So-net無料ブログ作成

CHERYL BENTYNE / WALTZ FOR DEBBY [Jazz Vocal]

* CHERYL BENTYNE / WALTZ FOR DEBBY

image705.jpg

cheryl bentyne(vo),
kenny barron(p), ray drummond(b)
2004/Paddle Wheel/

1 Last Night When We Were Young
2 Blue Moon
3 The Boy Next Door
4 I Must Have That Man
5 But Beautiful
6 Thou Swell
7 When Your Lover Has Gone
8 Easy Living
9 In A Sentimental Mood
10 Stompin' At The Savoy
11 I Get Along Without You Very Welll
12 Waltz For Debby

シェリル・ベンティーンもまた日本で人気のあるヴォーカリストですね。
やっぱり知名度のあるマンハッタン・トランスファー出身というのが大きいかも知れない。
今作には珠玉の名唱が詰まっていた・・・とてもいいと思う。
長くジャズを聴いていると「このアルバムがベストじゃないか」という勘が働く時があります。
最初に聴いたアルバムが良かったので色々聴いてみたけど結局最初が一番良かったことも多いけど。

ここはドラムレスのピアノとベースをバックにしっとりとした歌を聴かせてくれました。
ピアノがケニー・バロンでベースがレイ・ドラモンドです。
何枚も聴いてないのでエラそうなことは言えないけどベンティーンのベストじゃないかと思いました。
ジャズ度も高い・・・じんわりとストレートに無理なく歌い上げていって歌の上手さが際立っています。
これぞジャズ・ヴォーカルの王道といった趣は名手ケニー・バロンの面目躍如と言ったところか。
二人にドラモンドのベースが絡む・・・ちなみにドラモンドの奥さんはリニー・ロスネス(p)ですね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。