So-net無料ブログ作成

LOU DONALDSON QUARTET / LIVE IN BOLOGNA [Jazz Alto Sax]

*LOU DONALDSON QUARTET / LIVE IN BOLOGNA

image1134.jpg

lou donaldson(as),
herman foster(p), jeff fuller(b), victor Jones(ds)
1984Rec/Timeless/

1 Stella By Starlight
2 Groovin' High
3 Summertime
4 Lou's Blues
5 St.Thomas
6 Star Eyes

ルー・ドナルドソン(as)は1926年、ノースカロライナ州生まれ。
50年代はチャーリー・パーカー直系のアルト奏者としてフレッシュな演奏を聴かせてくれました。
その神髄はアート・ブレイキーの名盤「バードランドの夜」で聴くことができます。
この日のクリフォード・ブラウン(tp)との2管はハード・バップの夜明けとして燦然と輝いています。
まさに歴史的名盤の一枚ですね。

その後R&B系の演奏が多くなって次第にソウル、ファンキー路線に転じていくことになります。
ルーはブルー・ノート・レコードの看板アーティストの一人で根強い人気がありました。
1967年に発売された大ヒット盤、「Alligator Bogaloo」がその頂点になるかな。
70年代まではBNに作品があるようです。

ルーは2010年代まで活躍している息の長いプレイヤーです。
「70年代、80年代のジャズ・低迷期にはどうしていたのかな?」と思っていました。
アメリカの多くのジャズ・メンがヨーロッパに渡っていたのでルーもその一人だったかもしれませんね。
今作はそんな時にオランダのタイムレス・レーベルに残した一枚です。
有名ジャズ・スタンダード作品集でルーの純ジャズ路線が聴けるのではと期待して入手しました。

録音時は58歳、ノリも良くスピード感も十分で艶のある音色は健在です。
実にリラックスしたプレイを聴かせています。
MCでくぐもったルーの肉声が聞けるのも貴重かな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0