So-net無料ブログ作成
検索選択
Jazz Trombone ブログトップ

ANDY MARTIN-JAN LUNDGREN QUARTET / HOW ABOUT YOU ? [Jazz Trombone]

*ANDY MARTIN-JAN LUNDGREN QUARTET / HOW ABOUT YOU ?

sonet113.jpg

andy martin(tb)
jan lundgren(p), chuck berghofer(b), joe la barbera(ds)
2006/FRESH SOUND RECORDS/

1 The Song Is you
2 Why Shouldn't I ?
3 But Not For Me
4 I'm Old Fashioned
5 Carnival
6 Moon Ray
7 A New Town Is A Blue Town
8 Tabu
9 How About You ?
10 Gone With The Wind
11 Yesterdays
12 Good-bye

思うにトロンボーンのワン・ホーン・アルバムを買ったのは何年ぶりになるでしょうか。
前回は何だったか、全然思い出せないほどです。
このアルバムに惹かれたのも当然ながらヤン・ラングレン・トリオの方でした。
アンディ・マーティン(tb)はベテランのようですが初見、スタンダード作品集で安心して聴くことができます。
でも、やっぱり、主役はヤン・ラングレンだと思いました。
スーッと心に響いてくる心地良いタッチとセンスは只者ではありません。
彼はすでに独自の世界を持っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

JOHN FEDCHOCK NY SEXTET / LIVE AT THE RED SEA JAZZ FESTIVAL [Jazz Trombone]

*JOHN FEDCHOCK NY SEXTET / LIVE AT THE RED SEA JAZZ FESTIVAL

image432.jpg

john fedchock(tb), scott wendholt(tp,fhn), walt weiskopf(ts),
allen farnham(p), david finck(b), dave ratajczak(ds)
2010/Capri Records/

1 This Just In
2 That's All Right
3 Elvin's Empire
4 Moon Alley
5 Caravan
6 Not So New Blues

久々に聴いたけどいいです。
白熱のライブ盤、アレンジも新鮮で楽しめます。
トランペット&テナー・サックス&トロンボーンのフロント3管もジャズの王道ですね。
ふとカーティス・フラー(tb)を思い出しました。
もう10年以上聴いてないかも。

「レビュー時のコメント」
ジャケットを見た時にトロンボーンがリーダーの3管編成は面白そうと思いました。
3管といえばジャズ・メッセンジャーズやアート・ファーマーのジャズテットを思い出します。
しかし、イメージはちょっと違ってビックバンド風というか、よりモダンな展開を見せています。
ここはメンバー構成も興味深いものがありますね。
リーダーのジョン・フェドコック(tb)をはじめ、ビック・バンドで活躍したプレイヤーが多いです。
フェドコックのオリジナルが4曲にトム・ハレル(tp)とデューク・エリントンを取り上げています。
分厚いアンサンブルとハーモニーを十分に楽しむことができました。
(3)「ELVIN'S EMPIRE」~(4)「MOON ALLEY」はライブとは思えない完成度の高い演奏。
(5)「キャラバン」の盛り上がりも楽しめました。
ウォルト・ワイスコフ(ts)、スコット・ウェンドホルト(tp)、多才なアレン・ファーナム(p)のプレイも聴きどころ。
ビック・バンド・ファンにもお薦めできます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム

(中間系)

MICHAEL DEASE QUARTET / LET'S GET REAL [Jazz Trombone]

*MICHAEL DEASE QUARTET / LET'S GET REAL

image1140.jpg

michael dease(tb),
xavier davis(p), kengo nakamura(b), ulysses owens jr(ds)
2015/Spice Of Life/

1 Birdlike(F.Hubbard)
2 Broadway(W.H.Bird/T.McRae/H.Woodel)
3 Fuller Up(M.Dease)
4 My Funny Valentine(R.Rodgers)
5 Blues For Eijiro(M.Deease)
6 Say When(J.J.Johnson)
7 Entitlement(M.Deease)
8 You Are Not Alone(M.Ozone)
9 Donna Lee(C.Parker)
10 Trinkle Tinkle(T.Monk)
11 For Miles(M.Deease)

近年時々耳にしていた注目のトロンボーン奏者、マイケル・ディーズを買ってみました。
ジュリアード出身の逸材です。
衝撃のトロンボーンのワン・ホーン・アルバム
いや、凄いですね・・・至難の楽器トロンボーンをいとも簡単に駆使しています。
稀にみるテクニシャンで全てがスムーズに展開します。
実はこれが良いのか悪いのかをどう判断するかで今作品の評価が決まると思います。

私はテクニックを表面に出した速い曲はいまひとつでバラード~ミディアム・テンポに惹かれました。
バラードの(4)「My Funny Valentine 」、小曽根真さんの(8)「You Are Not Alone」、ミディアム・テンポの(2)「Broadway」、自作では(7)「Entitlement」が聴きどころになりました。
特に(4)は名演だと思います。

ザビエル・デイヴィスのピアノ・プレイも各所で輝きを放っていました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

STEVE DAVIS QUARTET / ELOQUENCE [Jazz Trombone]

*STEVE DAVIS QUARTET / ELOQUENCE

image416.jpg

steve davis(tb),
hank jones(p), nat reeves(b), joe farnsworth(ds)
guests:roy hargrove(tp), steve nelson(vib), john lee(bg)
2009/Jazz Legacy/

1 Yardbird Suite
2 How Deep Is The Ocean
3 Minor Contention
4 The Blues
5 It Could Happen To You
6 My Ship
7 Have You Met Miss Jones
8 Django
9 Road Song
10 Peedlum
11 Lament
12 When The Saints Go Marching In

このスティーヴ・ディヴィス(tb)の作品はハンク・ジョーンズ(p)の最晩年の参加作品です。
ハンクは2010年に91歳で亡くなっているのでこれが最後の正規録音になるかもしれませんね。
穏やかでやさしいピアノが聴けました。

「レビュー時のコメント」
中堅のトロンボーン奏者のスティーブ・デイビスの新作です。
デイビスはエリック・アレキサンダーの”ワン・フォー・オール”やチック・コリアの”オリジン”で知られています。
オランダのクリス・クロス・レーベルからリーダー作が何枚も出ています。
思うに私はほとんどトロンボーン奏者のアルバムは買っていません。
特別深い理由はないですがなんでだろう?
トロンボーン奏者そのものが極端に少なく地味なイメージもあって手が伸びないのかもしれませんね。
ドラ盤演奏者リストでもトロンボーン奏者はケビン・ユーバンクスがたった一人だけ。
それもサイド・マンなのでこれではどうしょうもない感じがしました。

ここではピアニストに大御所で91歳の怪物ハンク・ジョーンズを迎えてのストレートなジャズ作品です。
演目はそのハンクのオリジナルを含めてジャズの名曲ばかりです。
当然ながらJ.J.ジョンソン(tb)の名曲(11)「Lament」も入っています。
やっぱりハンク・ジョーンズに気を遣ったのか、聴き易いですがやや刺激に欠けると思いました。
しょうがない気もするけどデイビスの場合はもうちょっと鋭く尖がった方がいいですね。
ゲストにはロイ・ハーグローブ(tp)やスティーブ・ネルソン(vib)を迎えて新味を出しています。
セクステットで演奏されるのが(3)、(4)、(5)、ヴァイブを加えたクインテット編成が(7)、(8)です。
でも、今作は思い切ってワン・ホーンで通したほうが良かったかも。
(6)「My Ship」が最高の1曲でハンク・ジョーンズのソロも素晴らしい・・・これには参った。
ファンキーでノリノリのウエス・モンゴメリー(g)の(9)「Road Song」もいい。

ところでこのレーベルを買ったのは2枚目ですがジャケットがケースに収まらない特殊なデザインです。
この取り扱いには困りますがなぜこんなことになるのか、理解できません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

BOB McCHESNEY QUARTET & QUINTET / SCHEZ SEZ [Jazz Trombone]

*BOB McCHESNEY QUARTET & QUINTET / SCHEZ SEZ

image1120.jpg

bob mcchesney(tb), bob mintzer(ts)(1,5,8,9,10),
larry goldings(p,org), derel oles(b), bill stewart(ds)
2015/Moco Records/

1 YOU MAY HAVE IT WRONG (B.McChesney)
2 NATURALLY (N.Adderley)
3 THE PREAKNESS (L.Goldings/B.McChesney)
4 YESTERDAYS (J.Kern)
5 CHEZ SEZ (B.McChesney)
6 AWARENESS (L.Goldings)
7 IN YOUR OWN SWEET WAY (D.Brubeck)
8 THIS THING (B.McChesney)
9 GOING BACK (B.McChesney/L.Goldings)
10 I SHOULD CARE (A.Stordahl)
11 LOVE FOR SALE (C.Poter)

ジャケ買いです。
ボブ・マッチェスニー(tb)は初見・・・トロンボーン奏者の作品は久し振りです。
ここはメンバーにも興味を惹かれました。
ボブ・ミンツァー(ts)、ラリー・ゴールディングス(p,org)、ビル・スチュアート(ds)などが共演しています。

マッチェスニーのトロンボーンはウエスト・コースト・ジャズの流れを汲むクール・スタイルです。
まろやかでやさしく、実にスムーズに展開します。
ソフトに包み込むような音色の持ち主で名手だと思います。
至難の楽器トロンボーンをここまでコントロール出来る・・・私は驚いてしまいました。
こんな名手が隠れていたとは本当に世の中は広いですね。

全11曲はメンバーのオリジナル6曲とその他5曲の構成です。
曲想も多彩で選曲のバランス感覚にも優れています。
表題曲の(5)「Chez Sez」はピアノレス・カルテットで、その他ピアノやオルガン入りなど変化に富んでいます。
(2)「Naturally」はナット・ナダレイの美しいバラード曲、低音楽器によく似合う(4)「Yesterdays」、ブルーベックの(7)「In Your Own Sweet Way 」はオルガン入りで、クインテットの(10)「I Should Care」、ワンホーン・カルテットの(11)「Love For Sale」など聴きどころも多い。
オリジナルの各曲もそれに勝るとも劣らない仕上がりで特にゴールディングスの存在感が光る。

まぁ、素晴らしいです。
落ち着いていて安定感があります。
ベテラン・プレイヤー達による極上のハード・バップ・ジャズが聴けました。

[ ドラ流目立たないけどいいアルバム ]

(中間系)

Jazz Trombone ブログトップ