So-net無料ブログ作成
Jazz Big Band ブログトップ

CHARLES TOLLIVER BIG BAND / WITH LOVE [Jazz Big Band]

*CHARLES TOLLIVER BIG BAND / WITH LOVE

sonet283.jpg

charles tolliver(tp)
david guy(tp), chris albert(tp), keyon harrold(tp)(1,3,7), david weiss(tp), james zollar(tp)(2,4,5,6),joe fiedler(tb)(3), clark gayton(tb), stafford hunter(tb), jason jackson(tb), aaron johnson(btb) , odd bashore(as), jimmy cozier(as)(5), craig handy(as,ss,cl,fl), billy harper(ts), bill saxton(ts,cl), howard johnson(bs,bcl), stanley cowell(p)(2,3,4), robert glasper(p)(1,5,6,7), cecil mcbee(b), victor lewis(ds), ched tolliver(g)(6)
2006/BLUE NOTE/MOSAIC RECORDS/

1 Rejoicin'
2 With Love
3 'Round Midnight
4 Mournin Variations
5 Right Now
6 Suspicion
7 Hit The Spot

先週のアンドリュー・ヒルで久々に聴いたチャールス・トリバー(tp)はやっぱり良かったです。
多分、同じ思いをした人もたくさんいたんでしょうね。
早速、トリバーをリーダーとしたビック・バンドのアルバムが登場してきました。
モンクの1曲を除いてはトリバーのオリジナル、コンダクターとしての才能もあると再評価しました。
メンバーには往年の仲間達、ビリー・ハーパー(ts)、スタンリー・カウエル(p)、セシル・マクビー(b)、ビクター・ルイス(ds)などの顔が見えます。
特筆すべきは期待のピアニスト、ロバート・グラスパーが起用されていることです。
ハービー・ハンコック派とみていましたが、こうなってくるともっと幅広く、奥行きがあるかも知れませんね。
分厚いアンサンブルとハーモニーをバックに各自のソロが展開され刺激的な内容になっています。
出来れば大音量で聴いてもらいたいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

GERALD WILSON ORCHESTRA / IN MY TIME [Jazz Big Band]

*GERALD WILSON ORCHESTRA / IN MY TIME

sonet841.jpg

gerald wilson(con,arr)
jon faddis(tp), frank greene(tp), jimmy owens(tp), jeremy pelt(tp)(1,6,7,10)
eddie henderson(tp)(1-5,8,9), mike rodrigues(tp)(6,7,10), sean jones(tp)(2,5,8,9)
benny powell(tb), dennis wilson(tb), douglas purviance(btb), luis bonnila(tp)(1,6,7,10)
kamasi washington(ts), gary smulyan(bs), ron blake(ts,fl)
sreve wilson(as,fl), jerry dodgion(as,ss,fl), dustin cicero(as), russell malone(g)
renee rosnes(p), peter washington(b), lewis nash(ds)
2005/MACK AVENUE/

1 Sax Chase
2 Dorian
3 Ray's Vision At The U
4 Blues For Manhattan
5 Lomelin
6 A.E.N
7 Musette
8 So What
9 Love For Sale
10 Jeri

ジェラルド・ウィルソンのアルバムを購入したのは実に40年ぶりになるでしょうか。
私はほとんどビック・バンド・ジャズを聴かないのでノーマークでしたが未だに現役で頑張っているとはまったく大したものです。
調べたら86歳でした。
2曲を除いてはオリジナルで(2)、(3)、(4)は「The Diminished Triangle」の副題で組曲になっています。
解説にはウエスト・コーストの味にニューヨークのスパイスが効いているとありました。
知っているところではジョン・ファディス(tp)、エディ・ヘンダーソン(tp)、ジミー・オーエンス(tp)、スティーブ・ウィルソン(as)、ゲイリー・スムリアン(bs)のベテラン、 他にもジェレミー・ペルト(tp)、シーン・ジョーンズ(tp)、ロン・ブレイク(ts)などの注目の若手が目白押しです。
ラッセル・マローン(g)、リニー・ロスネス(p)、ピーター・ワシントン(b)、ルイス・ナッシュ(ds)のリズム・セクションも新鮮ですね。
近年はクレイトン・ハミルトン・オーケストラに代表されるように洗練されたオシャレなサウンドが主流です。
このような本格的なジャズ・ビック・バンドは少ないのではないでしょうか。
まずは(1)の「SAX CHASE」での圧倒的な迫力に度肝を抜かれます。
サックス・バトルの後に入るラッセル・マローンのギターがまたたまりません。
少し大きめの音量で鳴らすと凝縮された濃厚なサウンドがスピーカーから飛び出してきます。
これぞビック・バンド・ジャズ、たまにはガーンと一発いくのもいいと思いますよ、頭の中がすっきりしました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム 」

(中間系)

TOM HARRELL / TIME'S MIRROR [Jazz Big Band]

*TOM HARRELL / TIME'S MIRROR

s1042.jpg

tom harrell(tp,flh), craig bailey(as,fl), mark gross(as,cl)
alex foster(ts,fl), don braden(ts), david schumacher(bs)
xavier davis(p), kenny davis(b), carl allen(ds), etc
1999/BMG/

1 Shapes
2 Autumn Leaves
3 Daily News
4 Dream
5 Chasin' The Bird
6 Sao Paulo
7 Time's Mirror
8 Train Shuffle

「レビュー時のコメント」
久し振りにビック・バンドのお薦めが登場しました、トム・ハレルのビック・バンド盤です。
彼はスタン・ケントンやウディ・ハーマン、メル・ルイス、ジョージ・ラッセル等のビック・バンドに在籍しただけあってなんとも心地良い乗りのビック・バンド・ジャズを聴かせてくれます。
アレンジは全てトム・ハレル自身が行っています、彼には才能があるんですねえ。
一聴の価値は十分にあると思うので是非聴いてみて下さい。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

SPIRIT OF LIFE ENSEMBLE / INSPIRATIONS [Jazz Big Band]

*SPIRIT OF LIFE ENSEMBLE / INSPIRATIONS

s721.jpg

SPIRIT OF LIFE ENSEMBLE
1998/PADDLE WHEEL/

1 Song For My Father
2 All Blues
3 Ornithology
4 Graceful Feeling
5 Sneak Out
6 Misty
7 Impressions
8 Make The World Know We'll Be Free
9 Aberjohn
10 L'odyssee' Africane

「レビュー時のコメント」
これはまた、とても面白いアルバムを見つけてしまいました。
ニューヨークのジャズ・クラブ「スィート・ベイジル」の看板バンドとして活躍している「スピリット・オブ・ライフ・アンサンブル」の本邦デビュー作だそうです。
12~18人のレギュラー・メンバーで活動しているビック・バンドで、ジャズを中心にファンク、ゴスペル、ラップ、レゲエ、カリビアン等あらゆるブラック・ミュージックを聴かせてくれるらしいです、
メンバーにはそれほど有名なミュージシャンはいませんが、キャリアは豊富な人が多いです。
このアルバムの評価は聴く人によって大分違うのではないかと思ってここに紹介しました。
選曲もバラエティに富んでいるので、ヴォーカルを中心にして私は結構楽しめましたけれど、みなさんがどう感じるか興味があります。
現在のニューヨークにおける旬のビック・バンドがどういうものであるかを、ちょっと聴いてみたい人には最適のアルバムだと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

Jazz Big Band ブログトップ