So-net無料ブログ作成

AVISHAI COHEN TRIO & QUINTET / ARVOLES [Jazz Bass]

* AVISHAI COHEN TRIO & QUINTET / ARVOLES

image1312.jpg

avishai cohen(b), elchin shirinov(p), noam daid(ds),
bjorn samuelsson(tb)(1,6,9,10), anders hagberg(fl)(1,6,9,10)
2019/Razdaz Records/

1 Simonero
2 Arvoles (Trad)
3 Face Me
4 Gesture #2
5 Echinov
6 Childhood For Carmel
7 Gesture #1
8 Nostalgia
9 New York 90's
10 Wings

久し振りにアヴィシャイ・コーエン(b)のアルバムを入手しました。
アヴィシャイは1970年生まれ、イスラエル出身で注目のイスラエル・ジャズの先駆者でもあります。
チック・コリア&オリジンで名を上げました。
身体の奥底に響くようなエネルギッシュかつ強力なベース・プレイは他の追随を許しません。
アヴィシャイもまた才能のあるジャズ・プレイヤーを見出しては世界に紹介しています。
ここではアゼルバイジャン出身の若手ピアニスト、エルチン・シリノフが聴きどころになりました。

さて今作は全10曲、古典の1曲を除いて全てアヴィシャイ自身のオリジナルです。
相変わらずの中近東の香りを強く滲ませた個性的なサウンドはズシンと重たく響いてきます。
ただ同様のサウンドが続いているのでちょっとマンネリ感が出ているのはいがめません。
そんなこともあってか、5曲にトロンボーンとフルートの珍しい組み合わせを起用してきました。
工夫の跡は十分に感じられるけど、ただ思ったほどの効果は出ていないような気がします。
オリジナルが多いのがその理由かも知れない。
逆にこのメンバーで超有名なスタンダードのバラード集を演奏してみたらどうだったかと思います。

今年の8月にアヴィシャイ・コーエン・トリオが来日します。
「2019東京ジャズ・フェスティバル」(8/30~9/1)
メンバーはアヴィシャイ・コーエン(b)、エルチン・シリノフ(p)、マーク・ジュリアナ(ds)です。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

GRANT STEWART QUINTET / ESTATE [Jazz Tener Sax]

* GRANT STEWART QUINTET / ESTATE

image703.jpg

grant stewart(ts), joe cohn(g),
ehud asherie(p), joel forbes(b), phil stewart(ds)
guest:eric alexander(ts)(1,6)
2006/Videoarts Music/

1 Syetems
2 Soul Station
3 Rain Check
4 Estate
5 Carving The Rock
6 3 For Carson
7 Jacqueline
8 Cool Struttin'
9 Felicidate

グラント・スチュワート(ts)を再評価してから見かけるたびに未聴アルバムを収集しています。
今作はギター入りクインテット編成で2曲にエリック・アレキサンダー(ts)がゲスト参加しています。
ステュアートは1971年生まれ、カナダのトロント出身、主筋はソニー・ロリンズになると思う。
現代のテナー・サックス奏者の多作家といえばスコット・ハミルトン、ハリー・アレン、エリック・アレキサンダー、とこのグラント・スチュワートが四天王でつまり世界中で高く評価されているということになります。
結局、多くのジャズ・ファンはなんだかんだと言いながらも聴きやすくて癒されるジャズを求めている。
もちろん私もその一人です。

今作は案外目立たず地味な一枚かも知れないけど結構良かったです。
ゆったりとして大らかなスチュワートの特徴がよく出ていました。
表題曲の(4)「Estate」におけるバラード奏法も秀逸で全体的にジャズ度が高いと感じました。
今作に関してはゲストのエリックは余計だったんじゃないかな。
ワン・ホーンで通した方がスッキリとまとまったような気がします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

KAREL BOEHLEE TRIO / SWITCH [Jazz Piano]

* KAREL BOEHLEE TRIO / SWITCH

image702.jpg

karel boehlee(p), frans bouwmeester(b), hans eykenaar(ds)
1989(1984rec)/Timeless/

1 Autumn Leaves
2 Switch (K.Boehlee)
3 Misty
4 Summertime
5 J.E.S.T
6 On A Clear Day
7 Forest Flower
8 United Blues
9 Recorda Me

カレル・ボエリーは1960年生まれ、オランダ出身です。
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(EJT)の初代ピアニスト、88年にEJTの「ノルウェーの森」でデビューしています。
その美しい音色は一発で日本のクラシック・ファンをも魅了してしまった。
その後に起こったヨーロッパ・ジャズ・ブームに一役買ったのは間違いありません。
ちなみにEJTの二代目ピアニストはマーク・ヴァン・ローンでしたね。
ボエリーはトゥーツ・シールマンスとの共演でも知られていて世界的にはこちらの評価が高いです。
ご存知シールマンスはジャズ・ハーモニカの第一人者でギタリストでもあります。
シールマンスの前任ピアニストは才人ケニー・ワーナーだったのでその後釜に座るというのも凄いと思う。

さて今作は1989年発売ですが録音は1984年になっています。
全9曲は自身のオリジナル1曲にその他スタンダードが8曲の構成です。
ボエリーが大学3年の時に結成したピアノ・トリオでこれが実質的なデビュー盤になりますね。
まぁ、驚くほどの完成度でこれが大学生の演奏とは誰も思いませんよ。
どれを聴いても流麗かつ強靭なタッチと美旋律が瑞々しく弾けていた。
とんでもない演奏が詰まっています。
ヨーロピアン・ジャズ・トリオの息吹、芽生えがここにありました。
(6)「On A Clear Day」は大好きな曲だけどそのスピード感と切れ味に参ってしまった。
1980年代ピアノ・トリオ名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOHN HART QUARTET / CROP CIRCLES [Jazz Guitar]

* JOHN HART QUARTET / CROP CIRCLES

image1311.jpg

john hart(g),
dick oatts(as), bill moring(b), tim horner(ds)
2019/SteepleChase/

1 How Deep Is The Ocean (I.Berlin)
2 In Traneing (J.Hart)
3 Guernica (J.Hart)
4 Time On My Hands (V.Youmans)
5 Crop Circles (J.Hart)
6 Sophisticated Lady (D.Ellington)
7 We See (T.Monk)
8 Les Feuilles Mortes (J.Kosma)
9 Besame Mucho (L.Miguel)

今作はちょっとシブめのジャズ・ギターが聴きたいと思って手が伸びました。
ジョン・ハート(g)のリーダー作は初めてだけどディック・オーツ(as)のワン・ホーンにも惹かれました。

全9曲は自身のオリジナル3曲とその他6曲の構成です。
デューク・エリントン、セロニアス・モンク、ジョゼフ・コズマの「枯葉」も入っていました。
他にも良く知られたバラードやラテン曲もあるのでバランスの取れた選曲だと思います。
手慣れたそつのない演奏をしているのかと思いきやここは3曲のオリジナルが面白かったです。
ここの緊張感が何とも言えずにいいんですよ。
ぶっつけ本番のオリジナルの方がメンバーの緊張感が違うしハートのギターも切れています。
オーツのサックスはさすがの味わい、名手ティム・ホーナーのドラミングも聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOAN CHAMORRO / PRESENTA EVA FERNANDEZ [Jazz Bass]

* JOAN CHAMORRO / PRESENTA EVA FERNANDEZ

image701.jpg

joan chamorro(b,sax), eva fernandez(vo,as,ss),
ignasi terraza(p), josep traver(g), esteve pi(ds),
andrea motis(tp), scott robinson(ts), dick oatts(as), etc
2013/Temps Recoeds/

1 These Foolish Things
2 Comes Love
3 Cry Me A River
4 B.A.Blues
5 Whisper Not
6 Cheek To Cheek
7 Souvenir
8 Just Friends
9 My Ideal
10 My Favorite Things
11 I'm Fool To Want You
12 Georgia On My Mind
13 Old Folks

エヴァ・フェルナンデス(vo,as)を聴くのは2枚目になります。
前回が2015年発売↓だったのでこちらがデビュー作になるのかもしれませんね。

* EVA FERNANDEZ QUINTET / THAT DARKNESS (2015/Taller De Musics)

前回私はこんな感想を書いていました。
初リーダー作・・・スペイン期待の若手ジャズ・ミュージシャンだそうです。
初めて耳にした時に「どこかで聴いたことがあったような気がする」と思いました。
2曲目にエイミー・ワインハウス(vo)の曲が入っていました。
・・・そうだワインハウスだった。
ワインハウスは若くして非業の死を遂げたイギリスの女性ヴォーカリスト。
破滅型の人生だったけれど若い女性ミュージシャンに与えた影響は大きかった。
サウンド的にエヴァの持つ雰囲気はワインハウスにそっくりです。

さて今作はマルチ・プレイヤーのジョアン・チャモロがフェルナンデスをフューチャーした作品です。
チャモロはスペインの若手ミュージシャンを発掘しては世界に紹介しています。
チャモロはフェルナンデスの師匠筋に当たるようです。
全13曲は全てスタンダードで占められています。
ここからフェルナンデスの音楽性を探るとジョニー・ホッジスとベニー・カーターの二人が出てきました。
オーソドックスでゆったりとしたジャズが聴けます。
私的ベストはベニー・ゴルソンの名曲(5)「Whisper Not」です。
やわらかでやさしいスイング感がなんとも心地良く、フェルナンデスの歌も最高です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

DAVID HAZELTINE TRIO / THE CLASSIC TRIO [Jazz Piano]

* DAVID HAZELTINE TRIO / THE CLASSIC TRIO

image700.jpg

david hazeltine(p), peter washington(b), louis hayes(ds)
1997/Sharp Nine/

1 You Make Me Feel So Young
2 The Fruit
3 Sweet And Lovely
4 Concentration
5 Catherine's Fantasy
6 One For Peter
7 You've Changed
8 My Stuff's On The Street Blues
9 These Foolish Things
10 Midnight Waltz

デヴィッド・ヘイゼルタインは1958年生まれ、ウィスコンシン州ミルウォーキーの出身です。
ジャズのくくりとしては地域的にシカゴ・ジャズに最も近いです。
その影響もあってシカゴ出身のジャズメンとの共演も多くエリック・アレキサンダー(ts)がその代表格です。
10代でプロ入りは天才肌だけどしばらくは当地にとどまりニューヨークに出たのは30代半ばでした。
初リーダー・アルバムが30代後半というのはやや遅咲きといえます。
スタイルはオーソドックスでバド・パウエル~ビル・エヴァンス~シダー・ウォルトンの流れだと思います。
ヘイゼルタインは今年61歳になるんですね。
でも現代のジャズメンの最盛期は40代、50代、60代と思っているのでまだまだ活躍出来ます。
1950年代、1960年代のジャズメンなら早熟ということもあって最盛期は20代、30代だったけど。

さて今作はヘイゼルタイン(p)の2枚目のリーダー・アルバムです。
初のトリオ編成は「ザ・クラシック・トリオ」と銘打ってきました。
共演者はハードバップ・ドラマーの生き字引的なルイス・ヘイスと安定感十分のピーター・ワシントン(b)です
名前通り古典的かつ王道をゆくストレート・アヘッドな作品になっています。
全10曲は自身のオリジナル4曲とスタンダード6曲の構成です。
バド・パウエルとシダー・ウォルトンが1曲づつ入っているのも分かり易くて納得です。
つまりヘイゼルタインの音楽性がそのまま表現されています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

YOICHI KOBAYASHI & J, MESSENGERS / NIAGARA [Jazz Drums]

* YOICHI KOBAYASHI & J, MESSENGERS / NIAGARA

image1310.jpg

phillip harper(tp), vincent herring(as), robin eubanks(tb),
david kikoski(p), essiet essiet(b), yoichi kobayashi(ds)
2019/Paddle Wheel/

1 Niagara Shuffle (Y.Kobayashi)
2 Along Came Betty (B.Golson)
3 Ping Pong (W.Shoter)
4 A Lovely Way To Spend An Evening (J.Mchugh)
5 Mornin' (B.Timmons)
6 Chiken An'Dumplings (R.Bryant)
7 Bu's Delight (C.Fuller)
8 Dat Dere (B.Timmons)
9 For Heaven's Sake (D.Meyer/E.Bretton/S.Edwards)

先日、小林陽一&ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズのライブに行きました。
■小林陽一(ds)、谷殿明良(tp)、原川誠司(as)、リン・ヘイテツ(p)、鈴木堅登(b)
私は小林さんのジャズに対する姿勢とサウンドが大好きなんです。
グッド・フェローズ時代から一体何人の若手プレイヤーがここから育っていったことか。
長く続けることのむずかしさ・・・まったく頭が下がる思いがします。
ジャズ・スピリッツを若い世代に引き継ぐのはとても大事なことです。

小林さんのライブにはゲスト出演が多いですがこの日も3人が飛び込んできました。
テナー・サックス、ピアノ、ベースの3人です。
特にテナーが入ると3管編成になりハーモニーが分厚くなるので迫力が増しました。
こうやって小林さんは新人を発掘しているんです。
ちなみにこの日はトランペッターの谷殿明良さんのJ.J.M最後の出演になりました。
谷殿さんの端正なトランペットが好きなのでまた聴きに行きたいと思っています。
同時に新しいトランぺッターは誰なのかが楽しみになりました。

さて今作は小林さんの新作です。
全9曲は自身のオリジナルが1曲とその他8曲の構成です。
ベニー・ゴルソン(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ウェイン・ショーター(ts)などのメッセンジャーズ馴染みの曲も多い。
ジャズ・メッセンジャーズの名前は小林さんがアート・ブレイキーから許されたものなんです。
さすがにベテラン・ドラマーは人脈も広くてメンバーを見て驚いてしまいました。
フィリップ・ハーパー(tp)、ヴィンセント・ハーリング(as)、ロビン・ユーバンクス(tb)のフロント3管と
デヴィッド・キコスキ(p)、エシェット・エシェット(b)、小林陽一(ds)のリズム・セクションです。
聴きどころは現代のジャズ・ミュージシャンが往年の名曲をどうこなすかになります。
多分メッセンジャーズの曲をこんな風に連続して演奏することはないんじゃないかと思います。
みんなが和気あいあいと楽しくやっている雰囲気が伝わって来るようです。
個人的にはキコスキとハーリングに耳が向いたけどユーバンクスは久々に聴きました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

MAGGIE GREEN / FIRST SONG [Jazz Vocal]

* MAGGIE GREEN / FIRST SONG

image699.jpg

maggie green(vo),
eric augis(p)(3,5,7,10), jon eshelman(p)(4,8,9,11), chris berg(b)(1,2,3,5,6,7,10),
roger hines(b)(4,8,9,11), joe ong(ds)(3,5,6,7,10), jim ed cobbs(ds)(4,9,11),
seth earnest(ds)(1,2), chris howes(vln)(1,4), stan smith(g)(1,6),
ron hope(per)(1,4), eric paton(per)(11)
2007/Maggie Green/

1 Chega De Saudade
2 No Moon At All
3 First Song
4 So Danco Samba
5 Up Jumped Spring
6 A Felicidade
7 I'm Old Fashioned
8 My One And Only Love
9 All Blues
10 But Not For Me
11 Agua De Beber

マギー・グリーンも初見、彼女もカナダのヴォーカリストでした。
思うにカナダ出身の女性ヴォーカリストを聴く機会が多くなりました。
カナダは女性歌手の層が厚いと思います。
ヴォーカルを意識して聴くようになってから手当たり次第に聴いているところです。
乱読ならぬ乱聴き状態になりました。

今作も自主制作盤でプロデュースは本人自身です。
全体的にちょっと力が入り過ぎるところがあるのは仕方がありませんね。
馴染みがあるスタンダードやラテン中心で自身の音楽性が網羅されていると思います。
声質はしっとりとして艶があります・・・私はとても気に入りました。
落ち着いた大人の歌声と端正で丁寧な歌い方には好感が持てます。
サウンド的にはヴァイオリン入りの(1)、(4)が面白かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

JACKY TERRASSON & CASSANDRA WILSON / RENDEZVOUS [Jazz Piano]

* JACKY TERRASSON & CASSANDRA WILSON / RENDEZVOUS

image698.jpg

jacky terrasson(p), cassandra wilson(vo),
lonnie plaxico(b), mino cinelu(per), kenny davis(b)(2,13)
1997/Blue Note/

1 Old Devil Moon
2 Chan's Song (Jacky Trio)
3 Tennessee Waltz
4 Little Boy Lost
5 Autumn Leaves (Jacky Solo)
6 It Might As Well Be Spring
7 My Ship
8 I Remember You
9 Tea For Two
10 If Ever I Would Leave You
11 Chicago 1987 (Jacky Solo)
12 Come Rain Or Come Shine
13 Medieval Blues (Jacky Trio)

ジャッキー・テラソン(p)とカサンドラ・ウィルソン(vo)の共演盤は発売当時大きな話題になりました。
ジャズ盤としてはかなり売れたんじゃないかと思います。
が、しかし日本ではジャッキーもカサンドラもいまいちパッとしない印象を持っています。
その理由は何でしょうね?
ジャッキーはかの有名なモンク・コンペの優勝者で超絶技巧の持ち主です。
カサンドラは中性的な声質で20世紀最後のジャズ・ヴォーカリストと言われた逸材です。
両者共に妥協がなく、深くて濃いクセのある音楽性は大衆に迎合しません。
その実力は十分ですが一筋縄ではいかないので親しみやすいとはいかないのも事実です。

さて今作はそんな二人のスタンダード作品集です。
ジャッキー・トリオやジャッキーのソロも聴ける構成でよく出来ています。
カサンドラのディープな歌声と共にコアなジャズ・ファンにも十分に通用すると思います。
90年代ジャズ・ヴォーカルの名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)

nice!(0)  コメント(0) 

RUUD BREULS - SIMON RIGTER QUINTET / RISE AND SHINE [Jazz Trumpet]

* RUUD BREULS - SIMON RIGTER QUINTET / RISE AND SHINE

image1309.jpg

ruud breuls(tp,flh), simon rigter(ts),
karel boehlee(p,rhodes), jos machtel(b), marcel serierse(ds)
2019/Challenge Records/

1 Mr.T (K.Boehlee)
2 Let's Cool One (T.Monk)
3 Blanton (S.Rigter)
4 Goodbye Cerbaia (K.Boehlee)
5 Olivia's Dance (S.Rigter)
6 Get Your Fringe Back (K.Boehlee)
7 Passage Of Jaco (K.Boehlee)
8 Rise And Shine (S.Rigter)

ルード・ブレーブス(tp)とシモン・リヒター(ts)は初見。
オランダ発のハード・バップ作品はフロント2管の王道クインテットに惹かれました。
共演者にカレル・ボエリー(p)の名前が見えたのも安心感に繋がりました。

全8曲はセロニアス・モンク(p)の1曲を除いてメンバーのオリジナルです。
ボエリーが4曲とリヒターが3曲を提供しています。
これを見ると実質的なリーダーはカレル・ボエリーと言ってもいいかもしれませんね。
実際、1曲目の最初のソロを取るのはボエリーです。
切れのあるスイング感と軽快で爽やかなハード・バップ・サウンドを聴かせてくれました。
やっぱりトランペットとテナー・サックスの組み合わせは最高だと思う。

(帯中よりの抜粋)
オランダのジャズ・シーンとビック・バンドの人気ソリストとして活躍する二人の才能、ルード・ブレーブスとシモン・リヒターによるオランダのクインテット!ヨーロピアン・ジャズ・トリオの初代ピアニストであり、トゥーツ・シールマンスとの共演でも知られるオランダの人気ピアニスト、カレル・ボエリーを始め、オランダの名プレイヤーが集ったクインテットで充実のアンサンブルを聴かせます。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0)