So-net無料ブログ作成

MAISHA / THERE IS A PLACE [Jazz Group]

*MAISHA / THERE IS A PLACE

image1290.jpg

jake long(ds), nubya garcia(sax,fl), shirley tetteh(g), amane suganami(p),
twn dylan(b), tim doyle(per), yahael camara-onono(per),
strings, etc
2018/Brownswood/

1 Osiris
2 Azure
3 Eaglehurst / The Palace
4 Kaa
5 There Is A Place

マイシャは新世代UKジャズ・シーンを牽引する今最も注目を集めるグループらしい。
往年のスピリチュアル・ジャズとアフロ・ビートやアフリカン・リズムを融合させるとあった。
期待を持って1曲目を聴いてみました。
ジョン・コルトレーン~ファラオ・サンダースを踏襲しているけどバックのリズムに特徴がありました。
パーカッションが2人とトランペット、ハープを含むストリングスが分厚いリズムを刻みます。
ただジャズの持つフリーな展開は?なので計算されたバック・サウンズと言えるかもしれないです。

全5曲は全てオリジナルで占められています。
リーダーはジェイク・ロング(ds)でバタバタとしたノスタルジックなドラミングが面白いです。
女性サックス&フルート奏者のヌビア・ガルシアとアマネ・スガナミ(p)、シャーリー・テテー(g)にも注目しました。
どの曲も聴きどころですがやはり1曲目の「Osiris」は12分近い長丁場でインパクトがありました。
何重にも絡み合う分厚いアンサンブルがどこまでも広がっていく。
洗練されたアフロ・ビートと激しく煽るストリングスのバッキングが新鮮です。
そういえば今までこういうジャズ・サウンドは聴いたことがなかったかもしれません。
この点でジャズの新しい方向性を表した一枚かも知れません。
これを聴いて遅ればせながらカマシ・ワシントン(ts)も聴いてみようかと思っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(1)  コメント(0) 

RITA REYS / THAT OLD FEELING [Jazz Vocal]

* RITA REYS / THAT OLD FEELING
With Pim Jacobs Trio & Johnny Griffin

image659.jpg

rita reys(vo),
pim jacobs(p), ruud jacobs(b), peter ypma(ds),
johnny griffin(ts)
1979Rec/CBS/

1 Too Marvelous For Words
2 Fly Me To The Moon
3 Poor Butterfly
4 My Foolish Heart
5 Mr. Wonderful
6 That Old Feeling
7 Over The Rainbow
8 Remember
9 Everything Happens To Me
10 Isn't It Romantic
11 The Touch Of Your Lips Yes I Do

今作もまた昨年の「ベスト3」に上がっていた一枚です。
リタ・ライス(vo)とピム・ヤコブス(p)はご夫婦で、それにジョニー・グリフィン(ts)が加わっています。
グリフィンのヴォーカルのバックを聴くのは初めてかもしれないので興味がありました。
予想としては「けっこうゴリゴリ吹いているんだろうな」と思っていました。
リトル・ジャイアントのグリフィンは止まらない。

ところがファ~と柔らかく出てきたので予想は見事に外れました。
全体を通してここでのグリフィンのバッキングが素晴らしいです。
ゆったりと落ち着いていて色気も十分に感じさせました。
グリフィンはこんな演奏も出来るのかと新たな一面を聴かせてもらいました。
リタ・ライスの艶やかな歌声とピム・ヤコブスの流麗なピアノも申し分ありません。
どれもいいけどベストには(1)「Too Marvelous For Words」を上げておきます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

ARCHIE SHEPP QUARTET / BALLADS FOR TRANE [Jazz Tener Sax]

* ARCHIE SHEPP QUARTET / BALLADS FOR TRANE

image658.jpg

archie shepp(ts),
albert dailey(p), reginald workman(b), charles persip(ds)
1977/Denon/


1 Soul Eyes
2 You Don't Know What Love Is
3 Wise One
4 Where Are You ?
5 Darn That Dream
6 Theme For Ernie

一枚のアルバムが後世に与える影響はどうなんだろう?
「ジョン・コルトレーンのバラード」は後のテナー・サックス奏者のお手本になった。
多くのサックス奏者が同じようなアルバムを作っています。
そしてそのほとんどがコルトレーンに捧げる形になっている。

今作はシェップのそんなアルバムです。
コルトレーンはシェップが師と仰ぐ存在なので当たり前といえば当たり前かな。
シェップのバラード奏法が満喫出来ました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0)