So-net無料ブログ作成

CLAIRE MARTIN & JIM MULLEN / BUMPIN' [Jazz Vocal]

* CLAIRE MARTIN & JIM MULLEN / BUMPIN'

image1302.jpg

claire martin(vo), jim mullen(g),
mads barentzen(p), thomas ovesen(b), kristian leth(ds)
2019/Stunt/

1 Road Song (W.Montgomery)
2 Polka Dots And Moonbeams (J.Van Housen)
3 Willow Weep For Me (S.Ronell)
4 'Round Midnight (T.Monk)
5 If You Could See Me Now (T.Dameron)
6 Goin' Out Of My Head (T Randazzo)
7 I Could Get Used To This (Bumpin') (W.Montgomery)
8 West Coast Blues (Bock To Bock) (W.Montgomery)
9 Back In The Room (B.Montgomery)
10 Born To Be Blue (M.Torme)
11 The End Of A Love Affair (E.Redding)

クレア・マーティンはオーストラリア出身でイギリスでブレイクしたヴォーカリストです。
クレアを聴くのは2枚目ですが前回は2002年だったので17年振りということになりました。
長いご無沙汰ですが私にはこういう人がいっぱい居ます。
クレアは声量はやや物足りないけど、とても歌の上手い人です。
ギタリストのジム・ミューレンと組んでのウェス・モンゴメリー(g)のトリビュート盤です。

全11曲はウェス&バディのモンゴメリー兄弟が4曲とその他7曲の構成です。
ヴォーカル盤としては全体的に凝った曲が選曲されていてジャズ度が高い難曲が並んでいます。
一番の聴きどころは「クレアがその難曲をどう料理しているか」ということになると思います。
(2)~(6)までの流れが素晴らしい・・・ミューレンのクリアなシングル・トーンにも注目です。
ベストは絶妙なノリを聴かせるタッド・ダメロンの(5)「If You Could See Me Now」か。
クレアの上手さが際立つ一枚になりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

NICKI PARROTT / AUTUMN LEAVES [Jazz Vocal]

* NICKI PARROTT / AUTUMN LEAVES

image683.jpg

nicki parrott(vo,b), john di martino(p),
lisa parrott(bs), paul meyers(g), tim horner(ds),
harry allen(ts), james greening(tb)
2012/Venus/

1 Autumn Leaves
2 Early Autumn
3 Autumn In New York
4 Autumn Nocturne
5 Autumn Serenade
6 Autumn in Rome
7 Tis Autumn
8 September Song
9 Lillaby Of The Leaves
10 Willow Weep For Me
11 Maybe September
12 September In The Rain
13 Whe October Goes
14 Stormy Weather

現在ニッキ・パロット(vo,b)を何枚か入手して集中的に聴いています。
何枚か聴いているうちにベスト盤に上げたいのは先週と今週の2枚です。
特に今作はマルティーノに加えて名手ポール・メイヤーズ(g)とハリー・アレン(ts)が共演なので鉄板です。

ニッキには春、夏、秋、冬の歌を歌った「四季の歌」というシリーズがあります。
今作の「枯葉」は当然ながら「秋の歌」ですが4枚の中では一番のお気に入りになりました。
やはり秋は何となく物悲しくてジャズのテーマには向いているような気がします。
(1)~(7)までのオータム並びが面白い・・・「オータム」が付く歌はみんないいですね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

JIM TOMLINSON QUINTET / ONLY TRUST YOUR HEART [Jazz Tener Sax]

* JIM TOMLINSON QUINTET / ONLY TRUST YOUR HEART

image682.jpg

jim tomlinson(ts), colin oxley(g),
john pearce(p), simon thorpe(b), steve brown(ds),
guy barker(tp)(3,5,10), stacey kent(vo)(3,7,11)
1999/Candid/

1 Makin' Brownies
2 Only The Lonely.
3 I'M Just A Lucky So And So
4 Only Trust Your Heart
5 Just A Child
6 Vienna Blues
7 Glad To Be Unhappy
8 El Cajon
9 Blue Corners
10 What Will I Tell My Heart
11 If You Never Come To Me

ジム・トムリンソンはイギリス出身のテナー・サックス奏者です。
レスター・ヤング~スタン・ゲッツ系のクールでソフトな音色の持ち主です。
ヴォーカリストのステイシー・ケントの夫君として知られているかな。
3曲にそのステイシーがゲスト参加していて盛り上げています。

聴いてみれば一目瞭然。
何といってもそのやさしくやわらかな音色に癒されます。
これがトムリンソンの最大の特徴です。
表題曲の(4)「Only Trust Your Heart」のムードは最高です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0)