So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Jazz Vocal ブログトップ
前の10件 | -

SUMIKO YOSEYAMA & MAL WALDRON / DUO [Jazz Vocal]

* SUMIKO YOSEYAMA & MAL WALDRON / DUO

image600.jpg

与世山澄子(vo) / Mal Waldron(p)
1985/Toshiba EMI/

1 Enbraceable You.
2 What A Little Moonlight Can Do
3 I Didn't Know What Time It Was
4 Body And Soul
5 Good Morning Heartache
6 I Remember Clifford
7 Nice Work If You Can Get It
8 You'de Be So Nice To Come Home to
9 Teach Me Tonight
10 Come In From The Rain
11 Summertime

先日行ったCDショップで見つけました。
沖縄のジャズ・ヴォーカリストの与世山澄子さんです。
根っこはビリー・ホリディだけど沖縄の深い香りがあって情念のヴォーカリストです。
表現力が素晴らしくて、ぐ~っとその世界に引き込まれてしまいます。
マル・ウォルドロン(p)とは2枚あるのかな、その中の一枚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」
(中間系)

ちなみに↓の作品は2009年の「私のベスト3」に上げた一枚です。
衝撃的なアルバムでガツンときてしまった。

* SUMIKO YOSEYAMA / INTERLUDE (2005/Tuff Beats)

nice!(1)  コメント(0) 

EVA FERNANDEZ QUINTET / THAT DARKNESS [Jazz Vocal]

* EVA FERNANDEZ QUINTET / THAT DARKNESS

image1255.jpg

eva fernandez(vo,as), david pastor(tp),
josep lluis guart(p), miquel angel cordero(b), toni pages(ds)
2015/Taller De Musics/

1 My Favorite Things (R.Rogers/Oscar Hammerstein)
2 Love Is A Losing Game (A.Winehouse)
3 Dream A Little Dream (F.Andre/W.Schwandt/G.Kahn)
4 Never Will I Marry (F.Loesser)
5 That Darkness (E.Fernandez)
6 Diz Que Eu Fui Por Ai (Z.Keti/H.Rocha)
7 El Dia Que Me Quieras (C.Cardel/A.L.Pera)
8 Nadir (D.Pastor)

エヴァ・フェルナンデス(vo,as)は初見、スペイン期待の若手ジャズ・ミュージシャンだそうです。
初めて耳にした時に「どこかで聴いたことがあったような気がする」と思いました。
2曲目にエイミー・ワインハウス(vo)の曲が入っていました。
・・・そうだワインハウスだった。
ワインハウスは若くして非業の死を遂げたイギリスの女性ヴォーカリスト。
破滅型の人生だったけれど若い女性ミュージシャンに与えた影響は大きかった。
サウンド的にエヴァの持つ雰囲気はワインハウスにそっくりです。

エヴァの初リーダー・アルバム
全8曲はメンバーのオリジナルが2曲とその他6曲の構成です。
メンバーで知られているのはデヴィッド・パストール(tp)ですね。
前述したけど歌い方はエイミー・ワインハウスによく似ています。
エヴァのオリジナリティが出てくるのはもう少し先になるかな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

JAMIE CULLUM / CATCHING TALE [Jazz Vocal]

* JAMIE CULLUM / CATCHING TALE

image587.jpg

jamie cullum(vo,p,g),etc
2005/Universal/

1 Get Your Way.
2 London Skies
3 Photograph
4 I Only Have Eyes For You
5 Nothing I Do
6 Mind Trick
7 21st Century Kid
8 I'm Glad There Is You
9 Oh God
10 Catch The Sun
11 7 Days To Change Your Life
12 Our Day Will Come
13 Back To The Gound
14 My Yard
15 Mind Trick
16 Get Your Way
17 I'd Probably Do It Again
18 Trippin' Up

ジェイミー・カラム
イギリス出身の人気ヴォーカリストの2枚目のアルバムです。
オリジナルとジャズ・スタンダードが程よくミックスされた構成です。
日本盤には(15)~(18)までのボーナス・トラックが加わっています。
スタンダードの(4)「I Only Have Eyes For You」や(8)「I'm Glad There Is You」が新しい感覚で蘇ってきました。
野太い歌声と現代的なリズムは刺激的かつ魅力的で才能に溢れています。

(帯中よりの転載)
ジャンルも時代も超越する天性の直感が捕らえた、音楽の興奮と可能性。
映画「ブリジット・ジョーンズの日記、きれそうなわたしの12ヶ月」の主題歌「エヴァーラスティング・ラヴ」の大ヒットも記憶に新しい、イギリスが生んだ大型ヴォーカリスト/ピアニスト。
ヒップホップ・ビート、ポップなメロディ、ジャズ・ピアノが自在に飛び交う、柔軟な音楽性が発揮されたエキサイティングでクリエイティヴな名作。
グラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカルにノミネートされるほどジャズ界をうならせたクールネス、ニルヴァーナやサウンドガーデンを聴いて育った世代のオルタナティヴなエッジ、そしてグラストンベリー・フェスのオーディエンスを一つにするほどのロックなエナジー。
これらを全て持った音楽を作り、表現できるのがジェイミー・カラムなのだ。
クールネスとオーガニック・フィールが交錯する、モダンなスタンダード。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

HALIE LOREN / SIMPLY LOVE [Jazz Vocal]

* HALIE LOREN / SIMPLY LOVE

image585.jpg

halie loren(vo)
matt treder(p,rhodes,arr) , mark schneider(b) , brian west(ds,per),
william seiji marsh(g) (1, 2, 4, 5, 10) , daniel gallo(g) (13) ,
sergei teleshev(accordion), craig chee(ukulele), ali losik heyer(ukulele),
dale bradley(cello) (2, 7, 8) , dave burham(violin) (2, 7, 8),
lisa mcwhorter(violin) (2, 8), clark spencer(viola) (2, 8)
2013/Justin Time/

1 For Sentimental Reasons.
2 Cuando Bailamos
3 L-O-V-E
4 On The Sunny Side Of The Street
5 I Feel The Earth Move
6 My Funny Valentine
7 I've Got To See You Again
8 Le Premier Bonheur Du Jour
9 Moon River
10 Bare Feet
11 Happy Together
12 Dream A Little Dream Of Me
13 Simply Love

これまた人気の女性ヴォーカリストのハリー・ロレンの作品です。
多くを語ることはありません。
耳元でささやくような歌声に痺れてしまった。
(2)「Cuando Bailamos」が気に入って何度も聴いてしまいました。
私にとって現在最高の癒し系ヴォーカル盤になっています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

NICKI PARROTT & KEN PEPLOWSKI / LIKE A LOVER [Jazz Vocal]

* NICKI PARROTT & KEN PEPLOWSKI / LIKE A LOVER

image584.jpg

nicki parrott(vo,b), ken peplowski(ts,cl)
2011/Venus/

1 Blue Moon
2 Everything I Love
3 Hey There
4 Sway/Whatever Lola Wants
5 I've Grown Accustomed To His Face
6 Sleepin'Bee
7 In The Wee Small Hours Of The Morning
8 When I Grow Too Old To Dream
9 Like A Lover
10 Mad About The Boy
11 Here, There, And Everywhere
12 What'll~I Do ?
13 How Could You Do A Thing Like That To Me
14 For No One

ニッキ・パロットもまた日本で人気のある女性ジャズ・ヴォーカリストですね。
女性のベーシストは珍しいけれどさらに歌手というのはこのニッキ・パロットしか知りません。
声質はセクシーながらクセがなく、ストレートでオーソドックスな歌い方が魅力です。
本人がベーシストだということが大きく影響していると思います。

全14曲はスタンダード中心だけど(11)、(14)のレノン&マッカートニーの作品が新味です。
基本的にベース1本で作りたかったヴォーカル盤だと思います。
でもいくら何でもそれでは重いかとケン・ぺプロウスキーのサックスとクラリネットが加わった感じがしました。
パロットとペプロウスキーのデュオ・アルバムとして聴いても面白いのでその狙いは成功です。
つまりベース&ヴォーカル/ベース&サックス、クラリネット/サックス、クラリネット&ヴォーカルの3つが楽しめます。
パロットとしてもヴォーカル異色盤になりました。

私はヴォーカルと楽器1本という組み合わせがけっこう好きです。
ヴォーカル&ピアノ、ヴォーカル&ギターは定番だけど、デュオだとヴォーカリストの力量がそのまま伝わってくるから。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

ALINA ENGIBARYAN / DRIVING DOWN THE ROAD [Jazz Vocal]

* ALINA ENGIBARYAN / DRIVING DOWN THE ROAD

image1252.jpg

alina engibaryan(vo),
alex sipiagin(tp), seamus blake(ts), sergej avanesov(ss)(6,10),
misha tsiganov(p), boris kozlov(b), donald edwards(ds),
jd walter(vo)(2)
2016/N.C Music/

1 Driving Down The Road (M.Tsiganov/A.Engibaryan)
2 Love Song (A.Engibaryan/J.Walter)
3 Make Sure You're Sure (S.Wonder)
4 Hope And Despair (M.Tsiganov/A.Engibaryan)
5 Creepin' (S.Wonder)
6 Snova (P.Metheny/A.Engibaryan)
7 Sound Advice (J.Bergonzi/A.Engibaryan)
8 Another Rainy Day (M.Tsiganov/A.Engibaryan)
9 All Or Nothing At All (A.Altman/J.Lawrence)

「Alina Engibaryan(vo)」は初見、「アリーナ・エンギバーヤン」と読めばいいのかな。
ロシア出身の若手ジャズ・ヴォーカリストです。
ジャズ友でヴォーカル通のTさんが「ジャズ度が高いヴォーカル盤」として紹介してくれました。

いいですね、この人は・・・久々にガツンときた女性ジャズ・ヴォーカリストです。
声質はちょっとかすれたハスキー・ボイスだけど生々しさを感じさせないのが特徴かな。
アレックス・シピアギン(tp)をはじめロシア出身の強力プレイヤーが脇を固めています。
加えて注目のシーマス・ブレイク(ts)やドナルド・エドワーズ(ds)まで参加しています。

全9曲は自身のオリジナル1曲とその他8曲の構成ですが5曲は自身が作詞しています。
エンギバーヤンはシンガー・ソングライターの一面も持っているようですね。
それはスティービー・ワンダーが2曲含まれていることに繋がっているかも。
パット・メセニー(g)はともかくジェリー・バーゴンジ(ts)の曲は珍しいと思います。
ただ1曲のスタンダードの(9)「All Or Nothing At All」のバックにはキーボードが起用されました。
1曲目の「Driving Down The Road」のドライブ感とノリにグイと引き込まれることは確実です。
2曲目の自作曲「Love Song」は男性ヴォーカリストとのデュオです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

DIANA KRALL / ONLY TRUST YOUR HEART [Jazz Vocal]

* DIANA KRALL / ONLY TRUST YOUR HEART

image582.jpg

diana krall(p,vo)
ray brown(b) (1, 3, 7, 9), christian mcbride(b) (2, 4, 5, 6, 8)
lewis nash - drums
stanley turrentine(ts) ( 1, 3, 9)
1995/GRP/

1 Is You Is or Is You Ain't My Baby.
2 Only Trust Your Heart
3 I Love Being Here with You
4 Broadway
5 The Folks Who Live on the Hill
6 I've Got the World on a String
7 Just Squeeze Me (But Please Don't Tease Me)
8 All Night Long
9 CRS-Craft

なぜ今ダイアナ・クラール(vo,p)が出て来たのか?
「今週の愛聴盤」で紹介した「Alina Engibaryan」(アリーナ・エンギバーヤン)の影響です。
「ジャズ度が高い若手女性ヴォーカル盤」といえばこのダイアナ・クラールのデビュー盤もそうでした。
ダイアナとアリーナ、持ち味は違うけれどデビュー時の雰囲気が似ていると思いました。

今作はレイ・ブラウンとクリスチャン・マクブライドの新旧の大物ベーシストの競演というおまけ付きです。
さらに名ドラマーのルイス・ナッシュとさらにさらにスタンリー・タレンティン(ts)のバッキングが聴けます。
今作をクラールのベスト盤に挙げる人も多いかもしれませんね。
表題曲の(2)「Only Trust Your Heart」はマルチ奏者で作曲家、コンポーザーとして名を成したベニー・カーターの作品。
この曲のベスト・プレイと思えるヴォーカルと演奏が聴けました。
スロー・バラードで歌われる(7)「Just Squeeze Me」や(8)「All Night Long」も聴きどころです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(1)  コメント(0) 

ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME [Jazz Vocal]

* ELIANE ELIAS / DANCE OF TIME

image1250.jpg

Eliane Elias(p,vo),
Amilton Godoy(p), Marcus Teixeira(acg), Conrado Goys(elg),
Toquinho(g,vo), Marcelo Mariano(elb),Celso De Almeida(ds),
Edu Ribeiro(ds), Gustavo Di Dalva(per), Marivaldo Dos Santos(per),
Joao Bosco(vo,g), Mike Mainieri(vib), Randy Brecker(flh)
Mark Kibble (backb),etc
2017/Concord/

1 O Pato (Jayme Silva/Neuza Teixeira)
2 You Are Getting Tio Me A Habit With Me (Harry Warren)
3 Copacabana (Joao de Barro/Al Dubin)
4 Coisa Feita (Joao Bosco)
5 By Hand (Eliane Elias)
6 Sambou Sambou (Joao Donato)
7 Little Paradise (Eliane Elias)
8 Speak Low (Kurt Weill)
9 Samba De Orly (Toquinho)
10 Na Batucada da (Ary Barroso/Luiz Peixoto)
11 An Up Dawn (Eliane Elias)
12 Not To Cry (Toquinho/Eliane Elias)

遅ればせながらイリアーヌ・イリアス(vo,p)の新作を入手しました。
イリアーヌの声質は好みです。
イリアーヌはこのところ好アルバムを連発していて絶好調だと思います。
前作の「メイド・イン・ブラジル」はグラミー賞を獲得しました。
女性の50代もまたジャズ・プレイヤーとして旬を迎えている気がします。
今作もブラジルの名人達との共演でその持ち味を十分に発揮しています。
さすがにブラジル出身だけにリズムのノリは抜群でイリアーヌ独特のものです。

全12曲は自身のオリジナル4曲とその他8曲の構成です。
ベストには男性ヴォーカルとのデュオを2曲上げたいと思います。
ジョアン・ボスコの(4)「Coisa Feita」とトッキーニョの(9)「SambaDe Orly」です。
ボスコとトッキーニョのブラジリアン・リズムに心底参った・・・何とも味わい深いヴォーカルは格別です。
ただ1曲のスタンダードの「Speak Low」は異色だけどこの曲のボサノバは珍しいかも。
ランディ・ブレッカーのフリューゲル・ホーンが効果的です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

ELIANE ELIAS / AROUND THE CITY [Jazz Vocal]

*ELIANE ELIAS / AROUND THE CITY

image488.jpg

eliane elias(vo,p), marc johnson(b), oscar castro neves(g),
adam rodgers(g), vicente amigo(g), andres levin(g),
randy brecker(tp)(2,4,7), dave valentin(fl)(2), paulo braga(ds),
gene lake(ds), paulinho da costa(per),gilmar gomes(per), etc
2006/BMG/

1 Running
2 Oye Como Va
3 Around The City
4 Jammin'
5 Segredos
6 We're So Good
7 Tropicalia
8 Slide Show
9 A Vizinha Do Lado
10 Sava Your Love For Me
11 Chiclete Com Banana
12 Another Day
13 Segredos
*14 The Song Is You

イリアーヌ・イリアス(vo,p)の2006年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

イリアーヌの声は好みです。
聴くたびにそう思います。
落ち着くし癒されます。
これは理屈じゃありません。

エレクトリックでクールなサウンドからボサノヴァのリズムでゆったりと心和ませる歌声までまで、様々な色合いを見せる会心作。
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)

ROBERTA GAMBARINI / EASY TO LOVE [Jazz Vocal]

*ROBERTA GAMBARINI / EASY TO LOVE

image486.jpg

Roberta Gambarini(vo),
Tamir Hendelman(p)(except2), Gerald Clayton(p)(2),
Chuck Berghofer(b)(1,4,6,7,9,10,13,14), John Clayton(b)(2,3,5,8,11),
Willie Jones III(ds)(1,2,3,5,8,11,14) , Joe La Barbera(ds)(4,6,7,9,10,13)
James Moody(ts,vo)(3,8)
2005 /55 Records/

1 Easy To Love
2 Only Trust Your Heart
3 Lover Man
4 On The Sunny Side Of The Street
5 Porgy, It's Your Woman Now / I Loves You Porgy
6 Lover Come Back To Me
7 The Two Lonely People
8 Centerpiece
9 Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
10 No More Blues
11 Smoke Gets In Your Eyes / All The Things You Are
*12 Multi-Colored Blue
*13 Monk's Prayer / Looking Back

ロバータ・ガンバリーニ(vo)の2005年作品も紹介から漏れていました。
実は後から買い増したCDの1枚でこういう作品もかなりの数があります。
追々紹介していく機会もあるかもしれません。

エラ、サラ、カーメンの再来!!
2005年にデビュー作(本作)が発売されるや否や一大センセーションを巻き起こしました。
イタリア出身の彼女は本格的かつ大型のジャズ・ヴォーカリストです。
久々に聴いているけどやはり素晴らしいです。
ただ今は入手困難のようですね。
なお(12)、(13)はボーナス・トラックです。

エラ、サラ、カーメンの」再来!!
ついに現れた究極のジャズ・シンガー、待望のデビュー・アルバム
(帯中よりの抜粋)

「Swing Journal : ゴールド・ディスク」

(中間系)

前の10件 | - Jazz Vocal ブログトップ