So-net無料ブログ作成

BUSTER WILLIAMS QUARTET / AUDACITY [Jazz Bass]

* BUSTER WILLIAMS QUARTET / AUDACITY

image1289.jpg

buster williams(b),
steve wilson(as,ss), george colligan(p), lenny white(ds)
2018/Smoke Sessions/

1 Where Giants Dwell (B.Williams)
2 Song Of The Outcasts (B.Williams)
3 Sisko (S.Wilson)
4 Ariana Anai (B.Williams)
5 Lost On 4th Avenue (G.Colligan)
6 Atumblin' (L.White)
7 Triumph (B.Williams)
8 Briana (B.Williams)
9 Audacity (B.Williams)

バスター・ウィリアムス(b)の今作は昨年のベスト3にも上がっていた一枚です。
私も気になっていたんですがようやく入手しました。
バスター・ウィリアムスは現在76歳で幅広い音楽性を持つベーシストです。
またヴォーカリストのバッキングも上手く、加えて今作では作曲者としての才能も認めました。
私がベーシストとしてのバスターを意識したのは「ジャズ・クルセイダーズ」が最初です。

全9曲は自身のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル3曲の構成です。
このメンバーでスタンダードが1曲も入っていないのは珍しいと思います。
共演がスティーヴ・ウィルソン(sax)、ジョージ・コリガン(p)、レニー・ホワイト(ds)というのも興味ありました。
スティーヴ・ウィルソンは「OTB」、「チック・コリア&オリジン」出身のサックス奏者です。
正直今まではちょっと線が細いかと思ってたけど今作を聴いて考えを改めました。
スティーヴのベスト・プレイが詰まっていた・・・やっぱりチックが見込んだ通りの実力者だったです。
コリガンとホワイトもさすがのプレイを聴かせているのでバスター晩年のベスト・アルバムになるかも。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

SALLY NIGHT / BALLADS FOR YOU [Jazz Vocal]

* SALLY NIGHT / BALLADS FOR YOU

image657.jpg

sally night(vo),
jon davis(p), dezron douglas(b), willie Jones 3(ds),
romero lubambo(g)
2012/Venus/

1 More Than You Know
2 It Amazes Me
3 Everything I've Got Belongs To You
4 In Love In Vain
5 Fascinating Star
6 Everything Happens To Me
7 Good Morning Heartache
8 I Hadn't Anyone Till You
9 London By Night Is A Wonderful Sight
10 Medley : Close To You~The Shadow Of Your Smile
~It's Impossible
11 Prelude To A Kiss
12 Round Midnight
13 Blame It On My Youth
14 Speak Low
15 Yes I Do

今年はヴォーカル・アルバムを多く聴きたいと思っています。
ただ意識的にヴォーカルを聴くといってもいったい誰を聴けばいいんだ?
当然の疑問が湧いてきた。
手当たり次第に聴くという方法もあるけれどもっと絞り切れないものかと考えた。
スタンダード中心の日本製作盤は日本人好みのヴォーカリストが選ばれているのではないか。
元々私にはその傾向があったけど、改めてその辺から聴いてみようと思いました。

サリー・ナイトは初見、「バラード・フォー・ユー」の題名も良かった。
「More Than You Know」、「Everything Happens To Me」、「Good Morning Heartache」、
「Close To You」などの好きな曲も入っていた。
1曲目を聴いてビリー・ホリディ(vo)に似ていると思いました。
多くのヴォーカリスト同様にサリーもまたビリー・ホリディがルーツなんだろうね。
サリーの一番の長所は丁寧にキッチリと歌っているところだと思います。
声質は深く濃い感じでジャズ度が高い歌唱法です。
あんまり馴染みのない曲も聴きどころでシブい歌声に私はけっこうハマりました。
バック・ミュージシャンは地味系ですが名手が揃っていて歌手の良さを引き出しています。
ジョン・デイヴィスの美しくしっとりとしたピアノが心に響く。
またブラジル出身のホメロ・ルバンボのギター・ワークも素晴らしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

ARCHIE SHEPP & NIELS=HENNING ORSTED PEDERSEN / LOOKING AT BIRD [Jazz Duo]

* ARCHIE SHEPP & NIELS=HENNING ORSTED PEDERSEN / LOOKING AT BIRD

image622.jpg

srchie shepp(ts), niels-henning orsted pedersen(b)
1980/SteepleChase/

1 Moose The Mooche
2 Embraceable You
3 Ornithology
4 Billie's Bounce
5 Yardbird Suite
6 Blues For Alice
7 How Deep Is The Ocean
8 Confirmation

先週に続いてアーチー・シェップ(ts)のデュオ・アルバムです。
今回の相手はニールス・ペデルセン(b)です。
シェップのチャーリー・パーカー作品集です。
聴いていて思うのはバードはやはりシェップにとっても「永遠のあこがれ」だったということ。
シェップも若い頃は一所懸命にバードの後姿を追っていた。

全8曲はバード作が5曲とその他3曲の構成です。
ペデルセンのベース・ラインに乗ってシェップが縦横無尽に展開する。
やっぱり何もかもが素晴らしいと思いました。
バードの(8)「Confirmatin」は難曲でサックス奏者が上手くなると必ずやりたがる曲です。
シェップもずいぶんと練習したと思いますよ・・・味わい深い演奏を聴かせてくれました。
ここでのペデルセンもまた聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0)