So-net無料ブログ作成

ケニー・ワシントン(vo)&ジョナサン・カッツ・トリオ [Jazz Live]

■「ケニー・ワシントン(vo) & ジョナサン・カッツ・トリオ」を聴いてきました。
ケニー・ワシントン(vo)、ジョナサン・カッツ(p)、安ヵ川大樹(b)、アキラ・タナ(ds)

久々のライブ・レポートになります。
2年振りかな。

ケニー・ワシントン(vo)が来るということで楽しみにしていました。
中々にアメリカの旬の男性ヴォーカルを聴く機会がなかったからです。
以前にも来日公演しているようですがその時はまったくのノー・マークでした。
私がケニー・ワシントンの歌を意識したのはジョー・ロック(vib)盤のゲストで聴いてからです。

* Joe Locke Quartet / For The Love Of You (2010)

最初はてっきりあのベテラン・ドラマー(Kenny Washington)が歌っていると思っていました。
本職はだしのグラディ・テイトをはじめドラマーにも歌が上手い人はたくさんいるから。
でも同姓同名の全くの別人でした。
こちらはニューオリンズ出身の知る人ぞ知るヴォーカリストです。

休日の夜だったけど店内は満員でした。
つくづく日本のジャズ・ファンは目ざといと思いますよ。
みんな聴きたかったんですね。
普通は歌手が登場する前に前座で演奏がありますが今夜はいきなりの登場で驚きました。
ケニーさんは思ったよりずっと小柄な人でした。
でもね、歌いだしたらぐっと大きくなる感じがしました。
ライブは1曲目の「バードランドの子守唄」から始まりました。
その歌声はやさしくて、やわらかくて、まろやかで、よく通る美声です。
声量豊かに端正にゆったりと歌い上げる歌声に店内はシーンとなりました。
加えてスキャットも凄く上手くて、まるで楽器のソロを聴いているようでした。

曲目は「ララバイ・オブ・バードランド」、「トゥ・クロス・フォー・コンフォート」、「ジンジ」、「オールド・デヴィル・ムーン」、「チーク・トゥ・チーク」、「マイ・フェバリット・シングス」、「ムーンライト・イン・バーモント」、「ハニー・サックル・ローズ」、「ルート66」、「イエスタデイ」、「キャラバン」など。

ベストは4人が一丸となって盛り上がった「マイ・フェバリット・シングス」でした。
慣れ親しんだ曲・・・多分みんなが好きな曲でよく演奏しているんだと思います。
バラードの「バーモントの月」もしっとりと歌い上げて雰囲気がありました。
全体的に「イエスタデイ」を除いては古典的なスタンダードが多い印象を受けました。

個々の共演があってもこの4人が一緒に演るのは多分初めてだと思います。
でもなんとか出来てしまうのがジャズの良さでもあります。
ジョナサン・カッツさんは長い間東京を中心に活躍しているピアニストで日本語も上手いです。
アキラ・タナさんはアメリカ西海岸で長く活躍してきた日系二世のドラマーです。
ルーファス・リード(b)とのコンビ、「タナ・リード」が知られています。
1年に何度か来日して演奏しているので見る機会は多いです。
笑顔が優しくて素敵で、いつも演奏を楽しんでいるようにドラムを叩いています。
なんかその笑顔を見ると癒されるんですよ。
安ヵ川大樹さんは日本を代表するベーシストの一人です。
その強靭で確実なベース・プレイにはいつも感心されられます。
今回のライブでも安ヵ川さんが一番安定していました。
ケニーさんも安ヵ川さんが居て心強かったのではないかな。

ただ一つ残念なことがありました。
歌う前に必ず「何をやるか?」をカッツさんとケニーさんで相談してました。
これはね、演奏曲目を休憩時間に打合せしておいて欲しかったです。
1曲が終わるたびにライブの流れが分断されて余韻が消えてしまいました。

At The "Sometime" Kichijoji On 2018/11/23

nice!(0)  コメント(0) 

BENNY GREEN QUINTET / THEN AND NOW [Jazz Piano]

* BENNY GREEN QUINTET / THEN AND NOW

image1282.jpg

benny green(p), david wong(b), kenny washington(ds),
anne drummond(fl), josh jones(per), veronica swift(vo)
2018/Sunnyside/

1 Donny Hath A Way (B.Green)
2 For Regulars Only (D.Gordon)
3 Latin America (C.Walton)
4 Naturally (B.Green)
5 MInor Contention (H.Jones)
6 Enchanted Forest (B.Green)
7 Split Kick (H.Silver)
8 Say You're Mine (D.Pearson)
9 Humphrey (B.Green)
10 Hipsippy Blues (H.Mobley)
11 Something I Dreamsd Last Night (S.Fain)
12 Wiggin' (B.Green)

ベニー・グリーン(p)を買うのも久し振りで調べたら15年も間が空いてました。
15年前のアルバムはラッセル・マローン(g)とのデュオでしたがつい最近だったような気がします。
「え~、もうそんなになるのか」と、つくづく時間が経つのが早いと感じました。
ジャケットはベニーが少年だった時の写真ですね。
購入のキッカケはパーカッションとヴォーカル入り・・・グリーンのラテンなら聴いてみたい。

全12曲は自身のオリジナルが5曲とその他7曲の構成です。
デクスター・ゴードン(ts)、シダー・ウォルトン(p)、ハンク・ジョーンズ(p)、ホレス・シルバー(p)、デューク・ピアソン(p)、ハンク・モブレイ(ts)などの名前が見えました。
元々がハード・バップ・ピアニストとしてデビューしたベニーには納得のラインナップだと思います。
新味で面白かったのはヴォーカリストを楽器のように使っていたことです。
バック・グランド効果として使うのではなくてスキャットをそのまま前面に出していました。
もちろん、ヴォーカルをそのまま歌わせる場面もあります。
聴きどころはそのスキャットの(2)、(7)、(9)と(1)、(3)のラテン・リズムになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

LLEW MATHEWS TRIO / NATHALIE [Jazz Piano]

* LLEW MATHEWS TRIO / NATHALIE
Featuring Jackie McLean

image643.jpg

llew mathews(p), stan gilbert(b), albart heath(ds),
guest:jackie mclean(as)(1,5)
1998/Key'Stone/

1 Dark Eyes
2 Take The A Train
3 Roundabout
4 Golden Earrings
5 My Funny Valentine
6 A Child Is Born
7 Un Forgettable
8 Thoughtful
9 Girl Talk
10 Second Hands Smoke

ルー・マシューズ(p)の名前はほとんど知られていないと思います。
解説によると1946年のニューヨーク生まれで名門ジュリアードに学んでいます。
70年代のほとんどを空軍の音楽隊で過ごしたとありました。
除隊後はジャズマンとして地道な活動を続けていたようですがまだ表舞台には登場していません。
80年代後半になってナンシー・ウィルソン(vo)のピアニスト兼音楽監督として知られるようになりました。

日本ではマシューズをポスト・ケニー・ドリュー(p)として売り出したかったようですね。
知名度が低いのでジャッキー・マクリーン(as)をゲスト出演させたと思います。
マクリーンなら私もちょっと聴いてみたいと思ったのでこの作戦は成功したかも。
でもマクリーンが参加しているのはたった2曲なので拍子抜けしたのも事実です。
その上、マクリーンの出来はいまひとつのような気がする。

全10曲は自身のオリジナルが2曲とその他スタンダードが8曲の構成です。
マクリーン参加は(1)「Dark Eyes」と(5)「MY Funny Valentine」の2曲だけです。
バッキングは抜群でピアノ・トリオ演奏では上品でリリカルな演奏が聴けました。
全体的な印象ではマシューズのピアノはちょっと線が細いような気がします。
ヴォーカルのバックを長く務めたピアニストはあまり目立とうとしない傾向にあるから。

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

GARY BARTZ & SONNY FORTUNE QUINTET / ALTO MEMORIES [Jazz Alto Sax]

* GARY BARTZ & SONNY FORTUNE QUINTET / ALTO MEMORIES

image628.jpg

gary bartz(as), sonny fortune(as),
kenny barron(p), buster williams(b), jack dejohnette(ds)
1993Rec/Verve/

1 Stolen Moment (O..Nelson)
2 U.F.O (G.Bartz)
3 Jeannine (D.Pearson)
4 Minority (G.Gryce)
5 Billie's Bounce (C.Parker)
6 Embraceable You (G.I.Gershwin)
7 Capuchin Swing (J.McClean)
8 Lonely Woman (O.Coleman)
9 When Lights Are Low (B.Carter)
10 Warm Valley (J.Hodges)

ソニー・フォーチュンもまた70年代のマイルス・バンド出身のアルト・サックス奏者です。
先週紹介したデイブ・リーブマン(ts)と同時期に在団しました。
その後はエルヴィン・ジョーンズのジャズ・マシーンのメンバーとしても活躍しています。
フォーチュンはフリーからフュージョンまでこなす幅広い音楽性を持つミュージシャンです。
共演のゲイリー・バーツ(as)とは同年代の同志ということになります。
フォーチュンは今年の10月に79歳で亡くなったばかりです。

全10曲はバーツのオリジナル1曲を除いてはジャズの名曲が9曲の構成です。
どれもアルト・サックス奏者の作曲や演奏で有名な曲ばかりで選曲が興味深いですね。
オリバー・ネルソン、バーツ本人、ジジ・グライス、チャーリー・パーカー、ジャッキー・マクリーン、オーネット・コールマン、ベニー・カーター、ジョニー・ホッジスの偉大なアルト奏者の名前が並んでいます。
作曲者が違う2曲のうち(3)はキャノンボール・アダレイ(as)の大ヒット曲で(6)はパーカーの演奏で有名です。

バックのメンバーがまた良くてケニー・バロン(p)、バスター・ウィリアムス(b)、ジャック・ディジョネット(ds)です。
ゲイリー・バーツとソニー・フォーチュンのアルト・サックス名手の二人の競演を存分に楽しめるアルバムです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ERIC ALEXANDER NEW YORK ALL-STARS / BURNIN' IN LONDON [Jazz Tener Sax]

* ERIC ALEXANDER NEW YORK ALL-STARS / BURNIN' IN LONDON

image1281.jpg

eric alexander(ts),
harold mabern(p), darryl hall(b), bernd reiter(ds)
2018/Ubuntu/

1 Almost Like Being In Love (F.Lowe)
2 I Could Have Danced All Night (F.Lowe)
3 Nightlife In Tokyo (H.Mebern)
4 It's Magic (J.Styne)
5 The Night Has A Thousand Eyes (J.Brainin)
6 Summertime (G.Gershwin)

エリック・アレキサンダー(ts)は収集対象なので名前を見れば必ずチェックします。
それで現在エリックは手持ちCDの中で数が一番多くなった。
エリックは自己名義の他に「One For All」や「Reeds & Deeds」の作品もある。
またエリックは多作家なのでが共演盤やゲスト参加したCDも数多く存在しています。
いったいどれだけあるのか?・・・とても追いかけ切れないしその根気も失せている。
ちなみにLPではジェリー・マリガン(bs)だったけど近年はまったく聴いていません。
聞くところによると小さい頃から何かを集めたがるのは男の習性らしい。

全6曲はハロルド・メイバーン(p)作の1曲を除いてスタンダード5曲の構成です。
意外だと思った選曲は(2)「I Could Have Danced All Night」(邦題:踊り明かそう)です。
御存知ミュージカル映画の「マイ・フェア・レディ」の1曲だけど近年で選ばれることは少ないと思う。
それもヴォーカルならともかくインストでは珍しいですね。

メイバーンとエリックの関係は長くて、エリックのシカゴ時代の初リーダー・アルバムまでさかのぼります。
今までずっと師弟関係が続いているわけです。
メイバーンはすでに80歳を超えてますが相変わらずのパワフルでエネルギッシュなピアノを聴かせてくれます。
時に情緒に欠けることもあるけれど元気をもらえることも確かです。
ベースのダリル・ホールはアメリカ生まれですが現在はフランスのパリで活躍中です。
ドラムスのベルンド・レイターはオーストリア出身でエリックとの共演盤があります。

ところで表題が「New York All-Stars」になってるんだけど意味不明です。
「どこが~?」とついツッコミたくなりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

BOZ SCAGGS / BUT BEAUTIFUL [Jazz Vocal]

* BOZ SCAGGS / BUT BEAUTIFUL

image642.jpg

boz scaggs(vo),
paul nagel(p), john shifflett(b), jason lewis(ds)、
eric crystal(sax)
2003/Gray Cat/

1 What's New ?
2 Never Let Me Go
3 How Long Has This Been Going On ?
4 Sophisticated Lady
5 But Beautiful
6 Bewithed, Bothered And Bewildered
7 Easy Living
8 I Should Care
9 You Don't Know What Love Is
10 For All We Know
11 My Funny Valentine

ボズ・スキャッグスは1970年代のクロスオーバー・シーンに登場したヴォーカリストです。
日本でAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)というジャンルを確立した人気歌手の一人です。
1976年に出したアルバム「Silk Degrees」は大いに話題にもなったので私も買いました。
その中で歌われた自身のオリジナルの「We're All Alone」は大ヒットを記録しています。
現在でも多くの歌手にカバーされている名曲です。

今作は珠玉のジャズ・バラード集・・・全11曲は全てスタンダードで占められています。
多くの歌手が年齢を経てある程度の実力が備わってくるとスタンダードを歌いたくなる傾向にあります。
ジャズに近いところに居た人なので違和感がないけれどスキャッグスもまた例外ではなかった。
スキャッグスらしくムード溢れるメロウなヴォーカルとサウンドを聴かせてくれました。
私的ベストはじっくりと歌い上げられた(8)「I Should Care」です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

DAVID LIEBMAN & RICHARD BEIRACH DUO / DOUBLE EDGE [Jazz Duo]

* DAVID LIEBMAN & RICHARD BEIRACH DUO / DOUBLE EDGE

image621.jpg

david liebman(ss,fl,ts), richard beirach(p)
1985Rec/Storyville/

1 Naima
2 Round Midnight
3 India
4 On Green Dolphin Street
5a Lover Man
5b Some Other Time
6 Oleo

デイブ・リーブマンはマイルス・バンド出身のコルトレーン派のテナー・サックス奏者です。
リッチー・バイラークは1970年代に頭角を現したチック・コリア系の多彩なピアニストです。
リーブマンとバイラークの共演作は多く、いわば盟友の関係にあります。
そんな二人のデュオ作品は何枚かあるけれど今作はその中の一枚です。
実力があって気心が知れている二人のスタンダード作品が悪かろうはずがありません。

全6曲はモダン・ジャズの名曲も多いです。
ジョン・コルトレーン(ts)、セロニアス・モンク(p)、ソニー・ロリンズ(ts)の曲が演奏されています。
才人二人の濃密なコレボレーションが聴きどころになりました。
バイラークのピアノは静謐で幻想的な雰囲気を持っていて、ヨーロッパの土壌に合っていたと思う。
リーブマンのサックス奏法は個性的で一度聴いたら忘れられない味があります。
うねったり、かすれたり、多弁になったり、超クールな感覚もあって、クセになる独特の奏法です。
それが何ともたまらないんですよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)


テナー・サックスの名手4人の競演です。
マイケル・ブレッカー、デイブ・リーブマン、ジョージ・ガーゾーン、ジョシュア・レッドマンのガチンコ勝負。
私はもう何度聴いたか分からない・・・ブレッカーはもう居ませんね。
それぞれが素晴らしい演奏だけど特に印象に残ったのは誰かな?
私はリーブマンが良かったです。
バックのメンバーも凄いので、実際、こういうのを聴いているとCDがいらなくなってしまう。



「Impressions」
Michael Brecker - Tenor Sax
Dave Liebman - Tenor Sax
George Garzone - Tenor Sax
Joshua Redman - Tenor Sax
Geoffrey Keezer - Piano
Dave Holland - Bass
Christian McBride - Bass
Jack Dejohnette - Drums

nice!(0)  コメント(0) 

KATO SHINICHI & SHIMIZU ERIKO DUO / DOUBLE AXES [Jazz Duo]

* KATO SHINICHI & SHIMIZU ERIKO DUO / DOUBLE AXES

image1280.jpg

加藤真一(b) , 清水絵理子(p)
2018/F.S.L/

1 Parisian Thoroughfare (B Powell)
2 Loose Bloose (B.Evans)
3 Sabia (A.C.Jobim)
4 Retrato Em Branco E Preto (C.Busrque)
5 Tenderly (W.Gross)
6 You Must Believe In Spring (M.Legrand)
7 Come Sundy (D.Ellington)
8 We'll Be Together Again (C.Fischer)
9 For You (K.Shinichi)

先日、久々に清水絵理子(p)さんを見る機会がありました。
「7、8年ぶりか、いや10年ぶりじゃないの」なんて会話が出るほど間が空いてしまった。
以前はボーカルのバックはもちろん、竹内直(ts,bcl)さんや峰厚介(ts)さんのグループでよく聴いてたんだけど。
一番最初に感じたのは音に凄みが出ていたこと、貫禄が付いて姉御風になっていたことです。
元々がアグレッシブなピアノを弾いていたけど年を経て、よりエネルギッシュでパワフルな音になってました。
共演の加藤真一(b)さんは幅広い音楽性を持つ実力者で「何でも来い」のベーシストとして知られています。
それこそ超が付くほどの売れっ子ベーシストです。
そんな二人のデュオ盤が今作です、エリッチョから手渡しで入手しました。

全9曲は加藤さんの1曲を除いて全てスタンダードの構成です。
見てみると興味深い作曲者と色んな曲調の曲が網羅されていて選曲が面白いです。
現在の二人の全てを聴いてもらおうという狙いがあるように思います。
清水さんは速い曲には定評があるのでスローな曲が聴きどころになりました。
私的ベストはジョビンの(3)「Sabia」で加藤さんとのコンビネーションが素晴らしかった。
エヴァンスの(2)「Loose Bloose」の音遣いや(5)「Tenderly」のスイング感も心地良かったです。
唯一のオリジナルの(9)「For You」では加藤さんのアルコ・プレイが美しいです。
加えて特筆すべきは録音が素晴らしいことでオーディオ・ファンにもお勧め出来ます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

MARILYN SCOTT / EVERY TIME WE SAY GOODBYE [Jazz Vocal]

* MARILYN SCOTT / EVERY TIME WE SAY GOODBYE

image641.jpg

marilyn scott(vo),
cyrus chestnut(p), gerald cannon(b), willie jones Ⅲ(ds)、
paul bollenback(g), ken peplowski(ts,cl)
2008/Venus/

1 Every Time We Say Goodbye
2 I Got Lost In His Arms
3 Lonely Town
4 Detour Ahead
5 Do You Know The Way To San Jose ?
6 Autumn In New York
7 I Love Paris
8 Cry Me A River
9 Caravan
10 Somewhere

私は癒し系ジャズを選ぶ時に日本制作盤を選ぶ傾向にあります。
スタンダードが中心で聴き易く「絶対に間違いない」との安心感があるからです。
日本人としての感性が同じで日本人向けのジャズを作ることに何の疑問も抱いていません。
まぁね、色んな意見もあるけれど、いつの時代も「買う買わない」は聴く人の勝手だから。

さて今作のマリリン・スコット(vo)は初見です。
アメリカの西海岸を中心に活躍しているフュージョン系の歌手だそうです。
これまでのアルバムの大半はジョージ・デューク(p)がプロデュースとありました。
録音時は60歳近いですがしっかりと声が出ています。
ちょっとかすれたハスキー・ボイスで大人の女性の歌声、もちろん歌は上手いです。
ピアノにサイラス・チェスナット、テナー・サックスにケン・ぺプロスキーが参加していて楽しめました。
特に(1)「Every Time We Say Goodbye」は大好きな歌でこれが入っているとまず手が伸びてしまう。
コール・ポーターが書いた曲は多いけどヴォーカリストに一番好まれると聞いたことがある。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOHN HANDY QUINTET / LIVE AT THE MONTEREY JAZZ FESTIVAL [Jazz Alto Sax]

* JOHN HANDY QUINTET / LIVE AT THE MONTEREY JAZZ FESTIVAL

image640.jpg

john handy(as), jerry hahn(g),
mike white(vln), don thompson(b), terry clarke(ds)
1965Rec/CBS/

1 If Only We Knew
2 Spanish Lady

先週に引き続きパワフル&エネルギッシュなノン・ストップ・パフォーマンスを1枚上げたいと思います。
ジョン・ハンディ(as)もまたエリック・ドルフィ(as)同様にチャールス・ミンガス(b)・バンドの出身です。
ミンガス・バンド出身者には個性的なミュージシャンが多いけどハンディもその中の一人です。

今作は名実共にジョン・ハンディの代表作になっています。
「この人のこの1枚とか」、「この人のこの1曲とか」の話題になれば必ず出てくるアルバムです。
ハンディとジェリー・ハン(g)、マイク・ホワイト(vln)、ドン・トンプソン(b)、テリー・クラーク(ds)がメンバー。
才人の集まりだったですが特にギターとバイオリンの組み合わせでぶっ飛ばすところが超個性的でした。
この組み合わせは古くはジャンゴ・ラインハルト(g)とステファン・グラッペリ(vln)があるのでそれがルーツかな。
収録曲はたったの2曲でLPではA面B面で1曲づつでした。
なんといってもB面の「Spanish Lady」が素晴らしかった。
演奏の盛り上がりに大興奮・・・若い頃にはそれこそB面が擦り切れるほど聴きました。

ところで今作ではCD化のマイナス面を強く感じました。
ライブの臨場感がまったくなくなっていました。
何度もCD化されるたびに音が削られて空虚な音しか聴けなくなっている。
まさに「安かろう悪かろう」の典型、これでは初めて聴く若い人達があまりにも気の毒だよ。
私にしてもいくら「演奏が聴ければいい」といってもとてもついていけない。
中古市場でのLP人気やLPの復活の理由がよく分かります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(2)