So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

YOICHI KOBAYASHI & J, MESSENGERS / NIAGARA [Jazz Drums]

* YOICHI KOBAYASHI & J, MESSENGERS / NIAGARA

image1310.jpg

phillip harper(tp), vincent herring(as), robin eubanks(tb),
david kikoski(p), essiet essiet(b), yoichi kobayashi(ds)
2019/Paddle Wheel/

1 Niagara Shuffle (Y.Kobayashi)
2 Along Came Betty (B.Golson)
3 Ping Pong (W.Shoter)
4 A Lovely Way To Spend An Evening (J.Mchugh)
5 Mornin' (B.Timmons)
6 Chiken An'Dumplings (R.Bryant)
7 Bu's Delight (C.Fuller)
8 Dat Dere (B.Timmons)
9 For Heaven's Sake (D.Meyer/E.Bretton/S.Edwards)

先日、小林陽一&ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズのライブに行きました。
■小林陽一(ds)、谷殿明良(tp)、原川誠司(as)、リン・ヘイテツ(p)、鈴木堅登(b)
私は小林さんのジャズに対する姿勢とサウンドが大好きなんです。
グッド・フェローズ時代から一体何人の若手プレイヤーがここから育っていったことか。
長く続けることのむずかしさ・・・まったく頭が下がる思いがします。
ジャズ・スピリッツを若い世代に引き継ぐのはとても大事なことです。

小林さんのライブにはゲスト出演が多いですがこの日も3人が飛び込んできました。
テナー・サックス、ピアノ、ベースの3人です。
特にテナーが入ると3管編成になりハーモニーが分厚くなるので迫力が増しました。
こうやって小林さんは新人を発掘しているんです。
ちなみにこの日はトランペッターの谷殿明良さんのJ.J.M最後の出演になりました。
谷殿さんの端正なトランペットが好きなのでまた聴きに行きたいと思っています。
同時に新しいトランぺッターは誰なのかが楽しみになりました。

さて今作は小林さんの新作です。
全9曲は自身のオリジナルが1曲とその他8曲の構成です。
ベニー・ゴルソン(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ウェイン・ショーター(ts)などのメッセンジャーズ馴染みの曲も多い。
ジャズ・メッセンジャーズの名前は小林さんがアート・ブレイキーから許されたものなんです。
さすがにベテラン・ドラマーは人脈も広くてメンバーを見て驚いてしまいました。
フィリップ・ハーパー(tp)、ヴィンセント・ハーリング(as)、ロビン・ユーバンクス(tb)のフロント3管と
デヴィッド・キコスキ(p)、エシェット・エシェット(b)、小林陽一(ds)のリズム・セクションです。
聴きどころは現代のジャズ・ミュージシャンが往年の名曲をどうこなすかになります。
多分メッセンジャーズの曲をこんな風に連続して演奏することはないんじゃないかと思います。
みんなが和気あいあいと楽しくやっている雰囲気が伝わって来るようです。
個人的にはキコスキとハーリングに耳が向いたけどユーバンクスは久々に聴きました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

MAGGIE GREEN / FIRST SONG [Jazz Vocal]

* MAGGIE GREEN / FIRST SONG

image699.jpg

maggie green(vo),
eric augis(p)(3,5,7,10), jon eshelman(p)(4,8,9,11), chris berg(b)(1,2,3,5,6,7,10),
roger hines(b)(4,8,9,11), joe ong(ds)(3,5,6,7,10), jim ed cobbs(ds)(4,9,11),
seth earnest(ds)(1,2), chris howes(vln)(1,4), stan smith(g)(1,6),
ron hope(per)(1,4), eric paton(per)(11)
2007/Maggie Green/

1 Chega De Saudade
2 No Moon At All
3 First Song
4 So Danco Samba
5 Up Jumped Spring
6 A Felicidade
7 I'm Old Fashioned
8 My One And Only Love
9 All Blues
10 But Not For Me
11 Agua De Beber

マギー・グリーンも初見、彼女もカナダのヴォーカリストでした。
思うにカナダ出身の女性ヴォーカリストを聴く機会が多くなりました。
カナダは女性歌手の層が厚いと思います。
ヴォーカルを意識して聴くようになってから手当たり次第に聴いているところです。
乱読ならぬ乱聴き状態になりました。

今作も自主制作盤でプロデュースは本人自身です。
全体的にちょっと力が入り過ぎるところがあるのは仕方がありませんね。
馴染みがあるスタンダードやラテン中心で自身の音楽性が網羅されていると思います。
声質はしっとりとして艶があります・・・私はとても気に入りました。
落ち着いた大人の歌声と端正で丁寧な歌い方には好感が持てます。
サウンド的にはヴァイオリン入りの(1)、(4)が面白かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

JACKY TERRASSON & CASSANDRA WILSON / RENDEZVOUS [Jazz Piano]

* JACKY TERRASSON & CASSANDRA WILSON / RENDEZVOUS

image698.jpg

jacky terrasson(p), cassandra wilson(vo),
lonnie plaxico(b), mino cinelu(per), kenny davis(b)(2,13)
1997/Blue Note/

1 Old Devil Moon
2 Chan's Song (Jacky Trio)
3 Tennessee Waltz
4 Little Boy Lost
5 Autumn Leaves (Jacky Solo)
6 It Might As Well Be Spring
7 My Ship
8 I Remember You
9 Tea For Two
10 If Ever I Would Leave You
11 Chicago 1987 (Jacky Solo)
12 Come Rain Or Come Shine
13 Medieval Blues (Jacky Trio)

ジャッキー・テラソン(p)とカサンドラ・ウィルソン(vo)の共演盤は発売当時大きな話題になりました。
ジャズ盤としてはかなり売れたんじゃないかと思います。
が、しかし日本ではジャッキーもカサンドラもいまいちパッとしない印象を持っています。
その理由は何でしょうね?
ジャッキーはかの有名なモンク・コンペの優勝者で超絶技巧の持ち主です。
カサンドラは中性的な声質で20世紀最後のジャズ・ヴォーカリストと言われた逸材です。
両者共に妥協がなく、深くて濃いクセのある音楽性は大衆に迎合しません。
その実力は十分ですが一筋縄ではいかないので親しみやすいとはいかないのも事実です。

さて今作はそんな二人のスタンダード作品集です。
ジャッキー・トリオやジャッキーのソロも聴ける構成でよく出来ています。
カサンドラのディープな歌声と共にコアなジャズ・ファンにも十分に通用すると思います。
90年代ジャズ・ヴォーカルの名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0) 

RUUD BREULS - SIMON RIGTER QUINTET / RISE AND SHINE [Jazz Trumpet]

* RUUD BREULS - SIMON RIGTER QUINTET / RISE AND SHINE

image1309.jpg

ruud breuls(tp,flh), simon rigter(ts),
karel boehlee(p,rhodes), jos machtel(b), marcel serierse(ds)
2019/Challenge Records/

1 Mr.T (K.Boehlee)
2 Let's Cool One (T.Monk)
3 Blanton (S.Rigter)
4 Goodbye Cerbaia (K.Boehlee)
5 Olivia's Dance (S.Rigter)
6 Get Your Fringe Back (K.Boehlee)
7 Passage Of Jaco (K.Boehlee)
8 Rise And Shine (S.Rigter)

ルード・ブレーブス(tp)とシモン・リヒター(ts)は初見。
オランダ発のハード・バップ作品はフロント2管の王道クインテットに惹かれました。
共演者にカレル・ボエリー(p)の名前が見えたのも安心感に繋がりました。

全8曲はセロニアス・モンク(p)の1曲を除いてメンバーのオリジナルです。
ボエリーが4曲とリヒターが3曲を提供しています。
これを見ると実質的なリーダーはカレル・ボエリーと言ってもいいかもしれませんね。
実際、1曲目の最初のソロを取るのはボエリーです。
切れのあるスイング感と軽快で爽やかなハード・バップ・サウンドを聴かせてくれました。
やっぱりトランペットとテナー・サックスの組み合わせは最高だと思う。

(帯中よりの抜粋)
オランダのジャズ・シーンとビック・バンドの人気ソリストとして活躍する二人の才能、ルード・ブレーブスとシモン・リヒターによるオランダのクインテット!ヨーロピアン・ジャズ・トリオの初代ピアニストであり、トゥーツ・シールマンスとの共演でも知られるオランダの人気ピアニスト、カレル・ボエリーを始め、オランダの名プレイヤーが集ったクインテットで充実のアンサンブルを聴かせます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

CHANTAL CHAMBERLAND / DRIPPING INDIGO [Jazz Vocal]

* CHANTAL CHAMBERLAND / DRIPPING INDIGO

image697.jpg

chantal chamberland(vo,g),
paul white(as), bil holinaty(ts),
bart nameth(p), steve pelletier(b), dan lockwood(ds),
bob doidge(flh,tp), john kenyon(p)(7,16,18)
2005/Chantal Chamberland/

1 Once In A While
2 Bewitched
3 I Wanna Be Around
4 Georgia On My Mind
5 One For My Baby
6 How deep Is Your Love
7 I'm Beginning To See The Lght
8 Lover Man
9 Les Cinemas-Bars
10 Teach Me Tonight
11 Body And Soul
12 Someday
13 The Good Life
14 I've Got You Under My Skin
15 Hot Night In Baton Rouge
16 Don't Get Around Much Anymore
17 Smoke Gets In Your Eyes
18 L'hymne A L'amour

カナダのギタリスト&ヴォーカリストの「Shantal Chamberland]は初見です。
シャンタル・チャンバーランドとシャンタル・シャンべランの読み方がありました。
後者の方がしっくりくるかな。

今作には興味深いところがありました。
レーベルが自分名義なので自主制作盤と思いきやプロデューサーもちゃんといます。
ジャケットも演奏内容も確かだし、「シャーリー・ホーンに捧ぐ」というはっきりとしたテーマもある。
ということで自主制作盤にしては出来過ぎだと思いました。

全18曲と多いのは自身の全体像を表現しているのかもしれませんね。
カナダは英語とフランス語の共用なのでシャンタルも両方の曲共に達者なものです。
シャンタルの声質と歌い方も魅力あります・・・歌も上手いと思います。
スモーキー・ヴォイスと言われているようで実にセクシーでディープな歌声です。
これを耳元でささやかれたらもうたまりませんよ。
バックのメンバーも色気十分でムーディーでブルージーな雰囲気に溢れています。
落ち着いた仕上がりで安定感もある・・・それぞれが聴きどころになっています。
私は特に(2)「Bewitched」と(10)「Teach Me Tonight」に痺れました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOE BARBIERI / CHET LIVES ! [Jazz Vocal]

* JOE BARBIERI / CHET LIVES !

image696.jpg

joe barbieri(vo,g), antonio fresa(p), luca aquino(tp,flh),
marcio faraco(vo,g)(2), stacy kent(vo)(4), nicola stilo(g,fl)(7,2),
furio di castri(b)(6), giacomo pedicini(b)(3)
2013/Microcosmo/

1 Time After Time
2 But Not for Me
3 Chet Lives
4 I Fall In Love Too Easily
5 Look For The Silver Lining
6 Arrivederci
7 Almost Blue
8 Everytime We Say Goobye
9 Estate
10 My Funny Valentine

イタリアのギタリスト&ヴォーカリスト、ジョー・バルビエリのチェット・ベイカー・トリビュート・アルバムです。
チェット・ベイカーの名前にはどうも麻薬的な要素があるように思う。
それでかな、ミュージシャンによるチェットの名前を冠したアルバムがいっぱい出ています。
それをまた買っちゃうファンもいるわけで・・・私を含めて・・・つくづく麻薬だね。
チェット本人を聴いていればいいだろうと思いながら気になっちゃうわけだから。

チェットの歌が知られたのは50年代のパシフィック・ジャズの「チェット・ベイカー・シングス」ですね。
中性的でアンニュイな歌唱法は当時の評価で「気持ち悪さ」の方が断然勝っていたような気がします。
当然ですね、それまでそんな歌い方をする男性ヴォーカリストはいなかったわけだから。
でもね、反面熱狂的なファンが多かったのも事実で私も一発でハマりました。
それが時代と共に認められて違和感がなくなった・・・今では7、8割の人が好きと言うんじゃないかな。
私はチェットの歌には当時新しく入ってきたばかりだったボサノバの気だるい歌い方の影響を感じています。

ここでのジョー・バルビエリの歌唱法もまたチェットの流れを汲むものです。
ヴォーカルを意識して聴くようになって気が付いたのは「ささやき系」のヴォーカリストも多いということです。
「語り」というか、歌の上手さよりも味で勝負している・・・俳優に多い歌い方ですね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(ささやき系)

nice!(0)  コメント(2) 

UBALDO VERSOLATO QUARTET / PORTAL [Jazz Baritone Sax]

* UBALDO VERSOLATO QUARTET / PORTAL

image1308.jpg

ubaldo versolato(bs),
marcelo elias(p,rhodes), leo versolato(elb), gabriel guilherme(ds)
2019/Kuarup Music/

1 Cubango (E.J.Alves)
2 E Ai Bele ? (U.Versolato)
3 Flavia (U.Versolato)
4 Tubo de Ensaio (U.Versolato)
5 Fefe (L.Versolato)
6 Estudo No. 3 (L.Versolato)
7 Vesuvio (U.Versolato)
8 Tempos Modernos (L.Versolato)

今作はジャケ買い、バリトン・サックスに惹かれた。
ウバルド・ヴェルソラート・・・ブラジルのバリトン・サックス奏者を初めて聴きました。
聴いた途端に飛び出てくるバリトンの重低音が心に響きます。
私は本来ラテン・リズムに重厚なバリトンは似合わないと思っている。
だからこそなおさらこの組み合わせが新鮮だった。
ジェリー・マリガン(bs)とジェーン・ドゥボック(vo)との共演盤↓以来かな。

*GERRY MULLIGAN / PARAISO (1993/Telarc)
gerry mulligan(bs), jane duboc(vo), etc

全8曲は自身のオリジナル4曲と息子のレオ・ヴェルソラート(elb)作3曲とその他1曲の構成です。
先進の若手ブラジリアン・ピアノ・トリオにベテラン・サックス奏者の共演は十分に刺激的です。
ラテン・リズムに珍しく軽快なバリトン・サックスとのコラボレーションが最大の聴きどころになります。
これほど軽やかなバリトンは聴いたことがありません。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

SUZANNE GRZANNA / FLY ME TO THE MOON [Jazz Vocal]

* SUZANNE GRZANNA / FLY ME TO THE MOON

image695.jpg

suzanne grzanna(vo),
1-6:david hazeltine(p), jeff hamann(b), brian ritter(ds)
7-11:scott currier(p), harold miller(b), andy loduca(ds)
2000/Diva/

1 All Of Me
2 As Time Goes By
3 From My Heart
4 Fly Me To The Moon
5 My Funny Valentine
6 Always Thinking Of You
7 Love In The City
8 Living Your Dream
9 Game Day
10 Santa's Cheer
11 Christmas Night

スザンヌは初見、出身はシカゴでヴォーカリストでありアルト・サックス奏者でもあるようです。
彼女の最大の魅力はその歌声にあると思います。
やや舌足らずでコケティッシュな歌唱法には参ってしまう男も多いのではないかな。
可愛いですよ。

全11曲は自身のオリジナル6曲とスタンダード5曲の構成です。
つまりスザンヌにはシンガー・ソング・ライターとしての才能もあるということですね。
今作は1999年の自主制作盤からヴォーカル曲のみを収録し(1-6)、
新たに録音された書下ろし新作(7~11)をカップリングされたものとありました。
だからでしょうか、前半のデヴィッド・ヘイゼルタインのピアノが光っています。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

PAQUITO D'RIVERA AND TRIO CORRENTE / SONG FOR MAURA [Jazz Alto Sax]

* PAQUITO D'RIVERA AND TRIO CORRENTE / SONG FOR MAURA

image694.jpg

paquito d'rivera(as,cl),
fabio torres(p), paulo paulelli(b), edu ribeiro(ds)
2013/Sunnyside/

1 Chorinho Pra Voce
2 Song For Maura
3 Di Menor
4 Sonoroso
5 Cebola No Frevo
6 For Leny
7 Murmurando
8 Ceu E Mar
9 Paquito
10 1 X O
11 Tem Do
12 Recife Blues
13 Saidera

キューバ出身のパキート・デリヴェラ(as)との付き合いもけっこう長いです。
パキートはキューバの伝説的なバンドの「イラケレ」の出身です。
オリジナル・メンバーのチューチョ・バルデス(p)と共にアフロ・キューバン・ジャズの第一人者となりました。
今ではキューバ出身ジャズ・メンは普通に居るけど当時はアメリカとの国交は断絶状態にありました。
パキートは一番苦労した時代にアメリカに出国した先達の一人です。
だいぶ経ってからだけどその後に続いたのがゴンザロ・ルバルカバ(p)になるかな。
パキートはアルト・サックスの名手で今では珍しい楽器になったクラリネットの名手でもあります。
若い頃のパキートはパワフルでエネルギッシュで情熱に溢れていました。
バラードになればどこまでも美しくロマンティックな演奏を聴かせてくれたものです。

今作はブラジルの精鋭たちのトリオ・コヘンチとの共演でグラミー賞の「ベスト・ラテン・アルバム」を受賞しました。
全13曲は全て自身のオリジナルでパキートは作曲家としての才能にも恵まれています。
パキートの群を抜く演奏技術と展開力を味わうことが出来るアルバムです。
ちなみにジャケットの美しい女性のMAURAさんはパキートの母親だそうです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

FLEURINE / BRAZILIAN DREAM [Jazz Vocal]

* FLEURINE / BRAZILIAN DREAM

image1307.jpg

fleurine(vo,g),
ian faquini(g), eduardo belo(b), vitor goncalves(accor,p,rhodes),
rogerio boccato(per), chico pinheiro(g)(7,8),
brad mehldau(rhodes/p)(1,7/4,6,), chris poter(fl,ss,ts)(1,3,4),etc
2018/Pure Imagination/

1 Longing
2 Dreaming
3 Sing Free !
4 Passion
5 Contradiction (Faquini/Guinga)
6 My King
7 Sparkling Gemstone
8 Falling Stars
9 Let's Stay Together (A.Green)

久々に懐かしい名前を見かけました。
オランダのヴォーカリストのフルーリンです。
2000年発売のブラッド・メルドー(p)とのデュオ・アルバム↓を聴いてガツンときました。

*FLEURINE & MEHLDAU / CLOSE ENOUGH FOR LOVE (2000/Universal)

実は私はこのアルバム↑を聴いてメルドーの評価が一変したんです。
メルドーがこんなに素晴らしいピアノを弾くのかとびっくりしました。
それまで私はメルドーを「少々頭でっかちか」と評価していたから・・・。
フルーリンとメルドーの相性が完璧で本当にカッコ良かったです。
それもそのはずで当時メルドーとフルーリンは恋人同士だったとの情報もありました。

これを聴きながら思ったのはあれからもう20年も経ってしまったことで月日の流れが余りに早過ぎます。
さて今作はフルーリンがブラジル・サウンドに挑戦したものです。
全9曲は自身のオリジナルが7曲とその他2曲の構成です。
フルーリンの夢・・・ずっと作りたかったラテン・アルバムだと思うので気合ノリも十分で力が入っています。
ゲストに前述のメルドーが4曲とクリス・ポッター(fl,sax)が3曲に参加しているのも聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -