So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

VLADIMIR SHAFRANOV MEET HARRY ALLEN / DEAR OLD STOCKHOLM [Jazz Piano]

* VLADIMIR SHAFRANOV MEET HARRY ALLEN / DEAR OLD STOCKHOLM

image1251.jpg

vladimir shafranov(p), hans backenroth(b), bengt stark(ds),
harry allen(ts)
2017/Venus/

1 Dear Old Stockholm (Trad):Duo
2 Dear Old Stockholm (Trad):Quartet
3 Besame Mucho (C.Velazquez)
4 Just One More Chance (S.Coslow)
5 Beautiful Love (V.Young)
6 So In Love (C.Poter)
7 Cry Me A River (A.Hamilton)
8 If You Never Come To Me (A.C.Jobim)
9 Left Alone (M.Waldron)
10 Moon And Sand (A.Wilder)
11 Close Enough For Love (J.Mandel)
12 Just In Time (I.Berlin)
13 You Must Believe In Spring (M.Legrand)
14 Round Midnight (T.Monk)
15 What A Wonderful World (G.Douglas)

ウラジミール・シャフラノフ(p)とハリー・アレン(ts)の組み合わせに興味を持ちました。
ピアノとテナー・サックスの稀代の名手同士の競演だから。
全15曲は良く知られたスタンダードが中心ですがちょっと詰め込み過ぎた感があります。
録音時間も70分超と長くてこの際録音した曲は全て入れてしまおうという意図があったかも。
(1)、(2)の「Dear Old Stockholm」はデュオとカルテットで演奏されています。

二人共に余裕十分に手慣れた感じで次々に曲をこなしています。
二人は初めての共演だと思うけど初顔合わせの緊張感を感じることが出来ません。
それだけ音楽性が近いということになるでしょうか。
私的ベストは(10)「Moon And Sand」でシャフラノフとアレンの素晴らしいコンビネーションが聴けました。

今作で一番聴きたかったのはマル・ウォルドロン(p)の名曲(9)「Left Alone」です。
一時期はよく演奏されたけど最近はあまり聴かなくなりました。
この曲はジャッキー・マクリーン(as)の演奏が決定的な名演として知られています。

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / FROM RUSSIA WITH LOVE [Jazz Piano]

* VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / FROM RUSSIA WITH LOVE

image580.jpg

vladimir shafranov(p), hans backenroth(b), bengt stark(ds)
2016/Venus/

1 Midnight In Moscow
2 Barcarolle
3 Karelia~Troika
4 Valse N0 2
5 Dark Eyes
6 Baubles, Bangles And Beads
7 Stenka Razin
8 Vem Kan Segla
9 From Russia With Love
10 Full Moon And Emply Arms
11 Midnight In Moscow~Reprise

ウラジミール・シャフラノフ(p)を聴くのも久し振りです。
シャフラノフは澤野工房が生んだスター・ピアニストだけど今作はヴィーナス盤です。
相変わらずの美しいメロディ・ラインと流麗なタッチは健在です。
余裕しゃくしゃくの演奏は憎らしいほどで安定感、安心感は十分過ぎるほど感じられました。

全11曲はお馴染みのロシアの曲が並んでいます。
私的にロシアン・ミュージックのジャズ化はあまり好みではありません。
何となく合わないような気がするからだけど・・・。
それでもすでにスタンダード化している(5)「Dark Eyes」には魅力がありました。
3者が一体となった圧倒的な演奏が聴けます。

(くつろぎ系)


何しろシャフラノフは私にとって一発目に聴いた澤野の1枚目の「WHITE NIGHTS」が強烈でした。

*VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / WHITE NIGHTS

image581.jpg

vladimir shafranov(p), george mraz(b), al foster(ds)
1999(1990Rec)/SAWANO/AS-001

澤野工房から復刻された時、一大センセーションを巻き起こしたピアノ・トリオの名盤。
SAWANO/AS-001でもあります。

nice!(0)  コメント(0) 

WARREN WOLF QUARTET / WOLFGANG [Jazz Vibraphone]

* WARREN WOLF QUARTET / WOLFGANG

image579.jpg

warren wolf(vib,mar),
track 2,5,7-benny green(p), christian mcbride(b), lewis nash(ds)
track 1,3,6,8-aaron goldberg(p), kris funn(b), billy williams jr(ds)
track 4,9-aaron diehl(p)
track 8-darryl tookes(vo)
2013/Mack Avenue/

1 Sunrise.
2 Frankie And Johnny
3 Grand Central
4 Wolfgang
5 Annoyance
6 Lake Nerraw Flow
7 Things Were Done Yesterday
8 Setembro
9 Le Carnaval De Venise

ヴィブラフォン聴きの19枚目は先週に引き続きウォーレン・ウルフの2013年作品です。
ベニー・グリーン(p)・トリオとアーロン・ゴールドバーグ(p)・トリオの二つのトリオとの共演が聴きどころ。
さらにアーロン・ディール(p)とのデュオも2曲入っている大徳用盤です。

全9曲は自身のオリジナル6曲とその他3曲の構成です。
ベニー・グリーンとアーロン・ゴールドバーグとの聴き比べに興味がありました。
私のイメージとしてはグリーンの動に対してゴールドバーグの静ですがイメージに外れた曲もありました。
その意外性は面白かったです。
2曲のデュオでは美しいメロディ・ラインを聴かせ1曲にはヴォイスも入っている。
よく出来た構成とも言えるし、ちょっと欲張ったところがあるとも言える。
つまり当時のウルフの音楽性の全貌が表れている作品です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

HARRY ALLEN & JOE TEMPERLEY QUINTET / COCKTSAILS FOR TWO [Jazz Tener Sax]

* HARRY ALLEN & JOE TEMPERLEY QUINTET / COCKTSAILS FOR TWO

image577.jpg

harry allen(ts), joe temperley(bs),
john bunch(p), greg cohen(b), jake hanna(ds)
2006/Sackville/

1 Cocktails For Two
2 Blues In The Closet
3 My Romance
4 I've Got The World On A String
5 Tangerine
6 Everything Happens To Me
7 Polka Dots & Moonbeams
8 In A Mellotone
9 Sweet & Lovely
10 Jumpin' At The Woodside

未紹介だったハリー・アレン(ts)の2006年作品です。
ベテラン・バリトン・サックス奏者のジョー・テンパーレイとの共演盤です。
アレンが40歳でテンパーレイが76歳時の録音、ちなみにテンパーレイは86歳で亡くなりました。

全10曲は全てスタンダード作品です。
ジャム・セッション的雰囲気もあるのでみんなが知っている曲になったと思う。
アットホームでリラックスした演奏を聴くことが出来ました。
マット・デニスの(6)「Everything Happens To Me」とエリントンの(8)「In A Mellotone」は大好きな曲です。
(2)「Blues In The Closet」や(4)「I've Got The World On A String」、(9)「Sweet & Lovely」も良かった。
こういうスイング系の演奏をやらせたらアレンの横に出る人はいませんね。
抜群の安定感を誇る・・・だからベテラン・ジャズメンとの相性も抜群です。

つくづくアレンは貴重なテナー・サックス奏者だと思います。
レスター・ヤング~スタン・ゲッツ、ズート・シムズ、アル・コーンの系図を見事に受け継いでいます。
同時にベン・ウェブスター~スコット・ハミルトンのラインも持っています。
ハリー・アレンにはこの系統を守っていってほしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

WARREN WOLF SEXTET / WARREN WOLF [Jazz Vibraphone]

* WARREN WOLF SEXTET / WARREN WOLF

image576.jpg

warren wolf(vib), christian mcbride(b), gregory hutchinson(ds),
jeremy pelt(tp), tina green(as,ss), peter martin(p)
2011/Mack Avenue/

1 427 Mass Ave.
2 Natural Beauties
3 Sweet Bread
4 How I Feel At This Given Moment
5 Eva
6 Senor Mouse
7 Emiily
8 Katrina
9 One For Lenny
10 Intimate Dance

ヴィブラフォン聴きの18枚目はウォーレン・ウルフの2011年作品です。
ヴァイブ・シーンの新しいスターはこのウルフでしょうか。
1979年生まれの現在38歳、バークリー出身です。
ヴァイブ界は層が薄いので貴重な存在になっています。

今作はアメリカでのデビュー作になります。
全10曲は自身のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル2曲とその他2曲の構成です。
その他の2曲はチック・コリアの(6)とジョニー・マンデルの(7)です。
ウルフ(vib)、クリスチャン・マクブライド(b)とグレゴリー・ハッチンソン(ds)という強力なトリオを中心にした作品です。
加えてピーター・マーティン(p)、ジェレミー・ペルト(tp)、ティナ・グリーン(as)が参加しています。
ウルフは達者なヴァイブ奏法を披露していますが早い曲ではテクニシャンにありがちな弾き過ぎを感じます。
で、メロディが美しいバラードが聴きどころになりました。
オリジナルでは(2)「Natural Beauties」がその他ではマンデルの(7)「Emily」が秀逸です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)


ちなみにウォーレン・ウルフのデビュー作は日本レーベルで25歳の時でした。

*WARREN WOLF QUARTET / INCREDIBLE JAZZ VIBES (2005/M&I)

image578.jpg

warren wolf(vib),
mulgrew miller(p), vicente archer(b), kendrick scott(ds)

デビュー作の題名は「INCREDIBLE JAZZ VIBES」というものでウェス・モンゴメリー(g)のデビュー時と同じです。
凄いテクニシャンであることは確かです。

nice!(0)  コメント(0) 

ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME [Jazz Vocal]

* ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME

image1250.jpg

Eliane Elias(p,vo),
Amilton Godoy(p), Marcus Teixeira(acg), Conrado Goys(elg),
Toquinho(g,vo), Marcelo Mariano(elb),Celso De Almeida(ds),
Edu Ribeiro(ds), Gustavo Di Dalva(per), Marivaldo Dos Santos(per),
Joao Bosco(vo,g), Mike Mainieri(vib), Randy Brecker(flh)
Mark Kibble (backb),etc
2017/Concord/

1 O Pato (Jayme Silva/Neuza Teixeira)
2 You Are Getting Tio Me A Habit With Me (Harry Warren)
3 Copacabana (Joao de Barro/Al Dubin)
4 Coisa Feita (Joao Bosco)
5 By Hand (Eliane Elias)
6 Sambou Sambou (Joao Donato)
7 Little Paradise (Eliane Elias)
8 Speak Low (Kurt Weill)
9 Samba De Orly (Toquinho)
10 Na Batucada da (Ary Barroso/Luiz Peixoto)
11 An Up Dawn (Eliane Elias)
12 Not To Cry (Toquinho/Eliane Elias)

遅ればせながらイリアーヌ・イリアス(vo,p)の新作を入手しました。
イリアーヌの声質は好みです。
イリアーヌはこのところ好アルバムを連発していて絶好調だと思います。
前作の「メイド・イン・ブラジル」はグラミー賞を獲得しました。
女性の50代もまたジャズ・プレイヤーとして旬を迎えている気がします。
今作もブラジルの名人達との共演でその持ち味を十分に発揮しています。
さすがにブラジル出身だけにリズムのノリは抜群でイリアーヌ独特のものです。

全12曲は自身のオリジナル4曲とその他8曲の構成です。
ベストには男性ヴォーカルとのデュオを2曲上げたいと思います。
ジョアン・ボスコの(4)「Coisa Feita」とトッキーニョの(9)「SambaDe Orly」です。
ボスコとトッキーニョのブラジリアン・リズムに心底参った・・・何とも味わい深いヴォーカルは格別です。
ただ1曲のスタンダードの「Speak Low」は異色だけどこの曲のボサノバは珍しいかも。
ランディ・ブレッカーのフリューゲル・ホーンが効果的です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

HARRY ALLEN QUARTET / RECADO BOSSA NOVA [Jazz Tener Sax]

* HARRY ALLEN QUARTET / RECADO BOSSA NOVA

image573.jpg

harry allen(ts),
joe beck(g), hassan shaker(b), adriano santos(ds)
2006/Swing Bros/

1 He Loves And She Loves
2 I Wish I Were (In Love Again)
3 Corcovado
4 Manha De Carnaval
5 Recado Bossa Nova
6 Do I love You (Because You're Beautiful)
7 Ela E Carioca
8 Bim-Bom
9 The Windmills Of Your Mind
10 E Luxo So
11 The Girl From Ipanema
12 So Danco Samba

あまりに寒いのでせめてボサノバでも聴いて夏の雰囲気を出そうか。
ということでハリー・アレン(ts)のボサノバ盤を一枚選びました。
一応、ハリー・アレンは収集対象の一人ですが多作家なのでとても追いかけ切れません。
多分、現役のジャズ・メンの中では一番じゃないでしょうか・・・まぁ、それだけ人気のある証拠ですが。
ぼちぼちと集めていて紹介していない作品も何枚か持ってます。

アレンのボサノバはポスト・スタン・ゲッツ(ts)の大本命で定評があります。
まぁね、どれを聴いても金太郎飴的ではあるけれど有名曲やリズムが同じではしょうがないです。
でもこの心地良い調べからはどうしても離れることが出来ません。
今作もいいですよ・・・アレンのボサノバ盤の上位にあげてもいいと思う。
ここはジョー・ベック(g)が新味だけどベックのシブいギター・プレイが聴きどころです。
ベックはフュージョン・シーンで一時代を築いた名手ですが2008年に62歳で亡くなっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

MARK SHERMAN QUINTET / FAMILY FIRST [Jazz Vibraphone]

* MARK SHERMAN QUINTET / FAMILY FIRST

image575.jpg

mark sherman(vib,per), joe magnarelli(tp),
allen farnham(p), dean johnson(b), tim horner(ds)
chembo corniel(conga)(4,5)
2007/City Hall/

1 Explorations
2 Fantasize
3 Family First
4 With Hope
5 Wapango
6 Lazy Autumn
7 Symmetrical
8 Punjab
9 We'll Be Together Again
10 A New Blue

ヴィブラフォン聴きの17枚目はマーク・シャーマンの2007年作品です。
シャーマンはニューヨーク生まれの60歳で今回のヴァイブ聴きの2回目の登場です。
シャーマンはドラムスやピアノも達者のようでここでは(2)と(4)の2曲でパーカッションを叩いています。
伝統的でありながらモダンな感覚を持っているヴァイブ演奏者で私には一番しっくりきました。
アレン・ファーナム(p)やティム・ホーナー(ds)といったところの隠れ名手をファミリー化しているのも嬉しいです。
今回の目玉は柔らかく温かい音色を持つジョー・マグナレリのトランペットになりますね。
このマグナレリもまた隠れ名手の一人というのも面白い・・・シャーマンはきっとこういう人が好きなんだろうね。

全10曲は自身のオリジナルが5曲、ファーナムが1曲、その4曲の構成です。
その他の曲にはパキート・デリベラ(as)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジミー・ヒース(ts)が含まれています。
凝った選曲からもシャーマンの音楽性が見えるような気がしました。
気取りがなくストレートな演奏・・・この安定感は誰にでもお勧めできるヴァイブ作品だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS [Jazz Piano]

* LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS

image1249.jpg

laurence hobgood(g), john patitucci(b), kendrick scott(ds)
2015/Circumstantial/

1 Sanctuary (Hobgood)
2 Straighten Up And Fly Right (I.Mills)
3 Triptich (Hobgood)
4 Give Me The Simple Life (H.Ruby)
5 The Waltz (Hobgood)
6 The Road Home (Hobgood)
7 If It's Magic (S.Wonder)
8 Shirakumo No Michi (Whiteb Cloud Way) (Hobgood)

いや~、これは出だしのピアノの音に参ってしまった。
抜群の雰囲気を持っています。
ローレンス・ホブグッド(p)は初見、聞けばチャーリー・ヘイデン(b)とのデュオが話題だったらしい。
CDショップのお勧めコーナーにあったので買ってみました。
共演のジョン・パティトゥッチ(b)とケンドリック・スコット(ds)にも興味を惹かれました。
メンバー的にも間違いのないピアノ・トリオということです。

全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成です。
スティーヴィ-・ワンダーの(7)「If It's Magic」が異色でしょうか。
(8)「白雲の道」は日本での印象を書いたものでしょうね。
ホブグッドは物凄いテクニシャンでキッチリとクラシックを勉強したのがよく分かります。
余裕十分のタッチとよどみのないフレーズには魅力あります。
何といっても滋味に溢れて深みのあるピアノ音が素晴らしいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING [Jazz Piano]

* ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING

image571.jpg

(1,3,5,7,9,11) : alain jean-marie(p), gus nemeth(b), al levitt(ds),
(2,4,6,8,10,12) : alain jean-marie(p), andre condouant(g), patrice caratini(b), oliver johnson(ds)
1982/Disque Debs/

1 Short Play
2 Groovin Up
3 Bongo Bop
4 Island Song
5 Skylark
6 Hubb's Bag
7 Al's Groove
8 Kako
9 Cosmaunaute
10 Bubble Gum
11 Jeanine
12 Tranes Mirror

最近のピアノ聴きのお気に入りは先日紹介したビル・メイズとこのアラン・ジェーン・マリーです。
今作はピアノ・トリオとギター入りカルテットの両方が楽しめる徳用盤です。

全12曲はメンバーのオリジナル7曲にその他5曲の構成です。
トリオはスタンダードが中心でカルテットはアンドレ・コンデュアント(g)のオリジナルが中心になっています。
つまり一粒で二度美味しい作品ということですね。
マリーはカリブ海出身のビギンの名手で切れ味鋭い華麗なピアノを聴かせてくれます。
当然ここに参加の友人達もカリブ海の香りがするけどみんながテクニシャンなので驚きました。
独特のリズム感と明るさを持った作品です。
特にアンドレ・コンデュアントに注目しました・・・流麗なギターさばき素晴らしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0)