So-net無料ブログ作成

SK4 / SK4 BLUES [Jazz Group]

* SK4 / SK4 BLUES

image1304.jpg

佐藤洋祐(as)、菊池太光(p)、楠井五月(b)、山田玲(ds)
2018/Body & Soul/

1 SK4 Blues (S.Kusui)
2 Three Little Word (B.Kalmer/E.Heyman)
3 Body And Soul (F.Eyton/E.Heyman/R.Sour)
4 Koinu No Waltz (F.Chopin)
5 I'll Be Seeing You (S.Fain/I.Kahal)
6 Night And Day (C.Poter)
7 Giant Steps (J.Coltrane)

今作は3月に見た「故・辛島文雄・トリビュート・ライブ」の会場で入手しました。
ライブには菊池太光(p)さんと楠井五月(b)さんが参加していました。
南青山の老舗ライブハウスの「ボディ・アンド・ソウル」が製作発売しているものです。
「SK4」の名前はボディのオーナーの関京子氏の頭文字だそうです。
名前が名前だけに悪かろうはずがありませんね。
メンバーで知らなかったのは佐藤洋祐(as)さんだけだったです。
菊池さん、楠井さん、山田玲(ds)さんは何度もライブ・ハウス見ています。
いずれもその実力には定評がある注目度が高いプレイヤー達です。
というわけでここで一番気になったのは佐藤さんで「どんな演奏を聴かせてくれるのか?」

全7曲はオリジナル1曲、クラシック1曲、スタンダード5曲の構成です。
佐藤さんのアルト・サックスは実に鮮やか、物凄いテクニシャンで変幻自在に展開します。
低音から高音までスムーズに音が出てきてまったくストレスを感じさせません。
驚異的な上手さ・・・これほど達者なアルト奏者はそうはいないのではないかな。
4人に感じるのは圧倒的なスピード感です。
たとえバラードであっても内に秘めた疾走感を感じるのが最大の魅力だと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0) 

CHRIS BYARS SEXTET / THE MUSIC OF DUKE JORDAN [Jazz Alto Sax]

* CHRIS BYARS SEXTET / THE MUSIC OF DUKE JORDAN

image687.jpg

chris byars(as), stefano doglioni(bcl), john mosca(tb),
pasquale grasso(g), ari roland(b), stefan schatz(ds),
yaala ballin(vo)(4,7), janita byars(cl)(10), mine sadrazam(p)(10)
2014/SteepleChase/

1 Jordanish
2 Undecided Lady
3 There's A Star For You
4 If I Did - Would You ?
5 The Bullet (Shinkansen)
6 Gabrielle's Wish
7 Lesson In Love
8 Paula
9 Glad I Met Pat
10 Sultry Eve
11 Table Chess

先週、このクリス・バイアーズ(sax)を聴いて良かったのでさかのぼって聴いています。
こちらはセクステットによるデューク・ジョーダン(p)作品集です。
バス・クラリネットとトロンボーンの低音楽器2本の組み合わせが珍しいと思います。
バッキングの底辺には重低音が響き、それにアルト・サックスの音が絡まる。
ここでも新鮮で面白いサウンドが聴けました。
めったに聴けないフレディ・レッドやデューク・ジョーダンの曲に陽を当てる。
凝った選曲やアレンジの妙を感じることが出来ます。
クリス・バイアーズには非凡なセンスがあります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

CHRIS BYARS OCTET / MUSIC FOREVER [Jazz Tener Sax]

* CHRIS BYARS OCTET / MUSIC FOREVER

image686.jpg

chris byars(ts), scott wendholt(tp), john mosca(tb),
zaid nasser(as), mark lopeman(bs),
sacha perry(p), ari roland(b), stefan schatz(ds)
2012/SteepleChase/

1 Somewhere / Music Forever
2 Minor Interlude.
3 Time To Smile
4 Just A Ballad For My Baby
5 Emily Reno
6 Old Spice
7 The Thespian

先週、このクリス・バイアーズ(sax)を聴いて良かったのでさかのぼって聴いています。
今作はオクテット(8重奏団)編成のフレディ・レッド(p)作品集です。
フレディ・レッドも久々に聴く名前だけど現在もまだ健在らしいです。
フレディはピアニスト、作曲家としても知られていてジャッキー・マクリーン(as)とのコンビが有名かな。
美しいハーモニーには定評があって(3)「Time To Smile」を聴いた途端に記憶がよみがえってきました。
5管によるアンサンブルと分厚いハーモニーが聴きどころになる作品です。
私はとても新鮮な感じがしました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0)