So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

JOE HENDERSON SEPTET / PORGY & BESS [Jazz Tener Sax]

* JOE HENDERSON SEPTET / PORGY & BESS

image565.jpg

joe henderson(ts),
conrad herwig(tb), john scofield(g), stefon harris(vib),
tommy flanagan(p), dave holland(b), jack dejohnette(ds),
chaka khan(vo)(2), sting(vo)(7)
1997/Verve/

act1
1 Introduction : Jasbo Brown Blues
2 Summertime
3 Here Come De Honeyman / They Pass By Singin'
4 My Man's Gone Now
act2
5 I Got Plenty D' Nuttin'
6 Bess, You Is My Woman Now
7 It Ain't Necessarily So
8 I Love You Porgy
act3
9 There's A Boat Dat's Leavin' Soon For New York
10 Oh Bess, Oh Where's My Bess ?
bonus tracks
11 A Red Headed Woman
12 Summertime (Samba Version-Instrumental)

ジョー・ヘンダーソン(ts)の60歳時の作品です。
ジャケットの写真を見ると体調は今ひとつのような感じがしますね。
ヘンダーソンにとって今作が最後のリーダー・アルバムで64歳で亡くなっています。

「ボーギー&ベス」はガーシュインの黒人オペラの名作です。
ジャズ・マンが好んで演奏するので「Summertime]や「I Love You Porgy」などはスタンダードの定番になっています。
全12曲はメンバーも多彩で意外性もあって興味深いです。
ヴォーカル・ヴァージョンではチャカ・カーン(2)とスティング(7)も1曲づつ参加しています。

これだけのメンバーが揃うとやっぱり全員参加型のインストルメンタルの方が面白かったです。
サウンド的には特にステフォン・ハリスのヴァイブとジョン・スコフィールドのギターが決め手になりました。
ハリスについてはちょうどヴァイブ聴きをしているところなので余計にそう感じたのかも知れませんが。
アレンジがモダンな(3)、(4)、(11)、(12)などが聴きどころになりました。
やはりヘンダーソンはらしくないです・・・豪快なジョー・ヘン節も艶やかさも影を潜めています。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。