So-net無料ブログ作成

DAVID LIEBMAN TRIO / CLASSIC BALLADS [Jazz Soprano Sax]

* DAVID LIEBMAN TRIO / CLASSIC BALLADS

image667.jpg

david liebman(ss), vic juris(g), steve gilmore(b)
1991/Candid/

1 Out Of Nowhere
2 If I Should Lose You
3 Dancing In The Dark
4 Skylark
5 Stella By Starlight
6 My Funny Valentine
7 On Green Dolphin Street
8 Angel Eyes

デイヴ・リーブマン(ts,ss)のこのジャケットを見た時リーブマンにしては派手と思いました。
それに写真の「ナタリー」って誰だ?と思いました。
まず今作は組み合わせが面白かったです。
リーブマンはソプラノ・サックス1本で演奏していますがギター、ベースとのトリオです。
ソプラノ、ギター、ベースのトリオって聴いたことがあったかどうか、珍しいことは確かですね。

全8曲はジャズの古典的なスタンダードのクラシック・バラード集です。
トリオでじっくりとしっとりと歌い上げられていて素晴らしかったです。
ソプラノ・サックスでこれほどのバラード集はそうは聴けないのではないかな。
つくづくリーブマンは名手だと思います。
たださすがにソプラノ1本では疲れるので2、3曲のテナーが入ればもっと良かったかもしれない。

ところで「ナンシー」ですがリーブマンの義母だそうです。
ナンシーさんはジャズ好きだったそうで以前こんな曲をリクエストされたらしいです。
たしかに玄人好みのシブい選曲ではありますね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。