So-net無料ブログ作成

BUSTER WILLIAMS QUARTET / AUDACITY [Jazz Bass]

* BUSTER WILLIAMS QUARTET / AUDACITY

image1289.jpg

buster williams(b),
steve wilson(as,ss), george colligan(p), lenny white(ds)
2018/Smoke Sessions/

1 Where Giants Dwell (B.Williams)
2 Song Of The Outcasts (B.Williams)
3 Sisko (S.Wilson)
4 Ariana Anai (B.Williams)
5 Lost On 4th Avenue (G.Colligan)
6 Atumblin' (L.White)
7 Triumph (B.Williams)
8 Briana (B.Williams)
9 Audacity (B.Williams)

バスター・ウィリアムス(b)の今作は昨年のベスト3にも上がっていた一枚です。
私も気になっていたんですがようやく入手しました。
バスター・ウィリアムスは現在76歳で幅広い音楽性を持つベーシストです。
またヴォーカリストのバッキングも上手く、加えて今作では作曲者としての才能も認めました。
私がベーシストとしてのバスターを意識したのは「ジャズ・クルセイダーズ」が最初です。

全9曲は自身のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル3曲の構成です。
このメンバーでスタンダードが1曲も入っていないのは珍しいと思います。
共演がスティーヴ・ウィルソン(sax)、ジョージ・コリガン(p)、レニー・ホワイト(ds)というのも興味ありました。
スティーヴ・ウィルソンは「OTB」、「チック・コリア&オリジン」出身のサックス奏者です。
正直今まではちょっと線が細いかと思ってたけど今作を聴いて考えを改めました。
スティーヴのベスト・プレイが詰まっていた・・・やっぱりチックが見込んだ通りの実力者だったです。
コリガンとホワイトもさすがのプレイを聴かせているのでバスター晩年のベスト・アルバムになるかも。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。