So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PAT MARTINO TRIO & QUINTET / FORMIDABLE [Jazz Guitar]

* PAT MARTINO TRIO & QUINTET / FORMIDABLE

image1240.jpg

pat martino(g), pat bianchi(org), carmen intorre jr(ds),
adam niewood(ts)(1,2,3,5,7,9), alex norris(tp)(1,2,3,5,7,9)
2017/High Note/

1 El Mino (J.Calderazzo)
2 Hipsippy Blues (H.Mobley)
3 Homage (G.Niewood)
4 Duke Ellington's Sound Of Love (C.Mingus)
5 El Hombre (P.Azzara)
6 In Your Own Sweet Way (D.Brubeck)
7 Nightwings (P.Azzara)
8 In A Sentimental Mood (D.Ellington)
9 On The Stairs (P.Azzara)

パット・マルティーノ(g)の新譜です。
「恐るべし、パット・マルティーノ」のライオン・ジャケットにも惹かれました。
マルティーノはいくつになったんだろう?・・・調べたら73歳でした。
古き良き時代を知る最後のギタリストといってもいいかもしれませんね。
当時はコルトレーンと同様にインドや中近東の複合リズムに傾倒していた最先端のギタリストでした。
30代後半に病魔に倒れ、40代に復活してからは吹っ切れたように思い切りのいいプレイを展開しています。
ハード・バップの熱いギタリストとしてジャズ・シーンに確固たる地位を築いています。

全9曲は自身のオリジナルが3曲とその他6曲の構成です。
なお作曲者名のパット・アッツァーラはマルティーノの本名です。
パット・ビアンチとアレックス・ノリスは近年注目のオルガン奏者とトランペット奏者。
その他の共演者もマルティーノに起用されるのは実力のある証拠になりますね。
今作の一番の聴きどころはトリオで演奏される(4)、(6)、(8)の3曲になりました。
それぞれ曲も良いけれどオルガンをバックにマルティーノのギター・プレイが堪能できます。
オリジナルではやはり(5)「El Hombre」がカッコ良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。