So-net無料ブログ作成

MIKE MURLEY TRIO / SHIP WITHOUT A SAIL [Jazz Tener Sax]

* MIKE MURLEY TRIO / SHIP WITHOUT A SAIL

image1314.jpg

mike murley(ts), reg schwager(g), steve wallace(b)
2016/Cornerstone/

1 In Love In Vain (J.Kern/L.Robin)
2 Folhas Secas (G.Debriro/N.Cavaquinho)
3 Ship Without A Sail (R.Rodgers/L.Hart)
4 Dexterity (C.Parker)
5 You Can't Go Home Again (D.Sebesky)
6 Ever After (K.Wheeler)
7 Mean Old Man (J.Taylor)
8 Know One (M.Murley)
9 Two Degrees East, Three Degrees West (J.lewis)
10 Cry Me A River (A.Hamilton)

カナダのテナー・サックス奏者、マイク・マーレイのドラムレス・トリオの作品です。
ちょっと前に聴いたエミリー・クレア・ バーロウ(vo)のアルバムのバッキングが良かったので入手しました。
マーレイを聴くのは2枚目になります。
マイク・マーレイ・トリオは以前ドラムレス・ファンのジャズ友に「いいから聴いてみてよ」と薦められました。

*Mike Murley Trio / Live At The Senator (2000/Cornerstone)

前回↑のギタリストはエド・ビッカートで今作はレグ・シュワガーです。
両者共にカナダを代表するギタリストなのでこの二人が聴けるだけでも貴重かもしれない。
なおシュワガーは今週紹介したダイアナ・パントン(vo)盤にも参加しています。

全10曲は自身のオリジナル1曲とその他9曲の構成です。
ジョン・ルイス(p)の名曲(9)「Two Degrees East, Three Degrees West」は珍しいかな。
マーレイのドラムレス・トリオはまず雰囲気を味わうアルバムです。
ゆったりと落ち着いたサウンドは大人の時間を過ごすには最適です。
焦らず騒がず、でもただ静かだけでもない秘めた熱さも感じさせる。
ドラムレス・ファンの通がこういうのを聴いているかと思うと「さすがだなぁ~」と思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。