So-net無料ブログ作成
検索選択
Jazz Bass Clarinet ブログトップ

NAO TAKEUCHI DUO & TRIO / OBSIDIAN [Jazz Bass Clarinet]

*NAO TAKEUCHI DUO & TRIO / OBSIDIAN

s408.jpg

竹内直(bcl)
中牟礼貞則(g)、山下洋輔(p)、井上陽介(b)、江藤良人(ds)
2010/What's New Records/

1 Oblivion
2 Obsidian
3 Try A Little Tenderness
4 I Let A Song Go Out Of My Heart
5 Prelude
6 Beautiful Love
7 Kurdish Dance
8 All The Way
9 Shoter Than This
10 You Are My Everything

3月に竹内直さんのライブを聴きに行った時に入手しました。
その後であの大震災が起こって紹介するのが延び延びになりました。

これははっきりと面白いアルバムです。
バス・クラリネットだけの珍しくユニークな作品ということだけではありません。
オリジナル、ピアソラ、ショパン、エリントン、スタンダードetc・・・。
曲想も変化に富んでいて内容的にも充実した素晴らしい作品になりました。
それぞれがデュオかトリオで演奏されています。
こういうところもミュージシャン同士の対話を大事にする竹内さんのこだわりの一つだと思います。
バスクラ&ピアノ、ギター、ベース、ドラムスのデュオと色んな組み合わせのトリオが楽しめます。
どの曲もいいので目移りして選ぶのもむずかしいです。
多分、聴く人によって選ぶ曲がまったく違ってくるでしょうね。
私は(4)「I LET A SONG GO OUT OF MY HEART」、(6)「BEAUTIFUL LOVE」を選びました。

井上陽介(b)さんと江藤良人(ds)さんは竹内・カルテットのレギュラー・メンバーです。
ここに山下洋輔(p)さんと中牟礼貞則(g)さんが参加する興味深い顔合わせになりました。
竹内&中牟礼の組み合わせはライブでたまに聴くことがありますが中々面白いです。
ここでは(1)、(4)、(5)、(8)で聴けます。
一見異質なので緊張感が生じる・・・飄々とした二人のコラボレーションには味があります。
山下さんの変拍子、(7)「KURDISH DANCE」や(3)の展開も良かったです。
井上さんとの低音楽器同士のデュオ(2)、(6)、(10)にも注目しました。
(7)は江藤さんをフューチャーしたベースを加えたトリオです。

バス・クラだけのアルバムって今まで聴いたことがありません。
ジャズにおけるバス・クラリネットはエリック・ドルフィ(as)によって知られることになりました。
その音色は癒し系・・・人の声に近く、深く渋味のある音色は落ち着きます。
(注:バス・クラリネットはB♭調楽器、テナー・サックスやソプラノ・サックスと同じ)

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

Jazz Bass Clarinet ブログトップ