So-net無料ブログ作成

BENNY GREEN QUINTET / THEN AND NOW [Jazz Piano]

* BENNY GREEN QUINTET / THEN AND NOW

image1282.jpg

benny green(p), david wong(b), kenny washington(ds),
anne drummond(fl), josh jones(per), veronica swift(vo)
2018/Sunnyside/

1 Donny Hath A Way (B.Green)
2 For Regulars Only (D.Gordon)
3 Latin America (C.Walton)
4 Naturally (B.Green)
5 MInor Contention (H.Jones)
6 Enchanted Forest (B.Green)
7 Split Kick (H.Silver)
8 Say You're Mine (D.Pearson)
9 Humphrey (B.Green)
10 Hipsippy Blues (H.Mobley)
11 Something I Dreamsd Last Night (S.Fain)
12 Wiggin' (B.Green)

ベニー・グリーン(p)を買うのも久し振りで調べたら15年も間が空いてました。
15年前のアルバムはラッセル・マローン(g)とのデュオでしたがつい最近だったような気がします。
「え~、もうそんなになるのか」と、つくづく時間が経つのが早いと感じました。
ジャケットはベニーが少年だった時の写真ですね。
購入のキッカケはパーカッションとヴォーカル入り・・・グリーンのラテンなら聴いてみたい。

全12曲は自身のオリジナルが5曲とその他7曲の構成です。
デクスター・ゴードン(ts)、シダー・ウォルトン(p)、ハンク・ジョーンズ(p)、ホレス・シルバー(p)、デューク・ピアソン(p)、ハンク・モブレイ(ts)などの名前が見えました。
元々がハード・バップ・ピアニストとしてデビューしたベニーには納得のラインナップだと思います。
新味で面白かったのはヴォーカリストを楽器のように使っていたことです。
バック・グランド効果として使うのではなくてスキャットをそのまま前面に出していました。
もちろん、ヴォーカルをそのまま歌わせる場面もあります。
聴きどころはそのスキャットの(2)、(7)、(9)と(1)、(3)のラテン・リズムになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。