So-net無料ブログ作成
Jazz Vocal ブログトップ
前の10件 | -

CLAIRE MARTIN & JIM MULLEN / BUMPIN' [Jazz Vocal]

* CLAIRE MARTIN & JIM MULLEN / BUMPIN'

image1302.jpg

claire martin(vo), jim mullen(g),
mads barentzen(p), thomas ovesen(b), kristian leth(ds)
2019/Stunt/

1 Road Song (W.Montgomery)
2 Polka Dots And Moonbeams (J.Van Housen)
3 Willow Weep For Me (S.Ronell)
4 'Round Midnight (T.Monk)
5 If You Could See Me Now (T.Dameron)
6 Goin' Out Of My Head (T Randazzo)
7 I Could Get Used To This (Bumpin') (W.Montgomery)
8 West Coast Blues (Bock To Bock) (W.Montgomery)
9 Back In The Room (B.Montgomery)
10 Born To Be Blue (M.Torme)
11 The End Of A Love Affair (E.Redding)

クレア・マーティンはオーストラリア出身でイギリスでブレイクしたヴォーカリストです。
クレアを聴くのは2枚目ですが前回は2002年だったので17年振りということになりました。
長いご無沙汰ですが私にはこういう人がいっぱい居ます。
クレアは声量はやや物足りないけど、とても歌の上手い人です。
ギタリストのジム・ミューレンと組んでのウェス・モンゴメリー(g)のトリビュート盤です。

全11曲はウェス&バディのモンゴメリー兄弟が4曲とその他7曲の構成です。
ヴォーカル盤としては全体的に凝った曲が選曲されていてジャズ度が高い難曲が並んでいます。
一番の聴きどころは「クレアがその難曲をどう料理しているか」ということになると思います。
(2)~(6)までの流れが素晴らしい・・・ミューレンのクリアなシングル・トーンにも注目です。
ベストは絶妙なノリを聴かせるタッド・ダメロンの(5)「If You Could See Me Now」か。
クレアの上手さが際立つ一枚になりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

NICKI PARROTT / AUTUMN LEAVES [Jazz Vocal]

* NICKI PARROTT / AUTUMN LEAVES

image683.jpg

nicki parrott(vo,b), john di martino(p),
lisa parrott(bs), paul meyers(g), tim horner(ds),
harry allen(ts), james greening(tb)
2012/Venus/

1 Autumn Leaves
2 Early Autumn
3 Autumn In New York
4 Autumn Nocturne
5 Autumn Serenade
6 Autumn in Rome
7 Tis Autumn
8 September Song
9 Lillaby Of The Leaves
10 Willow Weep For Me
11 Maybe September
12 September In The Rain
13 Whe October Goes
14 Stormy Weather

現在ニッキ・パロット(vo,b)を何枚か入手して集中的に聴いています。
何枚か聴いているうちにベスト盤に上げたいのは先週と今週の2枚です。
特に今作はマルティーノに加えて名手ポール・メイヤーズ(g)とハリー・アレン(ts)が共演なので鉄板です。

ニッキには春、夏、秋、冬の歌を歌った「四季の歌」というシリーズがあります。
今作の「枯葉」は当然ながら「秋の歌」ですが4枚の中では一番のお気に入りになりました。
やはり秋は何となく物悲しくてジャズのテーマには向いているような気がします。
(1)~(7)までのオータム並びが面白い・・・「オータム」が付く歌はみんないいですね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

NICKI PARROTT / SENTIMENTAL JOURNEY [Jazz Vocal]

* NICKI PARROTT / SENTIMENTAL JOURNEY

image681.jpg

nicki parrott(vo,b),
john d martino(p), adrian cunningham(ts,cl,fl), frank vignola(g), alvinatkinson(ds)
2015/Venus/

1 It's Magic
2 Again
3 Just One Of Those Things
4 Fools Rush In
5 If I Give My Heart To You
6 I'll See You In My Dream
7 Que Sera,Sera
8 That Old Feeling
9 My One And Only Love
10 Blue Skies
11 Quizas,Quizas,Quizas
12 Secret Love
13 Sentimental Journey
14 Dream A Little Dream Of Me

意識してヴォーカルを聴くようになって、現在はニッキ・パロットがマイ・ブームになっています。
ニッキはヴィーナス・レーベルの看板ヴォーカリストですがようやくそのわけが分かりました。
声がいい、歌が上手い、癒される。
毎度のことだけど私は気付くのが遅いです。

今作は特にドリス・デイのトリビュート・アルバムになっているのでお気に入りの一枚になりました。
(2)「アゲイン」、(4)「フールズ・ラッシュ・イン」、(7)「ケセラ・セラ」などはドリスのヒット曲です。
(10)「ブルー・スカイ」や(11)「キサス・キサス・キサス」の懐かしい曲も入っている。
大好きな(3)「ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス」も入っていた。
選曲的にも申し分ありませんでした。
バックを飾るロマンティックなピアノを聴かせるジョン・ディ・マルティーノの存在も大きいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

JOHN PIZZARELLI TRIO / FOR CENTENNIAL REASONS [Jazz Vocal]

* JOHN PIZZARELLI TRIO / FOR CENTENNIAL REASONS
: 100 Years Salute To King Cole

image1296.jpg

john pizzarelli(g,vo), mike karn(b), konrad aszkudzki(p)
2019/Ghost Light/

1 Straighten Up And Fly Rightrit (N.Cole/I.Mills)
2 A Hundred Years From Now (J.Pizzarelloi/J.Molaskey)
3 The Very Thought Of You (R.Noble)
4 Anything For You (A.Hill/C.Hopkins/B.Williams)
5 I'm Such A Hungry Man (B.Troup)
6 It's Only A Paper Moon (H.Arlen/Y.Harburg/B.Rose)
7 Body And Soul (J.Green/E.Heyman)
8 Nat King Cole (J.Pizzarelli)
9 When I Fall In Love (E.Heyman/V.Young)
10 Save The Bone For Henry Jones (D.Barker/M.Goldsen)
11 Hit That Jive, Jack ! (J.Alston/C.S.Tolbert)
12 Could-'Ja (B.Carey/C.Fischer)
13 Red Sails In The Sunset (J.Kennedy/H.Williams)
14 Route 66 (B.Troup)

ジョン・ピザレリ(g,vo)を久し振りに買ってみました。
調べたらなんと15年振りでした。
以前は好きでよく聴いていたので今作が15枚目のアルバムになります。
ピザレリのギターとヴォーカルは軽快さが持ち味でポピュラーな感覚もあって聴き易い。
ギターのアドリブとスキャットは抜群のスイング感です。
そのピザレリも今年で58歳、お父さんは同じギタリストのバッキー・ピザレリです。
15年間の空白にはバッキーさんの方を多く聴いていました。
バッキーさんのリズム・ギターはまさに名人芸で昔のギタリストは本当に上手いです。

今作はナット・キング・コールのトリビュート・アルバムです。
ドラムレスのピアノ、ギター、ベースのトリオ編成はナット・コール・トリオが広めました。
最近ではほとんど見かけない組み合わせもしれません。
ナット・コールは45歳で亡くなっていますが今年は生誕100周年なんですね。
ジョン・ピザレリのソフトで渋いギター・プレイと歌声を聴くことが出来ました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

MARY STALLINGS / FEELIN' GOOD [Jazz Vocal]

* MARY STALLINGS / FEELIN' GOOD

image1294.jpg

mary stalling(vo),
bruce barth(p), peter Washington(b), kenny washington(ds),
steve nelson(vib)(2,3,4,9), freddie hendrix(tp)(7), ray mantilla(per)(7,9)
2015/HighNote/

1 Close Your Eyes (B.Petkere)
2 Girl Talk (N.Hefti/B.Troup)
3 Li'l Darling (N.Hefti)
4 I Want To Talk About You (B.Eckstine)
5 Feeling Good (L.Bricusse/A.Newley)
6 Reflections (T.Monk)
7 Night In Tunisia (J.Gillespie/F.Pararelli/J.Hendricks)
8 Monk's Dream (T.Monk)
9 Afro Blue (R.Santamaria)
10 You Send Me (S,Cooke)
11 Yesterdays (O.Harbach/J.Kern)

先日聴いたマリー・ストーリングスが気になったのでもう一枚買ってみました。
前回はバックがエリック・リード(p)でデュオかトリオだったです。
今回はブルース・バース(p)・トリオにスティーヴ・ネルソン(vib)などが加わっています。
ジャズ度が高く本格的なジャズ・ヴォーカルが聴けました。

全11曲はスタンダード中心ですがブラック系の歌が多くなりました。
選曲が良くてストーリングスのソウル&ディープな歌声が聴きどころになります。
表題曲のニーナ・シモンでヒットした(5)「Feeling Good」、サム・クックの(10)「You Send Me」など。
モンクの(6)「Reflections」や(8)「Monk's Dream」、ラテンの(9)「Afro Blue」も相当に濃いですね。
(11)「Yesterdays」はビリー・ホリディ(vo)の影を感じた。
ストーリングスは水を得た魚のように歌い込んでいるので本来この辺が得意だと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ALEXIS COLE / YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO [Jazz Vocal]

* ALEXIS COLE / YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
With One For All

image665.jpg

alexis cole(vo),
eric alexander(ts), jim rotondi(tp), steve davis(tb),
david hazeltine(p), john webber(b), joe farnsworth(ds)
2010/Venus/

1 Golden Earrings
2 I Will Wait For You
3 Moon River
4 Delilah
5 Cry Me A River
6 Alone Together
7 A Beautiful Friendship
8 All The Things You Are
9 So In Love
10 You've Changed
11 You'd Be So Nice To Come Home To

アレクシス・コール(vo)の今作は発売時に話題になったのを覚えています。
それはエリック・アレキサンダー(ts)が中心の「ワン・フォー・オール」がバックにいたから。
近年フロント3管のレギュラー・セクステットを聴く機会は少なくなりました。
そんな中で「ワン・フォー・オール」は貴重なグループになっています。
重厚なアンサンブルをバックにアレクシスが歌い上げるとなれば注目度は十分でした。
一枚で二つが聴ける徳用盤です。

全11曲はよく知られたスタンダードが中心です。
アレクシスは大人のムードがいっぱいで貫禄のアルバムに仕上がっています。
バックのメンバーとの絡みにも注目しました。
バックがバックにだけに各ソロも充実していてジャズ度は相当に高いです。
聴きどころは多いけど、ここで一番好きな曲は(7)「A Beautiful Friendship」です。
(8)「All The Things You Are」と(10)「You've Changed」も良かった。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

MARY STALLINGS / DON'T LOOK BACK [Jazz Vocal]

* MARY STALLING / DON'T LOOK BACK

image1292.jpg

mary stalling(vo), eric reed(p,arr),
reuben rogers(b)(except 3,9,10,11), carl allen(ds)(except 3,9,10,11)
2012/HighNote/

1 When Light Are Low (B.Carter/S.Williams)
2 The Way You Love Me (K.L.Dunham/R.Kellaway)
3 Night Mist Blues (A.Jamal)
4 Goodbye Medley:
Every Time We Say Goodbye (C.Poter)
Goodbye (G.Jenkins)
5 Is That...? This Love (E.Reed/J.Luckett)
6 Don't Look Back (K.L.Dunham/J.Mandel)
7 Love Me Or Leave Me (W.Donaldson/G.Kahn)
8 Don't Misunderstand (G.Parks)
9 Key Largo (B.Carter/K.Suessdorf/L.Worth)
10 Soul Eyes (M.Waldron)
11 Mary's Blues (E.Reed)
12 People Time (Forever Mine) (B.Carter/D.Pearl)

マリー・ストーリングスは初見です。
購入のキッカケはエリック・リード(p)の名前が見えたからです。
エリック・リードはウィントン・マルサリス(tp)派のピアニストで才人の一人です。
そのエリックがどんなヴォーカルのバッキングをするのか?
またエリックがバックを務めるマリー・ストーリングスとはどんな歌手なのか?
・・・興味ありました。

全12曲はエリックのオリジナルが2曲とその他10曲の構成です。
曲目を見て見るとベニー・カーター(as)、ロジャー・ケラウェイ(p)、アーマッド・ジャマル(p)、コール・ポーター、ジョニー・マンデル、マル・ウォルドロン(p)など凝った選曲になっています。
マリー・ストーリングスはオーソドックスなジャズ・ヴォーカリストです。
伸びやかで艶のある歌声の持ち主でソウルフルでディープ&ダークな味わいもあります。
歌はもちろん上手くてバラードが聴きどころ・・・エリックとのコンビネーションも抜群でした。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

PATTI AUSTIN / AVANT GERSHWIN [Jazz Vocal]

* PATTI AUSTIN / AVANT GERSHWIN

image663.jpg

patti austin(vo),
WDR big band
2007/Rendezvous/

1 Overture / Gershwin Medley
2 I'll Build A Stairway To Paradise
3 Who Cares
4 Funny Face
5 Love Walked In / Love Is Sweeping The Country
6 Swanee
7 Porgy And Bess Medley
8 Lady Be Good

パティ・オースティン(vo)を買ったのも久し振りです。
40年以上空いてしまった。
パティのデビュー作「End Of A Rainbow」(1976)は本当に素晴らしかったです。
ここで歌われた「Say You Love Me」は最高で多くの歌手にカバーされています。
最初があまりに良かったので次がつらくなった典型的なパターンになりました。

パティ・オースティンがジャズ・スタンダードに先祖帰りをしているのは知っていました。
今作はガーシュイン・ナンバーを歌った作品です。
ドイツのケルンでビック・バンドをバックに抜群のパフォーマンスを聴かせてくれました。
圧倒的な声量が会場を響きわたり聴衆も大興奮です。
これだけ声が出るジャズ・ヴォーカリストはそうはいませんよ。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

RUMER / THIS GIRL'S IN LOVE [Jazz Vocal]

* RUMER / THIS GIRL'S IN LOVE
a Bacharach & David Song book

image1291.jpg

rumer(vo),
rob shirakbari(p,b), jay bellerose(ds,per), grecco buratto(g),
julie wolf(accor), dean parks(g), tollak olstead(hca), etc
2016/East West/

1 The Look Of Love
2 Balance Of Nature
3 One less Bell To Answer
4 Are You There (With Another Girl)
5 (They Long To Be) Close To You
6 You'll Never Get To Heaven (If You Break My Heart)
7 Land Of Make Believe
8 A House Is Not A Home
9 Walk On By
10 The Last One To Be Loved
11 This Girl's In Love With You
12 What The World Needs Now Is Love

ルーマー(vo)は初見です。
パキスタン・イスラマバード出身のイギリスのシンガーソングライターだそうです。
購入のきっかけはバート・バカラック&ハル・デヴィッド作品集だからに決まっています。
ジャズ・ヴォーカルの世界でもバカラックの歌はスタンダード化していてカバーしている歌手も多いですね。
ただバカラック作品集となるとそうは多くないような気がする。
1枚で色々聴けたらいいなと思いました。

全12曲は馴染みのある曲、馴染みのない曲があったけどバカラックの世界が詰まっていました。
ルーマーの歌声はとてもやわらかくてやさしくて美しいです。
バックもギター・ハーモニカ、ストリングスなどアコースティックな味わいで郷愁を誘うというか心に沁みます。
ある意味カーペンターズを彷彿とさせるけどそれはしょうがないですね。
ジャズ度は低いけど究極の癒し系でお勧めします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 

FRED BUCCINI / UNUSUAL NAT [Jazz Vocal]

* FRED BUCCINI / UNUSUAL NAT

image661.jpg

fabrizio fred buccini(vo),
nerio poggi(arr,key), ely bruna(vo),
fabrizio foggia(p)(6,7,10,12), alfredo bochicchio(g)(2,3,5,7,9,11),
pierpaolo ranieri(b)(1,5,6,7,9), alessandro pizzonia(ds)(2,4,7),
federico buccini(per), fabio tullio(ts), massimo guerra(tp), etc
2011/IRMA/

1 I Love You For Sentimental Reasons
2 Unforgettable
3 Marnie
4 Almost Like Being In Love
5 Atraighten Up And Fly Right
6 Let There Be Love
7 You Stepped Out Of A Dream
8 L-O-V-E
9 Smile
10 Don't Get Around Much Anymore
11 Why I Love
12 Answer Me, My Love

先日フラリと入ったスーパーで流れていました。
最近は色んな場所でジャズが聴けるので嬉しいです。
男性ヴォーカルは珍しいので気になりました。
流れていた曲は「I Love You Sentimental Reasons」でした。
早速、スマホの曲目検索アプリで検索すると上記のアルバム名が出てきました。
ホントに便利なアプリがあるもんですね。
フレッド・ブッチーニは初見、イタリアのヴォーカリストでした。
ジャケットは見たことがあるので発売時にチェックしてそのままになったアルバムだと思います。

全12曲はスタンダードで「ナット・キング・コールに捧げる」形になっています。
ナット・コールは多くの男性ヴォーカリストのお手本、古典になっていますね。
フランク・シナトラ同様にほとんどのスタンダードが網羅されているのお手本にするにはピッタリです。
たしかにブッチーニはナット・コールに似ています。
歌声はシブく深く、しっとりと落ち着いた大人の雰囲気で中々良いです。
男性ヴォーカルはあまり聴く機会がないけれど久々にジャズ・ヴォーカルの王道を聴いた感じがします。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - Jazz Vocal ブログトップ