
アルバムの中に稲葉さんの指の写真がありますが角張った分厚い指をしています。
ある人が「稲葉さんの指は楽器の一部になっている」と言いました・・・けだし名言です。

選曲を見るとそのまま稲葉さんのジャズ人生が見えるようです。
曲名のYOUをジャズやベースに置き換えるとそんな思いが感じられます。
モダン・ジャズの名曲、ウェストンの(3)「HI-FLY」、モンクの(4)「WELL YOU NEEDN'T」がいい。
ここには抜群のスイング感を支えるベーシストがいます。
バラードなら(7)「A GHOST OF A CHANCE」が聴きどころになるかな。

中牟礼さん、峰厚介(ts)さん、山本剛(p)さんは日本を代表するプレイヤーです。
岩崎佳子(p)さんはラテン系を得意にするピアニストで稲葉さんとよく一緒に演奏しています。
関根英雄(ds)さんはグングンと突っ走るドラマーで見に行くと元気がもらえます。

やっぱり、ここには稲葉さんの人生が詰まっていました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

RUFUS REID & THE OUT FRONT TRIO / HUES OF A DIFFERENT BLUE [Jazz Bass]

*RUFUS REID & THE OUT FRONT TRIO / HUES OF A DIFFERENT BLUE

s548.jpg

rufus reid(b), steve allee(p), duduka da fonseca(ds),
guests: tonihno horta(g,vo),(3,4,11), bobby watson(as)(3,6,14)
freddie hendrix(tp)(3,8,14), jd allen(ts)(3,7,14)
2011/Motema/

1 It's The Nights I Like
2 Candango
3 When She Smiles Upon Your Face
4 Francisca
5 Come Rain Or Come Shine
6 These Foolish Things
7 Lover Burellian Bicycle Loop
8 The Eloquent One
9 Manhattan Style
10 Memories Of You
11 Mother And Child
12 Summer's Shadow
13 I Can't Explain
14 Hues Of A Different Blue

ベテラン・ベーシスト、ルーファス・リードの新譜を買ってみました。
どうやら近年は西海岸を中心に活躍しているようです。
ルーファス・トリオというよりここで気になったのはゲストの方でした。
名手ボビー・ワトソン(as)とブラジルのトニーニョ・オルタ(g,vo)の名前を見つけました。
そして今作にはその二人とルーファスのデュオが収録されていました。
ボビーとの(6)「THESE FOOLISH THINGS」、トニーニョとの(4)「FRANCISCA」が素晴らしい。
若手のJD・アレン(ts)やフレディ・ヘンドリックス(tp)をフューチャーした(7)、(8)も良かった。
(11)「MOTHER AND CHILD」でもトニーニョの存在感は圧倒的です。
「The Out Front Trio」はブラジル&フュージョン風味を持つ爽やかトリオという感じがしました。
全体的にはゲストとの絡みが聴きどころになりますが構成がよく飽きさせません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

DAVE HOLLAND OCTET / PATHWAYS [Jazz Bass]

*DAVE HOLLAND OCTET / PATHWAYS

s48.jpg

dave holland(b),
antonio hart(as,fl), chris potter(ts,ss), gary smulyan(bs),
alex "sasha" sipiagin(tp,fhn), robin eubanks(tb),
steve nelson(vib,marimba), nate smith(ds)
2009/Dare2 Records/

1 Pathway
2 How's Never ?
3 Sea Of Marmara
4 Ebb And Flow
5 Blue Jean
6 Wind Dance
7 Shadow Dance

デイブ・ホランド(b)の今作は昨年の「みんなのベスト3」に二人の方が推奨していました。
同傾向のアルバムは何枚か出ていますが私が聴くのは久し振りです。
この原型が出来たのはECM時代のデイブ・ホランド・クインテットです。
ホランド、スティーヴ・ネルソン(vib)、クリス・ポッター(ts)、ロビン・ユーバンクス(tb)が参加していました。

ホランドのサウンドの特徴はヴァイブを起用したピアノレスにあると思います。
これが実に効果的でポッター(ts)やゲイリー・スマリアン(bs)の重たいプレイを和らげています。
サウンドの広がりが幻想的で軽やかになりました。
このハーモニーの良さは(3)「SEA OF MARMARA」で聴くことができます。

このグループのライブは最高でしょうね。
見てみたいですが来日することはあるんだろうか。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

KIYOSHI KITAGAWA TRIO / I'M STILL HERE [Jazz Bass]

*KIYOSHI KITAGAWA TRIO / I'M STILL HERE

s157.jpg

kiyoshi kitagawa(b), danny grissett(p), brian blade(ds)
2007/ATELIER SAWANO/

1 KG
2 Short Story
3 Ciao Ciao
4 Another Prayer
5 Tomorrow
6 Innocent Mistake
7 I'm Still Here

2008年の最初の愛聴盤は日本人ベーシストのリーダー・アルバムになりました。
北川潔さんは小曽根真トリオで一気に知名度が上がったと思っています。
澤野工房から出した前2作のピアニストはベテランのケニー・バロンでした。
今作は若手のダニー・グリセットということで初めてやりたいことができたような気がします。
ブライアン・ブレイドは3枚目で相性が良く、気心も知れてきたのでコンビネーションは抜群です。
全7曲は自身のオリジナルで占められ曲想豊か、リズムも多彩なので飽きさせません。
1曲目からスーッと入っていって後半になるほど、よりスリリングな展開になってきます。
よく伸びる強靭なベースの音が前面に出てくるので重量感のあるピアノ・トリオが聴けます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

YOSHIO SUZUKI TRIO / FOR YOU [Jazz Bass]

*YOSHIO SUZUKI TRIO / FOR YOU

s965.jpg

yoshio"chin"suzuki(b), tadataka unno(p), cecil monroe(ds)
2007/ONE JASRAC/

1 What Kind Of Fool Am I
2 Soon
3 Falling In love With Love
4 For You
5 Roulette
6 Witchcraft
7 Summer Night
8 Triste
9 I Should Care
10 Dar That Dream

先日、鈴木良雄トリオを見に行った時に購入してきたアルバムです。
ライブでの演奏もほとんどこの中からの選曲だったので今でも記憶に残っています。
鈴木さんは何度も海野さんを紹介していたので、いかに期待して可愛がっているかが分かりました。
やはり、ここでの聴きどころも海野雅威(p)さんになるでしょうね。
鈴木さんとセシル・モンロー(ds)のベテラン二人がサポートしてご機嫌なアルバムに仕上がりました。
表題曲のオリジナル・バラードの「FOR YOU」はピアノとベースのデュオでじっくりと聴かせます。
海野さんの絶妙なタッチとしなやかで美しい音色、スイング感溢れる演奏を楽しむことができます。
これからの日本のジャズ・ピアノ界を担う若手の1人なのでこれからも注目していきたいと思っています。
ただピアニストにアタックの力強さや鋭さを求める人には少々物足りなく感じるかもしれませんね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

AVISHAI COHEN TRIO + 2 / AS IS...LIVE AT THE BLUE NOTE [Jazz Bass]

*AVISHAI COHEN TRIO + 2 / AS IS...LIVE AT THE BLUE NOTE

sonet86.jpg

avishai cohen(b,elb), sam barsh(p,key), mark guilliana(ds)
jimmy greene(sax), diego urcola(tp)
2007/HALF NOTE/

CD
1 Smash
2 Elli
3 Etude
4 Bass Suite
5 Feediop
6 Remembering
7 Caravan

DVD
1 Feediop
2 Samuel
3 One For Mark
4 NU Nu
5 Smash
6 Remembering
7 Caravan

チック・コリア&オリジンで名前を上げたイスラエル出身のアヴィシャイ・コーエン(b)の新譜です。
(7)の「CARAVAN」を除いては自身のオリジナル、CD&DVDの2枚セットは大徳用盤です。
パワフルでエネルギッシュ、その強靭なベース・プレイは当代随一と言っても過言ではないと思います。
中近東の香りを強く滲ませた個性的なサウンドはズシンと重たく響いてきます。
加えてエレキ・ベースのコンテンポラリーで濃い味付けは独自の音の世界を持っています。
この重厚さが今の私にはちょっとしんどいですが個性が強いだけにどっぷりとハマる人もいるでしょうね。
そんなわけで私はDVDの方が良かった・・・映像を見ながらの演奏でないと身が持ちません。
今作はアヴィシャイ・トリオにホーン奏者がゲスト出演するという形式です。
期待のサックス奏者のジミー・グリーンのソプラノ・サックスも満喫出来ます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(まじめ系)

DAVE HOLLAND QUINTET / CRITICAL MASS [Jazz Bass]

*DAVE HOLLAND QUINTET / CRITICAL MASS

s47.jpg

dave holland(b)
chris potter(ts ss), robin eubanks(tb), steve nelson(vib), nate smith(ds)
2006/DARE 2 RECORDS/

1 The Eyes Have It
2 Easy Did It
3 Vicissitudes
4 The Leak
5 Secret Garden
6 Lucky Seven
7 Full Circle
8 Amator Silenti

これもまた「ベスト3」に挙がった1枚です。
デイブ・ホランドのオリジナルが4曲、メンバーもそれぞれ1曲づつを提供しています。
ここは楽器の組み合わせの妙に最大の関心がありました。
テナー・サックス、トロンボーン、ヴァイブの組み合わせは案外珍しいのではないでしょうか。
このアンサンブルとハーモニーが聴きもの、
ポッターの(3)、中近東風味の(5)、(6)のインタープレイなどが聴きどころになりました。
ベースとドラムスの安定した強力なリズムセクションに支えられて伸び伸びとプレイしています。
前作のビックバンドの「Overtime」↓も評判になったけれど今度もいいです。
ホランドには独自の音楽空間を創り出していく手腕の確かさを感じました。
今作もバランスの取れたハイクオリティのジャズ・アルバムに仕上がっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)