So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

AZAR LAWRENCE QUINTET / THE SEEKER [Jazz Tener Sax]

* AZAR LAWRENCE QUINTET / THE SEEKER

image1293.jpg

azar lawrence(ts), nicholas payton(tp),
benito gonzalez(p), essiet okon essiet(b), jeff "tain"watts(ds)
2014/Sunnyside/

1 Gandhi
2 Lost Tribes Of Lemuria
3 The Seeker
4 One More Time (B.Gonzalez)
5 Rain Ballad
6 Spirit Night
7 Venus Rising

昨年私はジョン・コルトレーン(ts)の後継者を聴きたいと思いました。
コルトレーン派のテナー奏者は数多く存在するけれどコルトレーンそのもののような演奏が聴きたかった。
そして選んだのがカルロス・ガーネット(ts)であり、このエイゾー・ローレンス(ts)でした。
エイゾーの今作は地味だけど名盤に上げたいです。
それこそコルトレーン・カルテットを彷彿とさせるものでした。
ベニト・ゴンザレス(p)、エシェット・エシェット(b)、ジェフ・ワッツ(ds)はそのまんまマッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)です。
特にベニト・ゴンザレスのマッコイ・タイナー張りのピアノ・プレイは凄かった。
ひとつ新しい発見がありました。
ニコラス・ペイトンの突き抜けるような鋭いトランペットはコルトレーン・サウンドによく合います。
ここでのペイトンを聴いて欲しい。
ペイトンは何をやりたいのか?・・・今までいまいちピントが合わなかったけれどこれで納得しました。

全7曲は自身のオリジナル6曲とゴンザレスのオリジナルが1曲の構成です。
コルトレーンやスタンダードが1曲も入らないのも良かったです。
そう思わせるだけの曲想豊かなオリジナルと演奏に魅力がありました。
ライブ・アルバムですが観客の盛り上がりも最高潮です。
なぜならコルトレーン・サウンドをファンも良く知っていて安心感があるからだと思います。
多くのジャズ・ファンにとってコルトレーン・サウンドはジャズそのものだから。
私もコルトレーン・サウンドを聴きたい時があるのでその気持はよく分かります。
でもコルトレーン・カルテットそのものではダメなんですね。
コルトレーンもどきというか、似て非なるものが聴きたいんです。
ジャズ・ファンの勝手な欲求にはきりがない。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

ALEXIS COLE / YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO [Jazz Vocal]

* ALEXIS COLE / YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
With One For All

image665.jpg

alexis cole(vo),
eric alexander(ts), jim rotondi(tp), steve davis(tb),
david hazeltine(p), john webber(b), joe farnsworth(ds)
2010/Venus/

1 Golden Earrings
2 I Will Wait For You
3 Moon River
4 Delilah
5 Cry Me A River
6 Alone Together
7 A Beautiful Friendship
8 All The Things You Are
9 So In Love
10 You've Changed
11 You'd Be So Nice To Come Home To

アレクシス・コール(vo)の今作は発売時に話題になったのを覚えています。
それはエリック・アレキサンダー(ts)が中心の「ワン・フォー・オール」がバックにいたから。
近年フロント3管のレギュラー・セクステットを聴く機会は少なくなりました。
そんな中で「ワン・フォー・オール」は貴重なグループになっています。
重厚なアンサンブルをバックにアレクシスが歌い上げるとなれば注目度は十分でした。
一枚で二つが聴ける徳用盤です。

全11曲はよく知られたスタンダードが中心です。
アレクシスは大人のムードがいっぱいで貫禄のアルバムに仕上がっています。
バックのメンバーとの絡みにも注目しました。
バックがバックにだけに各ソロも充実していてジャズ度は相当に高いです。
聴きどころは多いけど、ここで一番好きな曲は(7)「A Beautiful Friendship」です。
(8)「All The Things You Are」と(10)「You've Changed」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ERIC DOLPHY SEXTET / LAST RECORDINGS [Jazz Alto Sax]

* ERIC DOLPHY SEXTET / LAST RECORDINGS

image664.jpg

eric dolphy(as,bcl), donald byrd(tp), nathan davis(ts),
jack dieval(p), jacques hess(b), franco monzecci(ds),
jacky bambou(cong)(2,3)
1964Rec/West Wind/

1 Springtime
2 GW
3 245
4 Serene

「今週のジャケット」紹介も1000枚になりました。
エリック・ドルフィ(as,bcl)のラスト・レコーディングスです。
今作が出る前は「Last Date」(Fontana)がドルフィ最後のアルバムとして知られていました。
1964年6月2日オランダ、ミシャ・メンゲルベルク(p)、ジャック・ショールス(b)、ハン・ベニンク(ds)です。

今作はフランス・パリで1964年6月11日録音・・・名実ともに最後の録音になると思います。
ドルフィが亡くなったのは1964年6月29日(36歳)なので18日前の録音になります。
ドナルド・バード(tp)、ネイザン・デイヴィス(ts)とのフロント3管は分厚くて面白かったです。

ドルフィは特別鬼気迫るというわけでもなく普通に吹いています。
この時はまだ体調はそれほど悪くなかったと思うけど・・・。
内容は「Last Date」が上だけど、ドルフィ最後の作品として「コレクターズ・アイテム」にはなりますね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

MARY STALLINGS / DON'T LOOK BACK [Jazz Vocal]

* MARY STALLING / DON'T LOOK BACK

image1292.jpg

mary stalling(vo), eric reed(p,arr),
reuben rogers(b)(except 3,9,10,11), carl allen(ds)(except 3,9,10,11)
2012/HighNote/

1 When Light Are Low (B.Carter/S.Williams)
2 The Way You Love Me (K.L.Dunham/R.Kellaway)
3 Night Mist Blues (A.Jamal)
4 Goodbye Medley:
Every Time We Say Goodbye (C.Poter)
Goodbye (G.Jenkins)
5 Is That...? This Love (E.Reed/J.Luckett)
6 Don't Look Back (K.L.Dunham/J.Mandel)
7 Love Me Or Leave Me (W.Donaldson/G.Kahn)
8 Don't Misunderstand (G.Parks)
9 Key Largo (B.Carter/K.Suessdorf/L.Worth)
10 Soul Eyes (M.Waldron)
11 Mary's Blues (E.Reed)
12 People Time (Forever Mine) (B.Carter/D.Pearl)

マリー・ストーリングスは初見です。
購入のキッカケはエリック・リード(p)の名前が見えたからです。
エリック・リードはウィントン・マルサリス(tp)派のピアニストで才人の一人です。
そのエリックがどんなヴォーカルのバッキングをするのか?
またエリックがバックを務めるマリー・ストーリングスとはどんな歌手なのか?
・・・興味ありました。

全12曲はエリックのオリジナルが2曲とその他10曲の構成です。
曲目を見て見るとベニー・カーター(as)、ロジャー・ケラウェイ(p)、アーマッド・ジャマル(p)、コール・ポーター、ジョニー・マンデル、マル・ウォルドロン(p)など凝った選曲になっています。
マリー・ストーリングスはオーソドックスなジャズ・ヴォーカリストです。
伸びやかで艶のある歌声の持ち主でソウルフルでディープ&ダークな味わいもあります。
歌はもちろん上手くてバラードが聴きどころ・・・エリックとのコンビネーションも抜群でした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

PATTI AUSTIN / AVANT GERSHWIN [Jazz Vocal]

* PATTI AUSTIN / AVANT GERSHWIN

image663.jpg

patti austin(vo),
WDR big band
2007/Rendezvous/

1 Overture / Gershwin Medley
2 I'll Build A Stairway To Paradise
3 Who Cares
4 Funny Face
5 Love Walked In / Love Is Sweeping The Country
6 Swanee
7 Porgy And Bess Medley
8 Lady Be Good

パティ・オースティン(vo)を買ったのも久し振りです。
40年以上空いてしまった。
パティのデビュー作「End Of A Rainbow」(1976)は本当に素晴らしかったです。
ここで歌われた「Say You Love Me」は最高で多くの歌手にカバーされています。
最初があまりに良かったので次がつらくなった典型的なパターンになりました。

パティ・オースティンがジャズ・スタンダードに先祖帰りをしているのは知っていました。
今作はガーシュイン・ナンバーを歌った作品です。
ドイツのケルンでビック・バンドをバックに抜群のパフォーマンスを聴かせてくれました。
圧倒的な声量が会場を響きわたり聴衆も大興奮です。
これだけ声が出るジャズ・ヴォーカリストはそうはいませんよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

CARLOS GARNETT / BLACK LOVE [Jazz Tener Sax]

* CARLOS GARNETT / BLACK LOVE

image662.jpg

carlos garnett(ts,as,ss,vo), charles sullivan(tp), mauricio smith(fl),
allan gumbs(p), reggie lucas(g), buster williams(b)(2,6), alex blake(b)(1,4,5),
norman conners(ds), billy hart(ds)(2), mtume(per), dee dee bridgewater(vo), etc
1974Rec/Muse/

1 Black Love
2 Ebonesque
3 Banks Of The Nile
4 Mother Of The Future
5 Taurus Woman
6 Banks Of The Nile (Alternate Take)
7 Taurus Woman (Alternate Take)

カルロス・ガーネット(sax)の代表作と目されているアルバムです。
カルロス・ガーネットは後期マイルス・デイヴィス・グループに在団したテナー奏者です。
典型的なコルトレーン奏法だけど音色が柔らかいので聴き易いです。
昨年私はガーネットを再評価してけっこう聴いていました。

全5曲は全てガーネット自身のオリジナルです。
録音当時30代半ばで脂が乗りきっていました。
チャールス・サリヴァン(tp)、アラン・ガムス(p)、アレックス・ブレイク(b)、ノーマン・コナーズ(ds)、エムトゥーメ(per)、ディー・ディー・ブリッジウォーター(vo)などの才人達の共演も嬉しい。
ファンク・ビートに乗ったソウル&ファンキーなブラック・ジャズの一枚に仕上がっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

RUMER / THIS GIRL'S IN LOVE [Jazz Vocal]

* RUMER / THIS GIRL'S IN LOVE
a Bacharach & David Song book

image1291.jpg

rumer(vo),
rob shirakbari(p,b), jay bellerose(ds,per), grecco buratto(g),
julie wolf(accor), dean parks(g), tollak olstead(hca), etc
2016/East West/

1 The Look Of Love
2 Balance Of Nature
3 One less Bell To Answer
4 Are You There (With Another Girl)
5 (They Long To Be) Close To You
6 You'll Never Get To Heaven (If You Break My Heart)
7 Land Of Make Believe
8 A House Is Not A Home
9 Walk On By
10 The Last One To Be Loved
11 This Girl's In Love With You
12 What The World Needs Now Is Love

ルーマー(vo)は初見です。
パキスタン・イスラマバード出身のイギリスのシンガーソングライターだそうです。
購入のきっかけはバート・バカラック&ハル・デヴィッド作品集だからに決まっています。
ジャズ・ヴォーカルの世界でもバカラックの歌はスタンダード化していてカバーしている歌手も多いですね。
ただバカラック作品集となるとそうは多くないような気がする。
1枚で色々聴けたらいいなと思いました。

全12曲は馴染みのある曲、馴染みのない曲があったけどバカラックの世界が詰まっていました。
ルーマーの歌声はとてもやわらかくてやさしくて美しいです。
バックもギター・ハーモニカ、ストリングスなどアコースティックな味わいで郷愁を誘うというか心に沁みます。
ある意味カーペンターズを彷彿とさせるけどそれはしょうがないですね。
ジャズ度は低いけど究極の癒し系でお勧めします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

FRED BUCCINI / UNUSUAL NAT [Jazz Vocal]

* FRED BUCCINI / UNUSUAL NAT

image661.jpg

fabrizio fred buccini(vo),
nerio poggi(arr,key), ely bruna(vo),
fabrizio foggia(p)(6,7,10,12), alfredo bochicchio(g)(2,3,5,7,9,11),
pierpaolo ranieri(b)(1,5,6,7,9), alessandro pizzonia(ds)(2,4,7),
federico buccini(per), fabio tullio(ts), massimo guerra(tp), etc
2011/IRMA/

1 I Love You For Sentimental Reasons
2 Unforgettable
3 Marnie
4 Almost Like Being In Love
5 Atraighten Up And Fly Right
6 Let There Be Love
7 You Stepped Out Of A Dream
8 L-O-V-E
9 Smile
10 Don't Get Around Much Anymore
11 Why I Love
12 Answer Me, My Love

先日フラリと入ったスーパーで流れていました。
最近は色んな場所でジャズが聴けるので嬉しいです。
男性ヴォーカルは珍しいので気になりました。
流れていた曲は「I Love You Sentimental Reasons」でした。
早速、スマホの曲目検索アプリで検索すると上記のアルバム名が出てきました。
ホントに便利なアプリがあるもんですね。
フレッド・ブッチーニは初見、イタリアのヴォーカリストでした。
ジャケットは見たことがあるので発売時にチェックしてそのままになったアルバムだと思います。

全12曲はスタンダードで「ナット・キング・コールに捧げる」形になっています。
ナット・コールは多くの男性ヴォーカリストのお手本、古典になっていますね。
フランク・シナトラ同様にほとんどのスタンダードが網羅されているのお手本にするにはピッタリです。
たしかにブッチーニはナット・コールに似ています。
歌声はシブく深く、しっとりと落ち着いた大人の雰囲気で中々良いです。
男性ヴォーカルはあまり聴く機会がないけれど久々にジャズ・ヴォーカルの王道を聴いた感じがします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

ARCHIE SHEPP & ERIC LE LANN QUINTET / LIVE IN PARIS [Jazz Tener Sax]

* ARCHIE SHEPP & ERIC LE LANN QUINTET / LIVE IN PARIS

image660.jpg

archie shepp(ts), neric le lann(tp),
richard clements(p), wayne dockery(b), stephen mccraven(ds)
1996/Arcade/

1 Delicated To Bessie Smith
2 Hope Two
3 The Man I Love
4 Ask Me Now
5 Circle
6 Twins Valse
7 Things Ain't What They Used To Be

アーチー・シェップ(ts)紹介の最後のアルバムです。
シェップとフランスのトランぺッターのエリック・ル・ランの共演盤です。
シェップは管楽器奏者との共演が少ないので貴重な一枚といえます。

全7曲はシェップ2曲、ルラン2曲、その他3曲の構成です。
トランペットとテナー・サックスの王道2管クインテットのハード・バップ・アルバム。
ライブ盤なのでシェップの生の息吹がそのまま伝わってきます。
もちろん若い頃の激しさはないけれど音楽そのものを楽しんでいる気がする。
モンクの(4)「Ask Me Now」のバラード、(1)と(7)ではシェップの歌声も聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

MAISHA / THERE IS A PLACE [Jazz Group]

*MAISHA / THERE IS A PLACE

image1290.jpg

jake long(ds), nubya garcia(sax,fl), shirley tetteh(g), amane suganami(p),
twn dylan(b), tim doyle(per), yahael camara-onono(per),
strings, etc
2018/Brownswood/

1 Osiris
2 Azure
3 Eaglehurst / The Palace
4 Kaa
5 There Is A Place

マイシャは新世代UKジャズ・シーンを牽引する今最も注目を集めるグループらしい。
往年のスピリチュアル・ジャズとアフロ・ビートやアフリカン・リズムを融合させるとあった。
期待を持って1曲目を聴いてみました。
ジョン・コルトレーン~ファラオ・サンダースを踏襲しているけどバックのリズムに特徴がありました。
パーカッションが2人とトランペット、ハープを含むストリングスが分厚いリズムを刻みます。
ただジャズの持つフリーな展開は?なので計算されたバック・サウンズと言えるかもしれないです。

全5曲は全てオリジナルで占められています。
リーダーはジェイク・ロング(ds)でバタバタとしたノスタルジックなドラミングが面白いです。
女性サックス&フルート奏者のヌビア・ガルシアとアマネ・スガナミ(p)、シャーリー・テテー(g)にも注目しました。
どの曲も聴きどころですがやはり1曲目の「Osiris」は12分近い長丁場でインパクトがありました。
何重にも絡み合う分厚いアンサンブルがどこまでも広がっていく。
洗練されたアフロ・ビートと激しく煽るストリングスのバッキングが新鮮です。
そういえば今までこういうジャズ・サウンドは聴いたことがなかったかもしれません。
この点でジャズの新しい方向性を表した一枚かも知れません。
これを聴いて遅ればせながらカマシ・ワシントン(ts)も聴いてみようかと思っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -