So-net無料ブログ作成

AVISHAI COHEN TRIO & QUINTET / ARVOLES [Jazz Bass]

* AVISHAI COHEN TRIO & QUINTET / ARVOLES

image1312.jpg

avishai cohen(b), elchin shirinov(p), noam daid(ds),
bjorn samuelsson(tb)(1,6,9,10), anders hagberg(fl)(1,6,9,10)
2019/Razdaz Records/

1 Simonero
2 Arvoles (Trad)
3 Face Me
4 Gesture #2
5 Echinov
6 Childhood For Carmel
7 Gesture #1
8 Nostalgia
9 New York 90's
10 Wings

久し振りにアヴィシャイ・コーエン(b)のアルバムを入手しました。
アヴィシャイは1970年生まれ、イスラエル出身で注目のイスラエル・ジャズの先駆者でもあります。
チック・コリア&オリジンで名を上げました。
身体の奥底に響くようなエネルギッシュかつ強力なベース・プレイは他の追随を許しません。
アヴィシャイもまた才能のあるジャズ・プレイヤーを見出しては世界に紹介しています。
ここではアゼルバイジャン出身の若手ピアニスト、エルチン・シリノフが聴きどころになりました。

さて今作は全10曲、古典の1曲を除いて全てアヴィシャイ自身のオリジナルです。
相変わらずの中近東の香りを強く滲ませた個性的なサウンドはズシンと重たく響いてきます。
ただ同様のサウンドが続いているのでちょっとマンネリ感が出ているのはいがめません。
そんなこともあってか、5曲にトロンボーンとフルートの珍しい組み合わせを起用してきました。
工夫の跡は十分に感じられるけど、ただ思ったほどの効果は出ていないような気がします。
オリジナルが多いのがその理由かも知れない。
逆にこのメンバーで超有名なスタンダードのバラード集を演奏してみたらどうだったかと思います。

今年の8月にアヴィシャイ・コーエン・トリオが来日します。
「2019東京ジャズ・フェスティバル」(8/30~9/1)
メンバーはアヴィシャイ・コーエン(b)、エルチン・シリノフ(p)、マーク・ジュリアナ(ds)です。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

GRANT STEWART QUINTET / ESTATE [Jazz Tener Sax]

* GRANT STEWART QUINTET / ESTATE

image703.jpg

grant stewart(ts), joe cohn(g),
ehud asherie(p), joel forbes(b), phil stewart(ds)
guest:eric alexander(ts)(1,6)
2006/Videoarts Music/

1 Syetems
2 Soul Station
3 Rain Check
4 Estate
5 Carving The Rock
6 3 For Carson
7 Jacqueline
8 Cool Struttin'
9 Felicidate

グラント・スチュワート(ts)を再評価してから見かけるたびに未聴アルバムを収集しています。
今作はギター入りクインテット編成で2曲にエリック・アレキサンダー(ts)がゲスト参加しています。
ステュアートは1971年生まれ、カナダのトロント出身、主筋はソニー・ロリンズになると思う。
現代のテナー・サックス奏者の多作家といえばスコット・ハミルトン、ハリー・アレン、エリック・アレキサンダー、とこのグラント・スチュワートが四天王でつまり世界中で高く評価されているということになります。
結局、多くのジャズ・ファンはなんだかんだと言いながらも聴きやすくて癒されるジャズを求めている。
もちろん私もその一人です。

今作は案外目立たず地味な一枚かも知れないけど結構良かったです。
ゆったりとして大らかなスチュワートの特徴がよく出ていました。
表題曲の(4)「Estate」におけるバラード奏法も秀逸で全体的にジャズ度が高いと感じました。
今作に関してはゲストのエリックは余計だったんじゃないかな。
ワン・ホーンで通した方がスッキリとまとまったような気がします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

KAREL BOEHLEE TRIO / SWITCH [Jazz Piano]

* KAREL BOEHLEE TRIO / SWITCH

image702.jpg

karel boehlee(p), frans bouwmeester(b), hans eykenaar(ds)
1989(1984rec)/Timeless/

1 Autumn Leaves
2 Switch (K.Boehlee)
3 Misty
4 Summertime
5 J.E.S.T
6 On A Clear Day
7 Forest Flower
8 United Blues
9 Recorda Me

カレル・ボエリーは1960年生まれ、オランダ出身です。
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(EJT)の初代ピアニスト、88年にEJTの「ノルウェーの森」でデビューしています。
その美しい音色は一発で日本のクラシック・ファンをも魅了してしまった。
その後に起こったヨーロッパ・ジャズ・ブームに一役買ったのは間違いありません。
ちなみにEJTの二代目ピアニストはマーク・ヴァン・ローンでしたね。
ボエリーはトゥーツ・シールマンスとの共演でも知られていて世界的にはこちらの評価が高いです。
ご存知シールマンスはジャズ・ハーモニカの第一人者でギタリストでもあります。
シールマンスの前任ピアニストは才人ケニー・ワーナーだったのでその後釜に座るというのも凄いと思う。

さて今作は1989年発売ですが録音は1984年になっています。
全9曲は自身のオリジナル1曲にその他スタンダードが8曲の構成です。
ボエリーが大学3年の時に結成したピアノ・トリオでこれが実質的なデビュー盤になりますね。
まぁ、驚くほどの完成度でこれが大学生の演奏とは誰も思いませんよ。
どれを聴いても流麗かつ強靭なタッチと美旋律が瑞々しく弾けていた。
とんでもない演奏が詰まっています。
ヨーロピアン・ジャズ・トリオの息吹、芽生えがここにありました。
(6)「On A Clear Day」は大好きな曲だけどそのスピード感と切れ味に参ってしまった。
1980年代ピアノ・トリオ名盤の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0)