So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Jazz Piano ブログトップ
前の10件 | -

DAVID MATTHEWS SEXTET / IMPRESSIONS [Jazz Piano]

* DAVID MATTHEWS SEXTET / IMPRESSIONS

image606.jpg

david matthews(p,arr,cod),
ryan kisor(tp), jim pugh(tb), aaron heick(ts),
chip jackson(b), jimmy madison(ds)
2002/Videoarts/

1 Impressions
2 Whisper Not
3 Li'l Darling
4 The Moldau
5 These Foolish Things
6 Rachmanioff Symphony #2
7 Concorde
8 Piano Concierto #1
9 Blue Monk
10 I Can't Get Started

いやぁ~、これは良かったです。
デヴィッド・マシューズ(p)といえば「マンハッタン・ジャズ・クインテット」なんだけどこんな作品がポツンとあるなんてね。
M・J・Q(モダン・ジャズ・カルテット)と紛らわしいM・J・Q(マンハッタン・ジャズ・クインテット)は1984年の結成です。
M・J・Qじゃないこの作品がどんな経緯で出されたのか・・・ちょっと見逃がしてしまうアルバムです。
これはピアニストとしてのマシューズよりアレンジャーとしてのマシューズに焦点を当てたものだと思います。
アレンジャーとして、コンダクターとしてのマシューズの実力が十二分に発揮されています。
私は聴き始めてからグイグイと引き込まれていく自分に気付きました。

全10曲はジョン・コルトレーン(ts)の(1)、ベニー・ゴルソン(ts)の(2)、ジョン・ヘンドリックス(vo)の(3)、
ジョン・ルイス(p)の(7)、セロニアス・モンク(p)の(9)など、モダン・ジャズの名曲が並んでいて圧巻です。
特に(6)、(8)のクラシック曲がこれほど上手くジャズ化されているのは聴いたことがありません。
ラフマニノフやチャイコフスキーがこんなジャズになっちゃうなんて・・・マシューズは凄いです。
ちなみに私はクラシックのジャズ化が好きじゃないのでCDに入っていても普段は飛ばしてしまいます。
ライアン・カイザーの鋭いトランペットの響きとチップ・ジャクソンの強靭なベース・プレイも聴きどころです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

BENITO GONZALEZ TRIO / PASSION REVERENCE TRANSCENDENCE [Jazz Piano]

* BENITO GONZALEZ TRIO / PASSION REVERENCE TRANSCENDENCE
The Music Of McCoy Tyner

image1262.jpg

benito gonzalez(p), essiet essiet(b), gerry gibbs(ds)
2018/Wailing City Sound/

1 Fly With The Wind
2 Just Feelin'
3 Rotunda
4 Festival In Bahia
5 Blues On The Corner
6 The Greeting
7 You Taught My Heart To Sing
8 Atlantis
9 Inner Glimpse
10 Naima (J.Coltrane)
11 Tyner Trane Express (E.Essiet)
12 Between Friends (G.Gibbs)
13 Brazilian Girls (B.Gonzalez)

今作は「The Music Of McCoy Tyner」の文字に引かれました。
現代のジャズ・ピアニストのルーツは大きく分けて4つあると思っています。
キース・ジャレット、ハービー・ハンコック、チック・コリア、マッコイ・タイナーです。
ここのベニト・ゴンザレス(p)はマッコイに心底から傾倒しているようですね。

全13曲はマッコイのオリジナル1~9とその他4曲の構成です。
変な話、マッコイ以上にマッコイらしいアルバムです。
私はお腹がいっぱいになってしまいました。
ここまで徹底してやられたら何も言うことはありません。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

BILLY CHILDS QUARTET / REBIRTH [Jazz Piano]

* BILLY CHILDS QUARTET / REBIRTH

image1257.jpg

billy childs(p),
steve wilson(as,ss), hans glawischnig(b), eric harland(ds)
claudia acuna(vo)(2), ido meshulam(tb)(2), rrogerio boccato(per)(2),
alicia olatuja(vo)(3)
2017/Mack Avenue/

1 Backwards Bop (B.Childs)
2 Rebirth (B.Childs)
3 Stay (B.Childs)
4 Dance Of Shiva (B.Childs)
5 Tightrope (B.Childs)
6 The Starry Night (B.Childs)
7 The Windmills Of Your Mind (M.Legland)
8 Peace (H.Silver)

中堅ピアニストのビリー・チャイルズの作品。
ジャズ友のMさんがチャイルズのライブを見て絶賛していたので買ってみました。
聴いたらこれが素晴らしかったです。
今までのイメージがまるで変ってしまった・・・前作ではグラミー賞も取ったようです。
あわてず騒がずの控えめで地味なピアニストだと思っていたのでこの変化に驚いてしまいました。
まぁ、それほど聴いていたわけでもないので私が知らなかっただけかも知れませんが・・・。
それにしても短期間にこれ程の変貌を遂げるというのも珍しいとは思います。
まさに一皮むけた気がします。
題名の「Rebirth」というのもピッタリです。

全8曲は自身のオリジナル6曲とその他2曲の構成です。
1曲目のオリジナルを聴いてガツンときました。
チャイルズの強力なタッチとエリック・ハーランドの疾走するドラミングが抜群のコンビネーションを生み出しています。
さらにスティーヴ・ウィルソンの泣きのアルト・サックスの響きが緊張感に溢れています。
2曲目にクラウディア・アクーニャ、3曲目にアリシア・オラトゥージャのヴォーカルが入り新味が加わっています。
この(1)~(3)の流れが最高で今作の聴きどころになると思います。
その他の2曲がミッシェル・ルグランとホレス・シルバーというのも面白かったです。
ある意味両極端にあるピアニストだけどチャイルズは二人共好きなんだろうね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

HAROLD MABERN / SOMEWHERE OVER THE RAINBOW [Jazz Piano]

* HAROLD MABERN / SOMEWHERE OVER THE RAINBOW
--Harold Plays Arlen--

image588.jpg

harold mabern(p), dwayne burno(b), willie jonesⅢ(ds)
2006/Venus/

1 Somewhere Over The Rainbow
2 A Sleeping Bee
3 Blues In The Night
4 Out Of This World
5 Savanna
6 Hooray For Love
7 Stormy Weather
8 I've Got The World On A String
9 The Man That Got Away
10 This Time The Dream's On Me

ハロルド・メイバーン(p)もまた80歳を過ぎても現役で活躍するジャズ怪物の一人です。
パワフルかつ強靭なタッチの持ち主でスイング感溢れる演奏は元気がもらえるピアニストです。
やや情緒には欠けるけれど機関車の如く突っ走る奏法には魅力があります。
エリック・アレキサンダー(ts)の師匠格としても知られていますね。

全10曲は全てハロルド・アーレンの作品です。
今作はそこに惹かれました。


(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

GIOVANNI MIRABASSI QUARTET / NO WAY OUT [Jazz Piano]

* GIOVANNI MIRABASSI QUARTET / NO WAY OUT

image1253.jpg

giovanni mirabassi(p), gianluca renzi(b), lukmil perez herrero(ds),
stefon harris(vib)
2015/Cam Jazz/

1 No Way Out
2 The Snow While Syndrome
3 Two Finger Snaps
4 L'Audace
5 Palm'air
6 What Was That Dream About
7 Canzone
8 ⅡBandolero Stanco

そろそろヴィブラフォン聴きも終わりにしたいと思っています。
最後を飾るのはステフォン・ハリス(vib)です。
ステフォンは自己のアルバムでは一ひねりあるので他に何かないかと探しました。
で、見つけたのがこれです。
ストレートなジョヴァンニ・ミラバッシ(p)との共演盤なら間違いないと思いました。

ミラバッシもまた先々週に紹介したウラジミール・シャフラノフ(p)と同様にサワノが見出したジャズ・ピアニストです。
私のサワノのピアノ・ベスト3はこの二人にヨス・ヴァン・ビースト(p)を加えた3人です。
3人の中で一番刺激的な音を聴かせてくれるのが今回のミラバッシでさすがにイタリア・ジャズ界は層が厚い。

全8曲は全てミラバッシ自身のオリジナルで占められています。
スタンダードが1曲もないですがミラバッシは作曲能力にも秀でているので飽きさせません。
つくづくミラバッシのピアノは凄い・・・変幻自在に展開するフレーズは新鮮で刺激的です。
ステフォンも美しく華麗なミラバッシのピアノに触発されて幻想的なヴァイブ演奏を聴かせてくれました。
こんなにストレートで熱いステフォンを聴くのは初めてだと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

EDDIE HIGGINS QUARTET / MY FUNNY VALENTINE [Jazz Piano]

* EDDIE HIGGINS QUARTET / MY FUNNY VALENTINE

image574.jpg

eddie higgins(p), jay leonhart(b), joe ascione(ds)
scott hamilton(ts)
2006/Venus/

1 You'd Be So Nice To Come Home To.
2 I'm A Fool To Want You
3 When Sunny Gets Blue
4 Alone Together
5 My Funny Valentine
6 It's All Right With Me
7 Stardust
8 I Only Have Eyes For You
9 Don't Explain
10 Slow Bost To China
11 Imagination

エディ・ヒギンス(p)とスコット・ハミルトン(ts)のヴィーナス盤の3枚目です。
以前は疲れた時のヒギンスとハミルトンは私の定番でした。
この二人のアルバムを聴くとホッとしたものです。
でもこの二人の初めての共演盤が出ると聴いた時には違和感がありました。
合うのか?・・・ヒギンスは上品な音色、ハミルトンは下卑た音色に魅力を感じていたからです。
心配無用・・・聴いてみると中和されてちょうどいい案配になってましたね。
ハミルトンのムード溢れるテナー・サックスにヒギンスの美しいピアノが絡みます。
(5)「My Funny Valentine」にはそんな二人の魅力が詰まっていました。

ヴィーナス盤に二人の共演盤は4枚あると思います。
どれもスタンダードが中心で金太郎飴ではあるけれどなぜか聴きたくなってしまいます。
で、全部買わされました。

*EDDIE HIGGINS QUARTET / SMOKE GETS IN YOUR EYES (2002/Venus)
*EDDIE HIGGINS QUARTET / MY FOOLISH HEART (2003/Venus)
*EDDIE HIGGINS QUARTET / MY FUNNY VALENTINE (2006/Venus) 今作
*EDDIE HIGGINS QUINTET / IT'S MAGIC (2006/Venus) ケン・ペプロウスキー(as,cl)との2管。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

VLADIMIR SHAFRANOV MEET HARRY ALLEN / DEAR OLD STOCKHOLM [Jazz Piano]

* VLADIMIR SHAFRANOV MEET HARRY ALLEN / DEAR OLD STOCKHOLM

image1251.jpg

vladimir shafranov(p), hans backenroth(b), bengt stark(ds),
harry allen(ts)
2017/Venus/

1 Dear Old Stockholm (Trad):Duo
2 Dear Old Stockholm (Trad):Quartet
3 Besame Mucho (C.Velazquez)
4 Just One More Chance (S.Coslow)
5 Beautiful Love (V.Young)
6 So In Love (C.Poter)
7 Cry Me A River (A.Hamilton)
8 If You Never Come To Me (A.C.Jobim)
9 Left Alone (M.Waldron)
10 Moon And Sand (A.Wilder)
11 Close Enough For Love (J.Mandel)
12 Just In Time (I.Berlin)
13 You Must Believe In Spring (M.Legrand)
14 Round Midnight (T.Monk)
15 What A Wonderful World (G.Douglas)

ウラジミール・シャフラノフ(p)とハリー・アレン(ts)の組み合わせに興味を持ちました。
ピアノとテナー・サックスの稀代の名手同士の競演だから。
全15曲は良く知られたスタンダードが中心ですがちょっと詰め込み過ぎた感があります。
録音時間も70分超と長くてこの際録音した曲は全て入れてしまおうという意図があったかも。
(1)、(2)の「Dear Old Stockholm」はデュオとカルテットで演奏されています。

二人共に余裕十分に手慣れた感じで次々に曲をこなしています。
二人は初めての共演だと思うけど初顔合わせの緊張感を感じることが出来ません。
それだけ音楽性が近いということになるでしょうか。
私的ベストは(10)「Moon And Sand」でシャフラノフとアレンの素晴らしいコンビネーションが聴けました。

今作で一番聴きたかったのはマル・ウォルドロン(p)の名曲(9)「Left Alone」です。
一時期はよく演奏されたけど最近はあまり聴かなくなりました。
この曲はジャッキー・マクリーン(as)の演奏が決定的な名演として知られています。

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / FROM RUSSIA WITH LOVE [Jazz Piano]

* VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / FROM RUSSIA WITH LOVE

image580.jpg

vladimir shafranov(p), hans backenroth(b), bengt stark(ds)
2016/Venus/

1 Midnight In Moscow
2 Barcarolle
3 Karelia~Troika
4 Valse N0 2
5 Dark Eyes
6 Baubles, Bangles And Beads
7 Stenka Razin
8 Vem Kan Segla
9 From Russia With Love
10 Full Moon And Emply Arms
11 Midnight In Moscow~Reprise

ウラジミール・シャフラノフ(p)を聴くのも久し振りです。
シャフラノフは澤野工房が生んだスター・ピアニストだけど今作はヴィーナス盤です。
相変わらずの美しいメロディ・ラインと流麗なタッチは健在です。
余裕しゃくしゃくの演奏は憎らしいほどで安定感、安心感は十分過ぎるほど感じられました。

全11曲はお馴染みのロシアの曲が並んでいます。
私的にロシアン・ミュージックのジャズ化はあまり好みではありません。
何となく合わないような気がするからだけど・・・。
それでもすでにスタンダード化している(5)「Dark Eyes」には魅力がありました。
3者が一体となった圧倒的な演奏が聴けます。

(くつろぎ系)


何しろシャフラノフは私にとって一発目に聴いた澤野の1枚目の「WHITE NIGHTS」が強烈でした。

*VLADIMIR SHAFRANOV TRIO / WHITE NIGHTS

image581.jpg

vladimir shafranov(p), george mraz(b), al foster(ds)
1999(1990Rec)/SAWANO/AS-001

澤野工房から復刻された時、一大センセーションを巻き起こしたピアノ・トリオの名盤。
SAWANO/AS-001でもあります。

nice!(0)  コメント(0) 

LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS [Jazz Piano]

* LAURENCE HOBGOOD TRIO / HONOR THY FATHERS

image1249.jpg

laurence hobgood(g), john patitucci(b), kendrick scott(ds)
2015/Circumstantial/

1 Sanctuary (Hobgood)
2 Straighten Up And Fly Right (I.Mills)
3 Triptich (Hobgood)
4 Give Me The Simple Life (H.Ruby)
5 The Waltz (Hobgood)
6 The Road Home (Hobgood)
7 If It's Magic (S.Wonder)
8 Shirakumo No Michi (Whiteb Cloud Way) (Hobgood)

いや~、これは出だしのピアノの音に参ってしまった。
抜群の雰囲気を持っています。
ローレンス・ホブグッド(p)は初見、聞けばチャーリー・ヘイデン(b)とのデュオが話題だったらしい。
CDショップのお勧めコーナーにあったので買ってみました。
共演のジョン・パティトゥッチ(b)とケンドリック・スコット(ds)にも興味を惹かれました。
メンバー的にも間違いのないピアノ・トリオということです。

全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成です。
スティーヴィ-・ワンダーの(7)「If It's Magic」が異色でしょうか。
(8)「白雲の道」は日本での印象を書いたものでしょうね。
ホブグッドは物凄いテクニシャンでキッチリとクラシックを勉強したのがよく分かります。
余裕十分のタッチとよどみのないフレーズには魅力あります。
何といっても滋味に溢れて深みのあるピアノ音が素晴らしいと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING [Jazz Piano]

* ALAIN JEAN-MARIE TRIO & QUARTET / FRIENDS MEETING

image571.jpg

(1,3,5,7,9,11) : alain jean-marie(p), gus nemeth(b), al levitt(ds),
(2,4,6,8,10,12) : alain jean-marie(p), andre condouant(g), patrice caratini(b), oliver johnson(ds)
1982/Disque Debs/

1 Short Play
2 Groovin Up
3 Bongo Bop
4 Island Song
5 Skylark
6 Hubb's Bag
7 Al's Groove
8 Kako
9 Cosmaunaute
10 Bubble Gum
11 Jeanine
12 Tranes Mirror

最近のピアノ聴きのお気に入りは先日紹介したビル・メイズとこのアラン・ジェーン・マリーです。
今作はピアノ・トリオとギター入りカルテットの両方が楽しめる徳用盤です。

全12曲はメンバーのオリジナル7曲にその他5曲の構成です。
トリオはスタンダードが中心でカルテットはアンドレ・コンデュアント(g)のオリジナルが中心になっています。
つまり一粒で二度美味しい作品ということですね。
マリーはカリブ海出身のビギンの名手で切れ味鋭い華麗なピアノを聴かせてくれます。
当然ここに参加の友人達もカリブ海の香りがするけどみんながテクニシャンなので驚きました。
独特のリズム感と明るさを持った作品です。
特にアンドレ・コンデュアントに注目しました・・・流麗なギターさばき素晴らしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Jazz Piano ブログトップ