So-net無料ブログ作成

TETSUYUKI MIYA meets KEIICHI YOSHIDA TRIO / I'LL BE SEEING YOU [Jazz Tener Sax]

*TETSUYUKI MIYA meets KEIICHI YOSHIDA TRIO / I'LL BE SEEING YOU

s766.jpg

宮哲之(ts)、吉田桂一(p)、佐々木悌二(b)、渡辺文男(ds)
2012/What's New Records /

1 I Could Have Danced All Night
2 Squatty Roo
3 Alone Together
4 Blues In The Closet
5 You've Changed
6 Prince Albert
7 Whisper Not
8 Ceora
9 I'll Be Seeing You

吉田桂一・トリオはライブ・ハウスでよく出会います。
吉田さんは「ケーイチ」の愛称で親しまれているピアニストでバド・パウエル、ウィントン・ケリー、トミー・フラナガン系の良くスイングするピアニスト、本人はソニー・クラークが好きなのかな。
歌の伴奏の上手さでも定評があります。
まろやかでやさしい響きを持っているのでケーイチさんのピアノは女性ファンが多いです。
この吉田桂一(p)が率いる佐々木悌二(b)、渡辺文男(ds)のトリオは10周年を迎えました。
今作はその記念盤という意味合いもあるようです。
佐々木さんは安定感のあるベーシスト、文男さんはブラッシュ・ワークの名手です。

宮哲之(ts)さんは勉強不足で聴いたことがありませんでした。
関西ではよく知られたテナー奏者だそうですね。
今作の企画はベースの佐々木悌二さんで選曲構成は宮哲之さんだそうです。
スタンダードとジャズ名曲の組み合わせで興味あるラインナップだと思います。

聴いてみてグッときたのはやはりバラードでした。
(5)「YOU'VE CHANGED」は絶品、(3)「ALONE TOGETHER」も良かったです。
ややテンポを上げたタイトル曲の(9)「I'LL BE SEEING YOU」、最近ライブでも聴くことが多い、リー・モーガンのボサノバ曲(8)「CEORA」もニクイ選曲です。
その他の曲もミディアム・テンポで実に聴き易い仕上がり・・・スーと入ってくる感じで癒されます。
宮さんのテナーは男性的で野太いトーンながらやさしく包み込むような歌い方をします。
オーソドックスでストレートで艶やか、トツトツとした演奏なんだけど心に残ります。
彼の奏法には誰にも似ていない個性を感じました。
ケーイチさんが「宮さんは素晴らしいよ」と大絶賛していたのも納得です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0